【実機レビュー】Angry Miao CYBERBOARD R3 | HHKBの6倍?!指が吸い込まれるようなタイピングが病みつきになるキーボード

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事はAngry Miao CYBERBOARD R3のレビュー記事です。アメリカの天才映画監督とも呼ばれる「ウェス・アンダーソン」の作品にインスパイアを受けて設計された製品で、3.2kgという重厚感あるボディに個性ある色彩で自分だけのキーボードにカスタマイズできます。

今回「Angry Miao CYBERBOARD R3」というキーボードをサンプルでレンタルさせていただきました。最初に言っておきます。

たいしょん

こんなキーボード見たことがない。

クラウドファンディングのMakuakeで先行発売されるこのキーボードは、過去に中国で1,000台限定で販売したキーボードがわずか15分で完売するほどの人気を誇る今注目の製品です。

この記事はKoki(Shenzhen)E-Business Co., Ltd.様よりサンプル品をレンタルしてレビューしております。

タップできる目次

Angry Miao CYBERBOARD R3の仕様とスペック

Angry Miao CYBERBOARDR3

カラーバリエーション

一般情報

型番CYBERBOARDR3
ケース材質アルミ合金CNC削り出し
重さ(完成版キット)3.2kg
カラークラウド・ホワイト
ブタペスト・ピンク
アクアティック・グリーン
接続方式無線 Bluetooth 5.0/有線 Type-C
出典:https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/

バッテリー情報

バッテリータイプリチウムイオン
バッテリー容量5,000mAh x 2
充電方法TypeC充電/ワイヤレス充電
出典:https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/

ハードウェア情報

LED数量200個
PCBホットスワップ
マウント方式ガスケットマウント
生産国中国
出典:https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/
たいしょん

今回は「ブタペスト・ピンク」をレビューします。メリットやデメリットは下記のようにまとめました。

メリット
デメリット
  • 金赤軸の指が吸い込まれるような打鍵感は病みつきになる。
  • ソリッドながら柔らかい配色でギャップ萌えがある。
  • Bluetooth5.0の無線接続で体感するほど遅延がない。
  • アルミケースの質感がすごい。
  • 無線充電対応。
  • 持っている人が少ないので、差別化できる。
  • 重量が3kgと重く、スクリーンが付いている分大きいため持ち運びに向かない。
  • Macユーザーはライト効果の設定をいじれない。
  • 価格が10万円と高い。

パッケージと内容物

まずは、パッケージと内容物をご紹介します。

Angry Miao CYBERBOARDR3
▲アルミ製のキャリーケース
たいしょん

アルミ製のキャリーケース、高級感がすごい!

びっくりしました。今までここまで豪華なケースに入ったキーボードを見たことがありません。パーツも贅沢に金属があしらわれ、高級感があります。

中は吸音材のようなゴツゴツした緩衝材がついています。

内容物はこちらです。

Angry Miao CYBERBOARDR3
付属品
  1. キーボードケース
  2. 021Cキーキャップ
  3. キャリーケース
  4. ユーザーマニュアル
  5. L型レンチ
  6. Angry Miaoオリジナルステッカー
  7. アルミニウムプレート(内蔵)
  8. PCB(ホットスワップ型、内蔵)
  9. 金赤軸81個(内蔵)
  10. スタビライザー

重量は弩級の3.2kg、とにかく重いです。ちなみにHHKBは530kg、RealForce SAで1400gなのでいかに重いかが分かります。

Angry Miao CYBERBOARDR3

ブタペストピンクをお借りしましたが、グランド・ブダペスト・ホテルをイメージした配色でレトロ感かつやさしいカジュアルさがあります。

優しさの中に、筐体のソリッドさがあるのでそのギャップがそそられますね。

底面は四つ角にクッションがあり、真ん中に無線充電用のコイルがあります。あえてコイルが見えるようにしている点、センスを感じますね。

Angry Miao CYBERBOARDR3
▲中心にコイルが見える
Angry Miao CYBERBOARDR3

上部にUSB Type-CポートとBluetooth受信部分があります。

Angry Miao CYBERBOARDR3

キーキャップもデザインの少し異なる予備がついています。

Angry Miao CYBERBOARDR3

説明書は日本語に対応しています。

使用感レビュー

ここからは実際に使用しつつ、レビューしていきます。

バックライトイルミネーション

Angry Miao CYBERBOARD R3最大の特徴は、イルミネーションのカスタマイズができることです。

例えばデフォルトでは、下記のように様々な色に切り替わって暗い場所でも視認しやすくなっています。

Angry Miao CYBERBOARDR3

上部のLCDパネルも様々なアニメーションを表示できるのですが、Macではカスタマイズ不能ということでWindowsユーザーの方のみ恩恵を受けられます。

▲出典:https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/

縦5×横40=計200個ものLEDを搭載しており、RGBハードウェアや256色のDC調光、リフレッシュレートを200fpsまでアップグレード、なめらかなアニメーションをお楽しみいただけます。

たいしょん

下記サイトでプロファイルを設定することで、Windowsユーザーの方のみ上記のようなカスタマイズが可能です!

接続方法

接続方法は、下記の2通りがあります。

  • USB Type-Cで有線接続
  • Bluetooth接続
たいしょん

Bluetooth接続はわずかに遅延があるため、例えばゲームをする際に向いてますね。

有線接続の方法

有線接続は「USB Type-C」のケーブルを別途用意して端末に接続します。

USB Type-Cケーブルも付属していると良かったですね。

Angry Miao CYBERBOARDR3

Bluetoothペアリング方法

STEP
Fn + Escキーでスリープから復帰させる

まず、Fn + Escキーを3秒長押ししてスリープから復帰させます。

Angry Miao CYBERBOARDR3
▲EscキーとFnキーの位置
STEP
端末側でペアリングをする

次に、端末側で「CyberBoard_Ⅱ」を探してペアリングします(Ⅲじゃないんですね)。

Angry Miao CYBERBOARDR3

無線で使ってみましたが、遅延は体感するほど感じず快適にタイピングできました。

Bluetooth5.0に対応したことで、チャタリングや遅延を大幅に軽減しています。

Angry Miao CYBERBOARDR3
チャタリングとは?

チャタリングとは、スイッチがオン状態にもかかわらず、外部振動などの影響により一時的に接点が開離し、オン/オフを繰り返し出力することをいいます。

出典:オムロン公式サイト

たいしょん

最大3台までペアリング可能ですので、複数台に登録してその都度切り替えることも可能です!

キースイッチ

CYBERBOARDR3は、金赤軸という従来の赤軸よりもリズミカルで柔らかいキースイッチを採用しています。

出典:https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/

トリガーストロークは赤軸より0.2mm早く、総ストロークは3.8mm。一般的な赤軸と比べ、よりリズミカルで柔らかい打鍵感が味わえます。

https://www.makuake.com/project/angrymiao_r3/
たいしょん

そういえば「青軸」や「赤軸」って何が違うんでしょうね?

赤軸とは?

キーボードには、主に3種類のスイッチの種類があります。

  • 青軸
  • 赤軸
  • 茶軸
青軸3つの軸の中でも、クリック感が大きく感じられる種類。押下圧も高く、キーのクリックも重いです。
さらに、独特のキーボードをクリックするときのカタカタ音があります。カタカタ音によるリズム感があるのが特徴。
入力している感じが欲しいプロゲーマーなどの間でよく使われています。
赤軸3つの軸の中で、1番キーが軽いタイプです。
ソフトタッチで入力できることから、クリック感はさほどありませんし、タイピング中のカタカタ音も抑えめです。
さらに手が疲れにくいというのもポイント。長時間入力を行うプログラマーの他、静かに入力をしたい人に好まれます。
茶軸青軸と赤軸のちょうど中間をいくタイプです。
適度なクリック感とキーの重みがあります。
メカニカルキーボードのスタンダードで、初心者にも好まれるタイプです。
たいしょん

赤軸は僕のようなプログラマーやブロガーにピッタリです。

参考:ドスパラ公式サイト

タイピング

タイピングは、キーボード自体が傾斜しているので自然な手首の角度でタイピングできました。

Angry Miao CYBERBOARDR3
▲ちょうどよい傾斜

また、金赤軸独特の綿のような柔らかいタッチと、「コツコツ」という共振のない乾いた打鍵音が病みつきになります。まさにタイピングするたびにキーボードに指が吸い込まれる感覚です。

Angry Miao CYBERBOARDR3
たいしょん

実際にタイピング時の打鍵音を記録しましたので、ぜひご覧ください。

あと3時間ぐらいはこのままタイピングしていたいぐらい気持ちがいいです。

バッテリー充電方法

Angry Miao CYBERBOARD R3は、2通りの充電方法があります。

  • USB充電
  • 無線充電

有線充電

有線充電は、上部のUSBポートにケーブルを挿して充電します。

Angry Miao CYBERBOARDR3

常にPCと有線接続している場合は給電されるのであまり気にしなくても良さそうです。

Angry Miao CYBERBOARDR3

無線充電

実はAngry Miao CYBERBOARD R3は無線充電に対応しています。3.2kgかつ底の空間も狭いので使う頻度は少ないかもしれませんが、いざという時に役立ちそうですね。

Angry Miao CYBERBOARDR3

Angry Miao CYBERBOARD R3の気になるところ

Angry Miao CYBERBOARD R3を使っていて満足感のほうが高いですが、気になったところもまとめます。

ネジ穴が潰れていて開けられなかった

キーボードトップの交換のために底のパネルを開ける必要があるのですが、僕の場合サンプル品だからか1箇所ネジ穴が潰れていて開けられませんでした。

Angry Miao CYBERBOARDR3
たいしょん

8箇所中7箇所ネジを外したのに、悲しい、、、

Angry Miao CYBERBOARDR3
▲1箇所だけネジ穴が外れてパネルを外せなかった

ただしAngry Miao CYBERBOARD R3は1年間の保証がありますので、ネジ穴が潰れている場合でも対象になります。

初期不良も本来少ないはずですので、僕のように運悪く初期不良にあたった場合は活用しましょう。

Macユーザーは恩恵を受けづらい

僕はM1 MacBook Airで使ってみましたが、もちろん金赤軸の打鍵感の良さなど基本性能は満足しています。

しかしAngry Miao CYBERBOARD R3は、キーバックライトやLCDディスプレイのカスタマイズが醍醐味です。Macではカスタマイズできないので、そこが残念に感じました。

たいしょん

Macユーザーはこのカスタマイズの恩恵を受けづらいので、おすすめしにくいと感じました。

まとめ

Angry Miao CYBERBOARD R3は、一言で表すとこうです。

弩級のギャップ萌え病みつきキーボード

Angry Miao CYBERBOARDR3

3.2kgというキーボードでは考えられない重量に、ブタペスト・ピンクの可愛らしい柔らかな配色。いざ使用すればサイバーパンクなネオン調のLEDバックライトが光り、とにかくただ者ではない雰囲気のあるキーボードでした。

キーボードは金赤軸で指が吸い込まれるような、病みつきになる打鍵感がたまりません。

たいしょん

持ち運びは大変そうですが、アルミケースに入れてクールに持ち運びできるので他人とは違う個性を演出したい方に特におすすめです!

Angry Miao CYBERBOARD R3のメリット

  • 金赤軸の指が吸い込まれるような打鍵感は病みつきになる。
  • ソリッドながら柔らかい配色でギャップ萌えがある。
  • Bluetooth5.0の無線接続で体感するほど遅延がない。
  • アルミケースの質感がすごい。
  • 無線充電対応。
  • 持っている人が少ないので、差別化できる。

Angry Miao CYBERBOARD R3のデメリット

  • 重量が3kgと重く、スクリーンが付いている分大きいため持ち運びに向かない。
  • Macユーザーはライト効果の設定をいじれない。
  • 価格が10万円と高い。

Angry Miao CYBERBOARD R3はこんな方におすすめ!

  • 他人が持っていないものに惹かれる。
  • キーボードに10万円の予算をかけられる。
  • Windowsユーザー。
  • 指が吸い込まれるような最高の打鍵感を味わいたい人。
  • プログラマーやブロガーなどタイピング頻度が多い方。
たいしょん

現在Makuakeで販売中ですので、ぜひご確認ください!

レビュー概要
レビュー日
レビュー対象製品
Angry Miao CYBERBOARD R3
評価
51star1star1star1star1star
型番
Angry Miao CYBERBOARD R3
価格
JPY 110000
製品の在庫状況
Pre-Order Only

Amazonでのお買い物は現金チャージがお得!

Amazonギフト券チャージ

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

たいしょん

僕も利用してAmazonでお得に買い物をしています!

昨年は合計で約6,700円分得しました。

\ 見るだけなら無料! /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる