2022年買ってよかったもの公開中記事はこちら

【レビュー】iPhone 13 Pro用のMade for MagSafeケース|Choetech Protection Case

たいしょん

こんにちは!iPhoneケースは圧倒的にMagSafe対応派なたいしょんです!

iPhone 13 Proを含め、スマートフォンのケースって様々な種類がありますよね。

ただしこれだけは譲れないという機能があります。それが「MagSafe対応」のケースです。

例えば充電をするときや、車にiPhoneを固定するときにもMagSafeの磁力で安定しますしかなり便利なんですよね。

今回はiPhone 13 Pro向けのMagSafe対応のケース、「Choetech Protection Case」をレビューします。

この記事はChoetech製品を取り扱っている株式会社アースリボーン様よりご提供いただき作成しています。

気になる項目をクリック!

開封レビュー

では、早速開封していきましょう。

Choetech Protection Caseの箱
外箱
たいしょん

Made for MagSafeの認証マークが!!

付属品はケース本体説明書の2点です。

Choetech Protection Caseの付属品
付属品

説明書は中国語韓国語英語で書かれています。

まだ日本に上陸して間もないので、仕方ないですね。

Choetech Protection Caseの説明書
説明書

MagSafe対応のChoetech Protection Caseの特徴

実際に使ってみた使用感や特にここはっ!と感じたところをご紹介します。

滑りにくく持ちやすい

Choetech Protection Caseは、固くて丈夫なポリカーボネイト素材TPUという弾力性のある素材の2層構造です。

引用:Choetech

外装が固いと持っていて痛くなるかなと思っていましたが、角が丸みを帯びており非常に持ちやすいです。

また、表面は細かいシボ加工がされており、持っていて滑りにくくなっているのも持ちやすいポイントですね。

指紋も目立ちにくく落ち着いたマットな印象なので、神経質にならず使えそうです。

Choetech Protection Caseを持っている様子
たいしょん

硬い素材なのに見た目は合皮みたいで不思議な感触です。

ケース自体の重量は36.20gと決して軽いわけではありませんが、持ちやすさのおかげで重さも感じにくかったです。

Choetech Protection Caseの重量を計っている様子

Made for MagSafeで磁力も強い

Choetech Protection CaseはMagSafe対応でケース内部にマグネットを内蔵しているのですが、ケースとしては珍しい「Made for MagSafe」認証がされています。

Choetech Protection Caseの内面
たいしょん

Made for MagSafeってなに?

Made for MagSafeとは?

「Made for MagSafe」として開発されたアクセサリーには、Apple認定のMagSafeテクノロジーが組み込まれています。このような製品には「Made for MagSafe」バッジが付けられます。これは、MFiガイドラインに従って開発および厳密にテストされ、iPhone 13/12向けに最適化されていることを意味します。

引用:belkin公式サイト

つまりAppleからお墨付きを与えられたMagSafe製品ということです。

実際にMagSafe充電器にくっつけて検証してみましょう。

MagSafe充電器
NATIVE UNION SNAP 2-IN-1 MAGNETIC WIRELESS CHARGER

同じくMagSafe対応の「Spigen マグアーマー」はこのNATIVE UNION SNAP 2-IN-1 MAGNETIC WIRELESS CHARGERを持ち上げるほどの磁力でした。

では持ち上げてみます。

たいしょん

さすがMade for MagSafe!

これだけの磁力があれば車載ホルダーに固定した際も振動で落ちにくいですし、他のMagSafe対応アクセサリーも外れる心配なく楽しめます

カメラ部分と画面部分の保護も充分

Choetech Protection Caseは、カメラ部分が2.5mm、画面部分が1.5mm高く設計されていますので、机に置いた際に傷がつくのを防ぐことできます。

画面にガラスフィルムを装着していても1.5mmの高さなので問題なくカバーできました。

ボタンが押しやすい

ボタン部分は切り込みが入っており、押しやすく設計されています。

よく安いケースはボタン部分も覆うようになっておりボタンが押しにくくなっているものが多いですが、切込みが入っていると軽いタッチでボタンが押せるんですよね。

たいしょん

細かい配慮がきいていますね

ストラップを通せる穴付き

ガラケー時代はよくストラップ穴にキーホルダーやネックストラップをつけるのが流行ってましたよね。

iPhoneなどスマートフォンになってからストラップ穴を見なくなりましたが、Choetech Protection Caseならストラップも装着可能です。

Choetech Protection Caseのストラップ穴
たいしょん

キーホルダー好きな方には嬉しいですね!

着信/サイレントスイッチが切り替えづらい

いいところ満載のケースですが、少し気になったところもご紹介します。

まず、着信/サイレントスイッチが、ケースの厚みで奥まって切り替えにくくなる点が気になりました。

ポリカーボネイトとTPU素材の2層構造なのでケースの厚みはどうしても出てくるのですが、着信/サイレントスイッチの切り替えがしやすくなる工夫も欲しかったです。

ライトニングポートの穴が少し小さい

もう1点気になったのは、ライトニングポートの穴が少し小さい点です。

Spigen のマグアーマーを使用しているので画像で比較してみましたが、比べてみてもライトニングポートの穴が小さく見えますよね。

一般的なライトニングケーブルであれば問題ないのですが、例えば最近流行しているポータブルDAC用のケーブルの場合干渉する可能性があります。

たいしょん

MagSafe充電ですしライトニングポートをあまり使わない方は気にならないです。

Choetech Protection Caseの総合評価

ケースとしては珍しいMade for MagSafe認証を取得しており、MagSafe充電器など対応アクセサリーと相性バツグンです。

カメラ側が2.5mm、画面側が1.5mm高く設計されていますので、机の上に置いても傷がつきにくいです。

何よりボディが丸みを帯びており持ちやすく、シボ加工で滑りづらいので片手持ちも楽です。

たいしょん

iPhone 11までのボディの丸みが気に入っていた方におすすめです!

Choetech Protection Caseを片手持ちしている様子
メリット
デメリット
  • 滑りにくく持ちやすい
  • Made for MagSafeで磁力も強い
  • カメラ部分と画面部分の保護も充分
  • ボタンが押しやすい
  • ストラップを通せる穴付き
  • 着信/サイレントスイッチが切り替えづらい
  • ライトニングポートの穴が少し小さい
  • 説明書が日本語未対応

購入は公式ストアで!

Choetech Protection Caseは、公式ストアでのみ購入可能です。

iPhone 13 Pro以外の13シリーズすべてのケースラインアップがありますので、ぜひ探してみてください!

型番PC0111-MFM、PC0112-MFM、PC0113-MFM、PC0114-MFM
パッケージ内容iPhone ケース×1
対応機種iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
重量・サイズiPhone 13 mini用:29g/71mm×137mm×12mmiPhone 13用:33g/77mm×152mm×12mmiPhone 13 Pro用:33g/77mm×152mm×12mmiPhone 13 Pro Max用:39g/84mm×166mm×12mm
認証MFM、CE、ROHS
仕様表
たいしょん

色も機種によってはピンクもあります!

\ 送料無料 /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

気になる項目をクリック!