記事をシェアする

技能五輪全国大会に出場してきました!

記事をシェアする

千葉県の幕張メッセで12月4日〜6日にかけて行われました、技能五輪全国大会に参加してきましたので、そのことについて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

技能五輪全国大会

1ヶ月ぶりの投稿になります。ここ1ヶ月は技能五輪全国大会などでバタバタしており、なかなか更新できていませんでした。

技能五輪とは、公式サイトで以下のように紹介されています。

青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会であって、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることにおかれています。

つまり、特定の技術において日本一を競い合うという大会です。僕は「Webデザイン」職種で愛知県選手団として出場しました。Webデザイン職種は、一日目にサーバサイドの構築を6時間、二日目にフロントエンドの実装を5時間で行います。今回の課題は「ヨガ教室」のWebサイトを作成するというものでした。

【競技の様子(審査員の大藤幹さんに撮っていただきました)】

技能五輪の画像

プレゼンテーションの様子

プレゼンテーションの様子

結果は入賞ならず、、、全国のレベルの高さを魅せつけられた大会でした。

出場したきっかけ

そもそも出場したきっかけは、自分の強みを見つけたかったからということもあります。高校時代、大学時代は部活、サークルで団体行動する事が多かったです。話は少しそれますが、専門学校に入学する前にとある大学院を受験していました。その際に学生団体などの活動をプレゼンテーションで紹介したりしていたのですが、面接官の方にとある質問を投げかけられた時ハッとしました。

「団体としてあなたがどのように活動に貢献してきたかは分かりました。しかしそれは団体としての活動をただ全うしているように聞こえるのですが、あなた自身が発起人となって何かプロジェクトを動かしたり、活動されたことはありますか?」

その面接の時は何とかして取り繕っていたのですが、確かに周りに流されて活動をこなしていたという実感はありました。自分のやりたいこと、成し遂げたいこと、それが今までよく見えていなかったです。だからこそ、技能五輪全国大会に出場して自分の強みを見つけたかったです。愛知県選手団とはいえ同じ県でもライバル同士。個人としての力が試される絶好の機会だと感じました。

ここまでの振り返り

今でも一番初めの技能五輪対策のことは鮮明に覚えています。全くといっていいほどHTMLも、CSSも組めていなかったんです。それは担任の河口先生が一番良くわかっていらっしゃると思います。予選まで一ヶ月、その間にPHPもJavaScriptも覚えなければいけません。それから毎日夜9時まで学校に残り、勉強に励んでいました。予選を通過してからは、CakePHPの対策授業を伊藤先生に行っていただいたり、河口先生に毎日学校に残ってご指導していただいたりして大変でした。でも、僕より教えている先生が一番大変なのは分かっています。モチベーションを上げるためにSKE48の公式サイトをマークアップ練習する課題を出していただいたり、Webアプリの処理の流れをSKE48のチケットセンターに例えて考えてみたり。だから弱音を吐かず、「半年でもメダル取ってやる」という勢いでやっていました。結果は惨敗。自分の甘さと全国のレベルの高さを実感しました。

大会を通じて学んだこと

個人の力を高めるには誰かの力を積極的に借りる

僕は個人としての力を試す機会としてこの大会に参加しましたが、一人では全国大会のステージに立てなかったと思います。対策授業を行ってくださった先生方、応援してくれた先輩、クラスメイト、両親、友人、皆の支えがあってこの舞台に立つことができました。誰かの力を借りることは一見自分の弱みを晒しているかのように見えますが、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があるように、人の力はむしろ積極的に借りて自分のものにしていくべきだと感じました。

自分の癖

僕はプログラミングをする際に止まってしまう癖があるそうです。また、審査員の大藤さんが講評でおっしゃっていましたが、HTML5の要素、属性をうまく使い切れていないこともありました。基本的なアクセシビリティの部分で、時間的な理由で疎かにしていた部分もありました。たくさんの課題が出た今回の大会から、自分の癖がどうなっているのかを知ることができただけでも勉強になりました。

最後に

半年間、つきっきりで指導してくださった河口先生、CakePHPのご指導をしてくださった伊藤先生、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。23歳ということで来年は出場できません。ただ、技能五輪以外でも自分の力を試す機会が多く用意されていますので、ハッカソンやアイディアソンなど積極的に参加したいと思います。では、お疲れ様でした!!

またいつかリベンジします

たいしょんブログを
プッシュ通知で購読しよう!

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る