あのSwitchBotからついに学習リモコンが登場!レビューを見る(クーポン付き)

Belkin Connect 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー!第2世代で転送速度が上がってクリエイティブ用途に適したモデル

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ

本記事では、Belkinの人気シリーズ、Belkin Connectから新たに発売された第2世代のUSBマルチメディアハブ、Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブをレビューします。

MacBookiPadなど、USB-Cポートしか搭載していない機器は、外付けのUSBハブがないと不便ですよね。安物でもいいですが、テレワークや映像制作などクリエイティブな作業をされる方はできれば最新規格への対応もこだわっておきたいところです。

今回紹介するBelkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブは、第2世代となって最新規格への対応もバッチリなモデルとなっています。具体的には、2.5Gbpsイーサネットへの対応のほか、USB-AとUSB-Cポートが最大データ転送レート5GbpsのUSB 3.0から10GbpsのUSB 3.2仕様に変更し、100W PD充電、HDMI 2.0による最大4K60Hz画面出力など、ゲームや動画制作など様々なシーンで活用できます。

なによりVGP2023テレワークカテゴリ受賞したモデルなので、第3社からのお墨付きもあります。

たいしょん

仕様に妥協のないBelkin Connect マルチメディアハブの特徴や実際の使用感など、徹底レビューしていきます!

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 7つの端子を1つのハブで対応できる
  • ケーブルが長くデスクで扱いやすい
  • 最大100W充電対応で速く充電可能
  • 4K60Hz対応でクリエイティブな作業もバッチリ
  • 2.5Gbpsイーサネット対応で高速な通信が可能
  • SDカードに加えてmicro SDカードに対応しコンパクトなカメラ機器にも対応できる
デメリット
  • ハブ本体のケーブルの着脱ができない
  • USB-C端子は映像や音声の入力には対応していない

この記事はメーカー様より製品を提供いただき作成しています。

タップできるもくじ

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)の特徴

Belkin Connect マルチメディアハブの特徴、仕様、付属品を下記のタブでまとめました。

  • 7-in-1、タイプCやタイプA、2.5GbE、HDMI、またはSD&microSDカード一つに集約
  • 2.5Gbpsイーサネット対応
  • USB-CやUSB-C合計3ポートは全部10Gbpsのデータ転送速度に対応
  • 24センチのケーブルが取り回しやすい
  • USB-Cポートは100Wパススルー充電対応、USB-Aポート合計3A充電対応

第1世代との違い

第1世代のBelkin Connect マルチメディアハブと、今回紹介する第2世代のBelkin Connect マルチメディアハブの違いを比較してみました。

Belkin前代製品(F4U092)本製品(INC009)
USB-Cポート5Gbps + 60W PD10G x 1ポート + 100W PD急速充電
USB-Aポート(USB-A 3.0) 2ポート * 5GbpsUSB-A 3.2 Gen 2 (10 Gbps x 2ポート)
イーサネット1Gbpsイーサネット2.5Gbpsイーサネット
HDMIポート4K@30Hz4K@60Hz
SDカードリーダーSD 2.0 Reader ~60MB/sSD 3.0 ~04MB/s
Micro SDカードリーダーMicro SD 3.0
パワー出力・入力45W/60W85W/100W
ケーブル長さ12cm24cm
製品リンク Amazon Amazon
第1世代と第2世代の仕様比較

第1世代にくらべてすべての点でグレードアップされていますが、特にHDMIポートが4K60Hzの出力に対応したのはクリエイターの方にも使いやすくなったと感じています。

また、イーサネットが2.5Gbpsの高速通信に対応したということで、現在各社の光回線で普及が進んでいる2Gbpsの高速回線にも遅延の少ない有線で接続できるようになっています。

たいしょん

今後も長く快適に使えるという点で今から買うなら第2世代がいいですね。

デザイン

本体が約W53mm×L385 mm×H16mmのコンパクトサイズで、外出先での使用にも適したデザインです。MacBookのようなアルミボディで、放熱性に優れています。

Belkin Connect マルチメディアハブの本体

搭載しているポート、カードリーダーの仕様は下記の表にまとめました。

USB-Cポート10G x 1ポート + 100W PD急速充電
USB-AポートUSB-A 3.2 Gen 2 (10 Gbps x 2ポート)
イーサネット2.5Gbpsイーサネット
HDMIポート4K@60Hz
SDカードリーダーSD 3.0 ~04MB/s
Micro SDカードリーダーMicro SD 3.0
パワー出力・入力85W/100W
ケーブル長さ24cm
搭載しているポートの仕様
Belkin Connect マルチメディアハブのポート部分

使用頻度の高そうなUSBやHDMIポートは片面にまとまっていますので、デスクに固定した際も使いやすそうです。

有線LANポートはハブの先端にあります。

Belkin Connect マルチメディアハブのイーサネットポート部分

接続はUSB-Cケーブルです。MacBookやiPadで使用できます。

Belkin Connect マルチメディアハブのUSB端子部分

本体カラーはシルバーというより、MacBook Proのスペースグレーに近いです。

たいしょん

落ち着いた色で、かなりかっこいいですよ。

MacBook Proと近いスペースグレーの本体カラー

重量は実測値で約170gと、USBハブとしては少し重いですが持ち運びに苦労するほどではありません。

重さは約170gで少し重め

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)のレビュー

7つのポートが使えてかなり便利

Belkin Connect マルチメディアハブは、USB-Cポート、2口のUSB-Aポート、microSDとSDカードスロット、イーサネットポート、HDMIポートを搭載し、高い拡張性があります。

僕はブログを執筆していますが、ブログ用の写真はSDカードで取り込みますし、確認用のサブモニターはHDMIで接続します。さらに外部のSSDを接続したもするので、端子の少ないMacBook Airをより使いやすくするのにかなり便利だと感じました。

有線LANの速度も速い

Belkin Connect マルチメディアハブを使って、有線LAN接続も試してみました。我が家のプランは1Gbpsで30台の機器をWi-Fiで接続しています。この状態でどれだけの速度が出るのか検証してみました。

結果はこちらです。

有線LANの接続の結果
下り790Mbps
上り750Mbps
レイテンシ5ms(アンロード済み)
13ms(ロード済み)
有線LANの接続の結果

無線での接続は普段良くても500〜600Mbpsなので、Belkin Connect マルチメディアハブ経由の有線LAN接続のほうが速いです。

たいしょん

遅延も少ないので、オンラインゲームをされる方にもおすすめです。

ケーブルが長くデスク上で使いやすい

第1世代より12cm長くなったケーブルですが、PCスタンドを使ってMacBookを使っている時にかなり快適に感じました。

他社のマルチメディアハブとケーブルを比較

例えば12cmのUSBハブの場合、ケーブルの長さが足りないためハブが少し浮いたような形になります。これはケーブルに負荷がかかりやすく、断線の原因になりそうですよね。

長さが足りずハブが浮いている
ケーブルが長くハブがしっかりデスクについている

しかしBelkin Connect マルチメディアハブはケーブルの長さが24cmと長いため、PCスタンドに置いた状態でもハブ本体がデスクにしっかり設置した状態になります。こちらのほうが見栄えもいいですし、何よりケーブルへの負荷も気にしなくて済むので快適に使えます。

たいしょん

ハブのケーブルは長いほうが使い勝手がいいです。

給電性能は十分

Belkin Connect マルチメディアハブのUSB-C端子は最大100Wの給電に対応しているということで、実際にMacBook Proを使って給電性能をチェックしてみました。90W対応のACアダプターと、USB PD対応のUSBケーブルを使っています。

結果は19.25V x 3.707A = 71.367Wで、まずまずの結果となりました。USBケーブルをハブを介さず直接MacBook Proに接続しても同じぐらいの数値が出ているため、十分な給電性能を有しているといえますね。

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)のデメリット

ハブ本体のケーブルの着脱ができない

Belkin Connect マルチメディアハブのケーブルは着脱できないため、例えば断線した際に自分でケーブルを交換できません

もし断線した場合は、2年間の保証があるのでサポートに問い合わせてみるといいでしょう。

USB-C端子は映像や音声の入力には対応していない

Belkin Connect マルチメディアハブのUSB-C端子は、100Wの給電には対応していますが映像や音声の出力には対応していません。例えばモニターの中にはDELL U3219QのようにUSB-Cケーブル1本で映像・音声の入力と給電に対応したものがありますが、そのようなモニターを使う場合でもハブ経由の場合HDMIケーブルを使わなければいけません。

DELL U3219Qに接続しても映像が出力されていない(MacBookに給電はされている)

幸いMacBook AirにはUSB-Cの端子が2つあるので、モニターにUSB-Cケーブル1本で接続する場合はMacBook本体のもう一方のUSB-C端子に接続するようにしています。

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)をおすすめできる人

Belkin Connect マルチメディアハブをおすすめできる人は、MacBookやiPadを使ってテレワークやクリエイティブな作業をされる方です。

第1世代よりHDMIの性能が60Hzに上がったことで、動画制作時のフレームレート確認もしやすくなります。また、micro SDカードの接続にも対応していますので、Go Proなどコンパクトなカメラに接続したデータを直接読み込むことも可能になります。

価格重視であれば1万円を切る第1世代のモデルでも構いませんが、USBハブをあまり買い換えず長く使いたいという方は最新規格に対応した第2世代モデルがおすすめです。

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)のレビューまとめ

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)をレビューしました。第2世代となってよりクリエイティブな作業に適したモデルに仕上がっており、コンパクトなので外出先でも活躍すること間違いなしなハブです。

たいしょん

MacBookやiPadを使っている方は、ぜひお試しください。

Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 7つの端子を1つのハブで対応できる
  • ケーブルが長くデスクで扱いやすい
  • 最大100W充電対応で速く充電可能
  • 4K60Hz対応でクリエイティブな作業もバッチリ
  • 2.5Gbpsイーサネット対応で高速な通信が可能
  • SDカードに加えてmicro SDカードに対応しコンパクトなカメラ機器にも対応できる
デメリット
  • ハブ本体のケーブルの着脱ができない
  • USB-C端子は映像や音声の入力には対応していない
Belkin Connect USB-C® 7-in-1 マルチメディアハブ

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!

コメントしてみる

コメントする


タップできるもくじ