Amazonで本日限定タイムセール開催中!

CZUR Lens Pro 実機レビュー!OCR機能ありで持ち運びしやすいスキャナー

CZUR Lens Pro
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事は、5月12日にMakuakeで予約を開始したCZUR Lens Proのレビュー記事です。
あらゆる書類のペーパーレス化をさくさく実現する、CZURシーザーの最新ドキュメントスキャナー。
より多くの方々にご使用いただくべく、プロユースな機能を取り払ったことで、CZUR史上、最も小型軽量で、お求めやすい価格を実現した、CZUR のエントリーモデルにふさわしい製品です。

こんにちは!ガジェットブロガーのたいしょんです!

大人になると、様々な手続きで免許証やマイナンバーカードのコピーを持参することがありますよね。家にスキャナーがあるのでいつもそれでコピーを取っているのですが、昔ながらのスキャナー(有名所でいうと富士通のScanSnap)って結構大きくて場所を取ります。

たいしょん

普段使っているデスクの上なんか置けません(笑)

そんな中、今回従来のスキャナーと比較してスタイリッシュで高性能なスキャナー、CZUR Lens Proシーザーレンズプロをレビューする機会をいただきましたので、使用方法や実際の使用感を徹底レビューしていきます!

\ 今なら先着で35%オフ /

この記事はCHAM Japan様のご提供で作成しております。

タップできる目次

CZUR Lens Proって何?

まず、CZUR Lens Proの特徴を紹介します。

  • 1回1秒の高速スキャンでサクサク動作
  • A4 に収まる範囲であれば、複数枚同時にスキャン可能
  • 折りたためばWebカメラにもなる
  • コンパクトで持ち運び可能
たいしょん

コンパクトでスタイリッシュな、かなり高性能なスキャナーです。

想定される用途

・出社と在宅の両方の働き方をしている方
・外出の多い営業職の方
・クリニックや銀行など、書類のやり取りを伴う受付業務、窓口業務
・フリーランスや自営業者の伝票や帳簿類のデータ管理
・その他、経理や学校職員などの事務仕事全般
・手書きイラストをデータ化して色付け
・目標設定やアイデアなどのメモ書きの整理(電子保存)
・調理動画など、真俯瞰からの動画撮影
・リモートでの授業やセミナー

外観

早速開封しながら外観を見ていきましょう。

外箱はモノトーンでシンプル、バルミューダのような高級感を漂わせるパッケージです。

開封すると、下記の同梱品があります。

同梱品
同梱品
同梱品
  • スキャナ本体 x 1
  • ドキュメントマット x 1
  • Type-C ケーブル x 1
  • スタートガイド x 1
  • インストールCD x 1

マットはA4サイズの書類が収まるサイズで、ここにスキャンする書類などを置きます。

マットのくぼんでいる部分は、スキャナー本体の台座がフィットするようになっています。

スキャナーとPCをつなぐケーブルはUSB-C to AにUSB-Cのアダプターが付いています(アダプターは別売りオプション品)。

USB-Cポートが無くても、従来のUSB-Aのポートで接続可能です。

説明書は英語のものがついていました。

たいしょん

日本で発売される頃には日本版の説明書がつくはずです。

ここからは本体を見ていきます。ぱっと見て、外観はスキャナーというよりはおしゃれなデスクライトに見えます。

本体ヘッドは90°に開閉可能で、スキャナー使用時は上記のイメージのように開き、Webカメラとして使用する場合や持ち運ぶ際は折りたたんで使用します。

本体ヘッドはブラックのボディにシルバーのカメラ部と、おしゃれな配色です。

各部の名称とはたらきは下記の仕様です。

  1. 本体ヘッド
  2. 支柱(180 度回転して固定することができます。)
  3. 土台
  4. メインカメラ
  5. LED ライト
  6. 保護クッション
  7. ライトボタン(ON/OFF)
  8. サブカメラ(オプション)※本製品にはついておりません
  9. 電源ランプ(白色)
  10. マイク
  11. カメラウィンドウ(本体ヘッドを折りたたんだ状態でも撮影することができます。)
  12. Type-C 接続口
  13. Type-C ケーブル固定用の溝

製品仕様

CZUR Lens Proの製品仕様は下記のとおりです。

製品名CZUR Lens Pro(シーザー・レンズ・プロ)
画素数1,200 万
解像度3,968 x 2,976
DPI330
センサー CMOSSONY製
スキャンスピード1 秒/1 回
スキャン対応サイズA4 まで
エクスポートフォーマットJPG、Word、Excel、PDF、検索可能な PDF、TIFF
動画エクスポートフォーマットMP4
カラービット数24ビット
OCR180 種以上の言語対応
ソフトウェア対応OS Windows XP/7/8/10/11 32-bit/64-bit
MacOS 10.11 以降
製品サイズ78.5×105×352.5mm(長さ×幅×高さ)
製品重量0.42kg
同梱物スキャナ本体 x 1
ドキュメントマット x 1
Type-C ケーブル x 1
スタートガイド x 1
インストールCD x 1
仕様表

CZUR Lens Proの使い方

ここからは、CZUR Lens Proの使い方をかんたんに説明していきます。

たいしょん

かなり多くの機能があり全部紹介しきれないので、基本的なスキャン方法を解説しますね。

PCと本体をつないでセッティングする

まず使用前に、スキャナーとPCをつないで下記のようにセッティングしましょう。

結構重要なのが、USBケーブルを奥までしっかり挿し込むことです。実はしっかり挿し込んでいたはずが足りなかったようで、スキャナーが全然認識されないことがありました。

たいしょん

僕は1時間ぐらい格闘したので、もしスキャナーがPC側で認識されないときはUSBケーブルをしっかり奥まで挿し込み直してください。

ソフトのインストール

次に、スキャン用のソフトをインストールします。Macでは、CZUR Lens 1.1 for MacCZUR Camera 1.1 for Macを使用できます。

CZURのソフトインストール画面
CZURのソフトインストール画面

インストールは、下記ボタンのリンク先のインストールページから行います。

動作要件はこちら

OS【CZUR Lens】Support for MacOS 10.11 or later
【CZUR Camera】Support for MacOS 10.11 to MacOS 11 (Big Sur)
         ※MacOS 12 (Monterey) はサポートしていません
CPUPC with X86 processor (2 GHz以上)
GPUMac computers that support Metal
メモリー最低2GB RAM,、8GB RAMを推奨
ハードディスク最低1GB以上、20GBを推奨.
動作要件

M1チップのMacには対応していますが、ソフトの動作要件を見るとCZUR CameraMacOS 12(Monterey)はサポートしていません。動作検証しましたが、CZUR Lens 1.1 for MacMacOS 12(Monterey)はMacOS 12 (Monterey)もサポートしているため動作しました。

ソフトをインストールするとシリアル番号の入力を求められますので、スキャナー本体の底に書いてあるシリアル番号を入力します。

これで事前準備は完了です。

CZUR Lens 1.1 for Macは、主に書類をスキャンするスキャナ機能、手元の書類を動画撮影しながらオンライン会議などでプレゼンできるビジュアルプレゼン機能があります。

スキャナ機能の操作方法

では、CZUR Lens Proで最も活用頻度が高そうなスキャナ機能を試してみます。

あまりにペーパーレスでいい感じの書類が見当たらなかったので、今回はApple純正のMagic Trackpadのパッケージをスキャンしてみました。

まず、右下にある「スキャン」をクリックします。

次に、カメラで投影されていることを確認して各設定を調整します。

選択できるカラーモード
  • 自動補正
  • カラーモード
  • 白黒
  • グレースケール
  • スタンプ
  • シェーディング
  • フィルター無
選択できるページ処理方法
  • フラットペーパー ・・書類、名刺、写真など、平坦な紙類をスキャンするモード
  • 結合側 ・・ID カードの表面と裏面を順番にスキャンして1枚の用紙にできるモード
  • 領域をスキャンする・・一部領域だけを抽出してスキャンするモード
  • 元のまま処理しない・・自動補正は特に行われず、ただカメラで撮影するモード

設定したら、右下のスキャンマークをクリックします。

これでMagic Trackpadのパッケージがスキャンされました。

エクスポート書き出しをする場合は、右側の一覧で該当する項目にチェックを入れて、左側のエクスポート欄でいずれかの書き出し形式を選択します。

対応する書き出し形式
  • Word(OCR)
  • Excel(OCR)
  • サーチャブルPDF
  • PDF
  • TIFF

静止画で書き出したいので、TIFFを選択しました。

書き出し形式を選択すると、カラーモードや圧縮モードが選択できます。

対応する圧縮モード
  • 非圧縮
  • JPEG
  • LZW
  • Group 4

今回はJPEGを選択して、「確認」を押してエクスポートしました。

実際にスキャンしてエクスポートした写真がこちらです。

たいしょん

結構きれいですよね!リサイズもされていてバッチリです!

\ 今なら先着で35%オフ /

CZUR Lens Proを実際に使ってみた率直な感想

CZUR Lens Proをしばらく使用してみて感じたメリットやデメリットをまとめます。

メリット

まず、CZUR Lens Proのメリットは下記の5点です。

  • 軽量コンパクトで持ち運びしやすい
  • 1回1秒の高速な被写体認識で画像もリサイズ不要
  • OCRの精度が高い
  • 表裏をスキャンして1枚にまとめられる機能が便利
  • スキャナでありながらWebカメラとしても使用可能

軽量コンパクトで持ち運びしやすい

今までスキャナーを持ち運ぶなんて想像もできなかったのですが、CZUR Lens Proならバッグにすっぽり収まるほどコンパクトです。実際に普段仕事で使っているバックパックに入れてみましたが、すんなり入りました。

また、重量も実測値で423.89gと携帯ゲーム機を持ち運ぶぐらいの軽さなので、例えば営業先で書類の控えをスキャンしておきたい時など外出先で重宝しそうですよね。

1回1秒の高速な被写体認識で画像もリサイズ不要

持ち運びやすさもさることながら、スキャン自体の認識精度も爆速です。

下記のGIF画像はスキャン中に被写体を交互に取り替えている様子ですが、スキャンする対象物を置いた瞬間オレンジの枠線が被写体にすぐフィットし、認識していることが分かります。

CZUR Lens ProのAF

従来のスキャナーなら、被写体認識せず上から下まで余分な範囲もスキャンしていたので時間がかかっていたのですが、CZUR Lens Proなら1回1秒で認識するので時短できます。

たいしょん

これだけ高速なので、例えばフィルムカメラで撮影して現像した写真をたくさんデジタル化する際にも便利そうです。

OCRの精度が高い

OCR(光学文字認識)とは活字、手書きテキストの画像を文字コードの列に変換する処理ですが、CZUR Lens Proは結構精度が高いです。

実際に小さめの説明書をスキャンして、Word形式のOCRで保存してみた結果がこちらです。

クリックで拡大できます

一部下線のデザインが崩れていたり文字化けがありますが、本文の説明文はほぼ正確に文字として変換できています

オマケ機能ぐらいに感じていたので、ここまで正確に文字として変換してくれて感動しました。

たいしょん

手元の資料をスキャンして、文章を編集できるWordやExcel形式で保存したい場合に便利ですね!

表裏をスキャンして1枚にまとめられる機能が便利

よく名刺の表裏をコピーして提出することってありますよね。

免許証は当然1枚しか無いので、一般的な挟み込むスキャナーだと結構手間がかかる作業です。

CZUR Lens Proなら、表と裏を交互にスキャンするだけで両面を1枚の画像にしてくれる便利機能が搭載されています。

「結合側」を選択してスキャンする

さすがに免許証を公開するわけにもいかないので、サンプルとして表裏のあるクーポン券をスキャンしましたが簡単操作で表裏を1枚にまとめることができました。

たいしょん

免許証やマイナンバーカードをよくコピーする方は嬉しい機能ですね!

スキャナでありながらWebカメラとしても使用可能

CZUR Lens Proは、スキャナでありながら折りたたむことでWebカメラとしても活用可能です。

スキャナ向けの画質ということもありコントラストの高いフィルム写真のような写りになりますが、これはこれで味があって良いです。

たいしょん

あくまでおまけなので角度や高さ調整はできません。

デメリット

実際に使ってみて感じたCZUR Lens Proのデメリットは、下記の2点です。

  • iPadやAndroidなどタブレット端末には対応していない
  • 一分機能がMacの最新OSに対応していない

iPadやAndroidなどタブレット端末に対応していない

まず、CZUR Lens Proは専用のソフトがWindowsとMacしか対応していないため、iPadやAndroidタブレットでは使用できません

最近はGoogleのChrome OSを含めタブレットをPC代わりに使う方も増えてきました。

僕の持っているBrotherの複合機なら、タブレットやスマホにスキャンした画像を送信するといった機能がありますが、CZUR Lens ProはあくまでPC専用なのでタブレット端末では使用できません。

たいしょん

ただ、そもそもタブレットならアプリで内蔵カメラを使ってスキャン機能が使えるので、致命的ではないです。

一部機能がMacの最新OSに対応していない

使っていて特に気になったのは、一部機能がまだmacOS Montereyで使用できないことです。

具体的には、CZUR Camera 1.1 for Macという俯瞰撮影ふかんさつえいで動画を撮影できるソフトが起動できませんでした。

エラーのウィンドウ
エラーのウィンドウ

ただし俯瞰からの動画撮影という点に関しては、「CZUR Lens」のビジュアルプレゼンを使用することでも撮影可能です。

たいしょん

随時アップデートされていきますので、対応を待ちましょう。

CZUR Lens Proのレビューまとめ

今回は、スタイリッシュなスキャナーCZUR Lens Proをレビューしました。今までのスキャナーのイメージを覆すほどの軽量コンパクトで、持ち運びにも便利です。

通常のスキャン機能に加え、OCR機能を使った文字認識や表裏をスキャンして1枚にまとめられる機能など、便利機能を高い精度で実現している点もポイントです。

たいしょん

なによりデスクに置いてもスッキリな見た目が気に入りました。

では、改めてメリットとデメリットをまとめます。

メリット
デメリット
  • 軽量コンパクトで持ち運びしやすい
  • 1回1秒の高速な被写体認識で画像もリサイズ不要
  • OCRの精度が高い
  • 表裏をスキャンして1枚にまとめられる機能が便利
  • スキャナでありながらWebカメラとしても使用可能
  • iPadやAndroidなどタブレット端末には対応していない
  • 一分機能がMacの最新OSに対応していない
たいしょん

CZUR Lens Proは一家に一台あると便利ですよ!

こんな用途におすすめです!

・出社と在宅の両方の働き方をしている方
・外出の多い営業職の方
・クリニックや銀行など、書類のやり取りを伴う受付業務、窓口業務
・フリーランスや自営業者の伝票や帳簿類のデータ管理
・その他、経理や学校職員などの事務仕事全般
・手書きイラストをデータ化して色付け
・目標設定やアイデアなどのメモ書きの整理(電子保存)
・調理動画など、真俯瞰からの動画撮影
・リモートでの授業やセミナー

クラウドファンディングのMakuakeで販売開始

CZUR Lens ProはMakuakeより5月12日から先行予約が開始されました。

先着の超超早割で19,800円から35%OFFの12,800円で購入できますので、もしこのレビューを見て気になった方はぜひ下記リンクよりご覧ください!

Lenz ProのMakuakeの価格表はこちら

スクロールできます
Makuakeプラン超超早割超早割早割Makuake割早割(2個セット)Makuake割(2個セット)早割(3個セット)早割(5個セット)早割(10個セット)
割引率35%OFF32%OFF29%OFF24%OFF32%OFF28%OFF33%OFF36%OFF40%OFF
販売価格12,800円13,480円13,980円14,980円26,800円28,480円39,800円63,800円118,000円
備考数量限定数量限定数量限定数量限定数量限定数量限定数量限定

その他オプションの価格表はこちら

スクロールできます
製品名防滴バックパックUSB Type-AtoC 変換コネクタ
MakuakeプランMakuake割Makuake割
一般販売予定価格11,000円1,000円
割引率54%OFF50%OFF
販売価格5,060円500円
備考数量限定

\ 今なら先着で35%オフ /

レビュー概要
レビュー日
レビュー対象製品
CZUR Lens Pro
評価
51star1star1star1star1star
型番
CZUR Lens Pro
価格
JPY 19800
製品の在庫状況
Pre-Order Only

Amazonでのお買い物は現金チャージがお得!

Amazonギフト券チャージ

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

たいしょん

僕も利用してAmazonでお得に買い物をしています!

昨年は合計で約5,000円分得しました。

\ 見るだけなら無料! /

CZUR Lens Pro

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事の感想や質問をお待ちしています!

コメントする

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる