記事をシェアする

イタズラ会議に参加してきました!!

記事をシェアする

同じクラスの伊藤くんと4年ぶりに東京へ行きました。目指すはトリトンスクエア!

スポンサーリンク

第一回イタズラ会議に参加してきました!

先日、9月5日に4年ぶりに東京に行きました。何故かと言うと、この「イタズラ会議」に参加したかったからなんです(^^ゞ

イタズラ会議とは?

「Webを使って、ある人に盛大ないたずらを仕掛けてください」という指令のもと、チームになってアイディアを考え、最終的にプレゼンするというものです。

【基本ルール】

  1. 何らかの形式で形になっていればOK(プロトタイプ、デザイン画面)
  2. 最後に各チーム5分以内でプレゼンしてください。

【サポーター制度】

困ったときに、株式会社LIGやメンバーズの皆さんに相談することができます。学生ということで、このようなサポートがあることが嬉しかったです。

【審査】

アイディアソンなので、審査もあります。

  1. 斬新さ
  2. 楽しさ
  3. 実現可能性

この3つが基準になりますが、もうひとつ重要な基準があって

・いかにある人が嫌がるいたずらを考えるか

ここに尽きます。

誰にいたずらを仕掛けるのか

ここ重要ですね。では、誰にいたずらを仕掛けるのかお見せしましょう。

そめひこさんの画像
株式会社LIGのそめひこさん

株式会社LIGのマネージャーである、寺倉そめひこさんです!もうこの時点でめちゃ面白そうじゃないですか(笑)

だって過去にこんないたずらに仕掛けられてるんですもん。

「部下の部屋を200万円かけて超オシャレに改造したら、とても喜んでくれました。」

「部下の部屋でビーチ音楽祭を開催したら、大変なことになりました。」

世界中探しても、こんないたずら仕掛けるWeb制作会社ありませんよね。これはかなりのいたずら(そめひこさんが最終的に解雇される系など)を考えなければと思っていました。

基調講演

いきなりいたずらを考えるのも難しいので、アイディアを出す上で便利な思考法を教えて下さいました。内容としては以下です。

株式会社LIG 林優一様による「LIGが実践した新しい制作手法」

ウォーターフォール型が一般的な制作現場ですが、現在はアジャイル型など様々な考え方が増えてきました。その中でもLIGが実践しているのは「デザインスプリント」という手法です。もともとはgoogleがベンチャー企業向けに実施していた手法だそうです。

株式会社コネクトスター(株式会社メンバーズ子会社) 三瓶亮様による「Everything is UX~明日から使えるUX思考~」

UXとは何か?ということをわかりやすく説明してくださいました。ちなみに、僕もよく見ているUXmilkを運営されております。モバイルの普及や、多様な利用環境、いたるところにテクノロジーが利用されていることから、UXはすごく注目されています。

イタズラ会議

そしていよいよアイディアソンです。時間は4時間半あるのですが、なかなかいいアイディアが思いつきません、、、普段なかなかサービスを考える機会がないので、難しいですよね。椅子にブーブークッションを仕掛けるなんて小細工じゃダメなんです。そめひこさんが嫌がるイタズラを徹底しないといけないんです。しかもWebを使うという縛りがあります。その中で僕達のチームが考えたイタズラをご紹介します。

プロジェクト名:部下が太りすぎたので、強制的にダイエットさせてみた

いたずらされたそめひこさんのイメージ

イタズラの背景

そめひこさんは一時期13kg太ったそうです。身長170cmで体重80kg 。BMIは26.73で、平均の20より高いです。そめひこさんは確かにイケメンです。ですが、体格的にもイケメンになってもらうために、イタズラを仕掛けてイケメンになってもらおうと考えました。

詳細

そめひこさんの部屋を強制的にダイエットできるレイアウトにかえました。具体的には、すべての家具、置物を全て取っ払い、部屋の中心にランニングマシーンを置くというシンプルな配置です。しかし何もないと、そめひこさんは痩せるどころか死んでしまいます・・・。安心してください。走ればいいんです。走ることで、没収された家具屋、荷物を取り戻すことができます。さらに、家でご飯を食べることができないので、走った距離に応じて、体にいい夕飯をもらうことができます。

こんな感じのイメージです

また、電気は通っているので、携帯やパソコンの充電もできます。シンプルな配置になったので、作業が進むこと間違いないですね。

そして上記のマシーン、172万円します。あまり売れているとは思えないので、そめひこさんが効果を実証すれば、販路を期待できますよね!

さらに一人でダイエットは厳しいので、応援してもらうことができます。みんなに自分の状況を知ってもらうことで応援してもらい、それにおうじてボーナスを獲得することができます。期限は3日間で、3日間以内に達成することで取り戻すことができます。具体的には、Twitterでハッシュタグ「#そめひこ頑張れ」をつけてツイートすると、画面にメッセージが現れるだけでなくポイントも加算されていきます。

ちなみに、家具が返却されるときは着払いです(笑)

概要はこんな感じです。

結果発表

じつはイタズラの内容によって賞がいただけます。

  • LIG賞:LAMP宿泊券
  • Members賞:叙々苑お食事券
  • 入賞:LIGブログ掲載
  • そめひこ賞:?

この中で僕たちはLIG賞をいただけました!そめひこさんは本当に参ったイタズラを仕掛けられた時「クソ野郎だな」と言われるそうなのですが、クソ野郎になれたそうです!

LIG賞受賞の様子

ちなみにそめひこ賞はそめひこさん自身が事前に何も聞いていなかったようで(さすがLIG)会場に来る前にGAPで購入した5000円の服がプレゼントされていました(笑)

イタズラ会議は、ただいたずらを考えるのではなく、人を楽しませるサービスを考えるのに必要な思考を備えていると感じました。林さんは「人はありえないことが起きると面白く感じる」とおっしゃっておりましたが、普通に考えていたら今回のような案は生まれてこなかったと思います。イタズラという概念を通じて、Webサービスのコモディティ化を防ぐ原動力になるのではないかと考えます。このイベント名古屋でもやりたいなぁ。イタズラに寛容なそめひこさんのような人を見つけて、できたらいいですね♪

また第二回のイタズラ会議もあればいきますので、よろしくお願いします!今回主催してくださった株式会社メンバーズ、株式会社LIGのみなさん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

株式会社LIG

株式会社メンバーズ

たいしょんブログを
プッシュ通知で購読しよう!

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る