EZO Stadias レビュー|MagSafeワイヤレス充電対応のスタンドつきモバイルバッテリー

本記事では、北海道発のモバイルバッテリーブランド、EZO(エゾ)からリリースされた最新のモバイルバッテリー「EZO Stadias」をレビューします。

結論から言うと、モバイルバッテリーの理想を詰め込んだ使い勝手の高いモバイルバッテリーです。特にiPhone 12シリーズ以降のユーザーには嬉しいMagSafe充電に対応しています。

EZO Stadiasの主な機能
  • MagSafeワイヤレス充電(Qiも)対応
  • ステンレススチール製のスタンドつき
  • 1%単位でバッテリー残量を確認可能
  • 10,000mAhの大容量

このスペックを聞いて、ふと2つのモバイルバッテリーを思い出しました。僕の所有しているCIOのSMARTCOBY Proハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリーです。

というのも、この2機種は下記の特徴を揃えています。

SMARTCOBY Pro
ハイブリッドワイヤレス
モバイルバッテリー
  • 10,000mAhの大容量
  • 1%単位でバッテリー残量を確認可能
  • MagSafeワイヤレス充電(Qiも)対応
  • スタンドつき
たいしょん

あれっ、この両者の特徴ってまさにEZO Stadiasなのでは?

お気に入りの2つのモバイルバッテリーを組み合わせた、まさにモバイルバッテリーの理想を詰め込んだようなモデルが出てくるとは思いませんでした。

今回はEZO Stadiasの特徴や、実際に使ってみた使用感を徹底レビューしていきます。

この記事でわかること
  • EZO Stadiasの特徴
  • EZO Stadiasの実際の使用感
  • EZO Stadiasをおすすめできる人・できない人
EZO Stadias
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • MagSafe充電(Qiも)対応でケーブルから解放される
  • 最大20WのUSB PD充電に対応
  • 残量が1%区切りで見やすい
  • 横向きで動画を見ても安定感抜群で見やすい角度
  • 背面が丸みを帯びていて持ちやすい
  • パススルー充電対応でモバイルバッテリーもiPhoneも同時充電可能
デメリット
  • 裏面にホコリがつきやすい
  • iPhoneケースに跡が残りやすい

最大30%オフの応援予約開始!

この記事は、株式会社unybex様より製品提供を受けて作成しています。

タップできる目次

EZO Stadiasの外観レビュー

では、まずEZO Stadiasの外観からレビューしていきましょう。今回は本体のみの提供でしたが、モバイルバッテリー本体以外にも下記の付属品が同梱されます。

  • モバイルバッテリー本体
  • L字型ケーブル
  • 取扱説明書

モバイルバッテリー背面はアルミ加工で、高級感のある仕上がりです。充電時は、ここに1%単位でバッテリー残量が表示されます。

表面はMagSafe充電対応のパッドがあります。ゴム素材で、汚れや傷に強いとされています。

たいしょん

汚れについては後半で検証しますね。

本体右側面に電源のON/OFFボタンがあり、有線ケーブルで充電する際に使用します。ステンレススチール製のスタンドがついており、耐久性も高いです。

本体左側はUSB Type-Cポートが1つあり、最大20Wの充電に対応しています。

大きさ

大きさは72.6(幅) x 115.0(高さ) x 19.5mm(奥行き)で、10,000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては一般的なサイズです。

同クラスのCheeroのダンボーバッテリーと近いサイズ感で、10,000mAhクラス最小級のCIO SMARTCOBY Proより大きいです。

とはいえiPhoneを持ちながらMagSafe充電を行う前提で設計されていますので、iPhone 13 Proより小型です。これならiPhoneを持ちながらでもカメラに干渉せずに充電できますね。

手のひらサイズなので、バッグに入れて持ち運んでもかさばりにくいです。

重さ

重さは実測値で216.53gでした。

iPhone 13 Proが215.18gですので、重さはほぼスマートフォンと同等と言っていいです。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、ブラックホワイトの2色展開です。今回はブラックをレビューしています。

Makuakeから引用

仕様

入力Type-C 5V/3A, 9V2A
出力Typa-C 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A
ワイヤレス 15W/10W/7.5W
電池リチウムポリマー二次電池
容量38.5Wh(10,000mAh)
サイズ72.6 x 115.0 x 19.5mm
重さ215.18g
公式サイトから引用

EZO Stadiasの使用感レビュー

では、特徴を紹介しつつEZO Stadiasの使用感をレビューしていきます。

EZO Stadiasの良かったところ・メリット

まず、EZO Stadiasを実際に使ってみて感じた良かったところ・メリットを紹介します。

  • MagSafe充電(Qiも)対応でケーブルから解放される
  • 最大20WのUSB PD充電に対応
  • 残量が1%区切りで見やすい
  • 横向きで動画を見ても安定感抜群で見やすい角度
  • 背面が丸みを帯びていて持ちやすい
  • パススルー充電対応でモバイルバッテリーもiPhoneも同時充電可能

MagSafe充電(Qiも)対応でケーブルから解放される

まず、最大15WのMagSafe充電ケーブルから解放される点は快適で良いと感じました。通常のモバイルバッテリーは、下記の画像のようにUSBケーブルをつないで充電するのでケーブルが邪魔に感じることも。

しかしMagSafe充電なら、このようにiPhoneにくっつけるだけで充電ができるのでケーブルよりスマートに充電できます。また、センサーが内蔵していますのでEZO Stadiasの電源ボタンを押さなくても充電が開始される点はワイヤレスモバイルバッテリーにはめずらしい特徴です。

MagSafe充電はiPhone 12シリーズ以降の機種のみ対応しています。

実際にiPhone 13 ProでMagSafe充電をしてみた結果がこちらです。

時間バッテリー残量
開始時10%
30分後32%
1時間後61%
1時間30分後86%
2時間後100%
iPhone 13 Proの充電結果

iPhoneはバッテリー寿命を長持ちさせるために、80%を超えたあたりから高速充電からトリクル充電(低速充電)に切り替わります。後半の充電ペースは落ちるものの、2時間後には100%になりました。

たいしょん

2時間ぐらいで満充電になりますね。

ちなみに10,000mAhという大容量ですので、iPhone13/Pro/Max/Miniであれば約2〜3回充電できます。

また、ワイヤレス給電規格のQi(チー)にも対応し、AirPodsなどのワイヤレス充電対応の完全ワイヤレスイヤホンも充電できます。MagSafe充電はiPhoneしか対応していませんが、マグネットで吸着しないだけで他の機器もワイヤレス充電可能です。

たいしょん

iPhone以外の機器でも恩恵が受けられます!

最大20WのUSB PD充電に対応

MagSafeワイヤレス充電以外にも、有線ケーブルでの充電に対応しています。最大20WのUSB PD出力に対応しており、iPadを充電するのにも十分な出力です。

USB PDとは?

これまでUSBケーブルでの給電能力は、最大で7.5W(5V/1.5A)まででした(「USB Battery Charging 1.2」規格の場合)。これに対して、USB PDの規格に対応すれば、それを大幅に上回る最大100W(20V/5A)までの給電が可能になるというわけです。

引用:Cheero公式サイト

すごい差ですね
たいしょん

最新のiPad mini(第6世代)やiPad Pro 11インチ(第3世代)に付属されているアダプターも20Wです。

電流チェッカーで計測したところ、19W〜17Wの出力が確認できましたので十分な性能といえますね。ワイヤレス充電だけではまだ不便なので、有線でより高速な充電ができる点は便利に感じました。

電力チェッカーの画像

残量が1%区切りで見やすい

モバイルバッテリーの残量表示

EZO Stadiasは、バッテリー残量が1%単位で表示されますのでモバイルバッテリー本体の充電タイミングが分かりやすいです。例えば5目盛りのLEDランプだけで残量が表示されている場合、残り20%でも1%でも1目盛りでしか表現できませんよね。

たいしょん

1%ずつの表示なので、バッテリー容量ギリギリまで使い切りやすくなります。

横向きで動画を見ても安定感抜群で見やすい角度

EZO Stadiasは、iPhoneを横向きにしても安定感抜群です。

金属製の幅の広いスタンドがしっかりiPhoneを支えてくれて、倒れる気配はありません。

また、45度の見やすい角度まで調整できますので、デスクに置いて動画を見ながら作業するのもはかどります。テレワークで外に出かける時に、スタンドとしても活用できるので便利ですね。

背面が丸みを帯びていて持ちやすい

EZO Stadiasを持っていて感じたのが、持ちやすさです。背面が緩やかにカーブしているため、手になじみます

iPhoneを横向きに吸着させているときも同様に持ちやすく、親指を回してしっかりグリップできるので持ちながら動画も見やすいです。

たいしょん

ガラケー時代のAQUOSフォンを思い出します。

パススルー充電対応でモバイルバッテリーもiPhoneも同時充電可能

EZO Stadiasはパススルー充電に対応しており、モバイルバッテリー本体とMagSafe充電しているiPhoneの同時充電が可能です。出先の宿泊先でiPhoneとモバイルバッテリーの両方を充電したいシチュエーションは多いと思いますが、パススルー充電に対応していれば両方充電できるので効率的ですね。

たいしょん

旅行に持っていきたくなるモバイルバッテリーですね。

EZO Stadiasの残念だったところ・デメリット

では、EZO Stadiasを実際に使ってみて残念だったところ・デメリットも紹介します。

  • 裏面にホコリがつきやすい
  • iPhoneケースに跡が残りやすい

裏面にホコリがつきやすい

マットな仕上げで汚れに強いということでしたが、iPhoneに接するMagSafeのゴム部分はホコリがつきやすいように感じました。下記の写真は少し使用して不織布で拭いた状態ですが、細かいホコリが若干残っています。

ちなみに冒頭で少し紹介したCIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリーは、ゴムではないためホコリはほぼつきません。

たいしょん

気になる方は少ないかもしれませんが、僕みたいに神経質な人はホコリがきれいに取れなくてムズムズするかもしれません。

容量は半分減りますが、ホコリがつきにくいモデルであればCIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリーをおすすめします。

iPhoneケースに跡が残りやすい

何度かMagSafe充電をしていて気付いたのですが、EZO StadiasでMagSafe充電をしているとiPhoneケースに丸い跡が残っていました

ちなみに下記がEZO Stadias使用前の写真です。元々汚れがついていたのではなく、EZO Stadiasを使用後についた汚れだと分かりますね。

たいしょん

ゴム素材だと跡が付きやすいのかもしれませんね。

機能面での不満はほぼないですが、汚れのつきやすさは気になりました。

EZO Stadiasのレビューまとめ

今回は、EZO Stadiasをレビューしました。メタリックで高級感のある外装で所有欲を満たせるモバイルバッテリーです。機能面でもCIOの人気モバイルバッテリー2つをいいとこ取りしたような製品で、まさにモバイルバッテリーの理想を詰め込んだ製品と言えます。

たいしょん

満足度はかなり高いです!

おすすめできる人・おすすめできない人

EZO Stadiasをおすすめできる人、できない人は下記のようにまとめました。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • iPhone 12シリーズ以降のユーザー
  • 動画を見ながら充電したい方
  • テレワークをしている方
  • 旅行によく行く方
  • 3つ以上の機器を充電する方
  • MacBookなど高出力な電力が必要な方
たいしょん

iPhoneユーザーにかなりおすすめです!

EZO Stadiasを購入する方法

EZO Stadiasは、まだ一般販売されておらずクラウドファンディングのMakuakeで予約を受け付けています。今なら先行販売で15%オフの5,640円で購入できます。

また、支援額が500万を突破すると付属のケーブルがLEDつきにグレードアップされます。2022年7月16日現在の支援学が4,075,340円なので、残り56日であれば十分達成できそうなペースですね。

たいしょん

もし少しでも気になった方は、下記のリンクより詳細を確認してください!

最大30%オフの応援予約開始!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次