記事をシェアする

baserCMS4ベータテスト版を使ってみた雑感

記事をシェアする

「コーポレートサイトにちょうどいい」baserCMSの最新版、baserCMS4ベータテスト版を触ってみましたのでちょっとご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

baserCMSとは?

baserCMSに馴染みのない方も多いと思いますので、簡単に説明したいと思います。

baserCMS4ベータテスト版

たいしょんクラブはbaserCMSでできている

このサイトはbaserCMSで作られています。きっかけは技能五輪対策で先生が「baserCMS使え!!!!」と勧めてくれたのがきっかけです。WordPressと同じように、サイトを管理できるシステム(CMS)という点では共通です。記事作成でいちいちHTMLでページをコーディングするのは効率が悪いので、CMSならはてなブログやライブドアブログのように手軽にページを生成できます。

baserCMSはCakePHPでできている

そんなbaserCMSはCakePHPといわれるフレームワークを使って作られています。なぜフレームワークをいちいち使うのかというと、PHPで一からシステムを組むと時間がかかりますし、セキュリティ対策を怠ってしまいがちだからです。フレームワークを使うと、セキュリティ対策もできて制作効率も上がるというメリットを享受できます。こちらの記事に紹介されていますが、多くのユーザのいる OSS のフレームワークには、脆弱性に対する知見が集まりやすいため、フレームワーク自体に対策が施される場合があるということだそうです。

baserCMSは国産CMS!!

全世界で人気のWordPressは海外製ですが、baserCMSは福岡産、つまり国産です。WordPressほどドキュメントはないですが、誰にも教えられなくとも公式ドキュメントをみながらテーマ作成からカスタマイズまでできるようになりました。また、コミュニティもあり(東海地方はa-blog-cmsが強いのでないですね。。。)facebookコミュニティで質問投稿するなどしてわからないところを聞けたりできます。

従来のbaserCMSと変わった点

UIがまるっきり変わったというわけでもないですが、いくつかの機能が使いやすくなっていますのでご紹介します。

コンテンツ一覧が見やすくなった

コンテンツ一覧の画面

今まで「固定ページ管理」だった部分が「コンテンツ一覧」に置き換えられました。それだけかなと思ったら、「・・・」を押すとメニューが出てきます。

baserCMS4ベータテスト版ではこのページだけでブログページも作れる

これはっ!!!今までbasercCMSで新しいページを作る際個別ページとブログページで設定を分けて作らないといけなかったんですけど、これなら一つの場所でメールフォームもブログも個別ページも一気に作れます。地味に便利かもしれません。

サブサイト管理が強化

スマホ、モバイルサイト管理も強化

新たに追加された「サブサイト管理機能」があります。デフォルトではモバイルサイトとスマホサイトが入ってますね。例えば今のサイトで別のレイアウトのサイトを作りたい場合ここで設定して、モバイルサイトの場合「http://basercms.com/m」とかでアクセスできるようになります。そういえばレスポンシブウェブデザインで今まで作ってきたので気にしていませんでしたが、モバイルサイト管理の機能今までそんなに充実していなかった気がします。要望が多かったのかもしれませんが、このバージョンでいよいよモバイルサイト管理機能も充実させるんですね。

雑感

β版を試してみた感じでは、細かなUIの変更があったりして以前よりも直感的に操作しやすくなっています。データベースへの接続などの操作感は全く変わらないので、今までbaserCMSを使っていた人なら間違いなく使いやすいでしょう。個人的にWordPressよりダントツで使いやすいです。操作感が頭に入っているからというのもありますが、プラグインを入れずとも最低限必要な機能が最初から入っているので導入しやすいです。バックアップデータを使って復元した際に管理画面にログインできなくなるという問題もありましたので、今回のバージョンアップで改善されてると嬉しいですね。ちなみにこちらからβ版の詳細を見られます。

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る