【特集】なぜ人気?スマートホームのSwitchBotを徹底解説!レビュー記事はこちら

Innergie 45H レビュー|プラグ交換可能な海外旅行に適した急速充電器[PR]

本記事では、台湾に本社を置くデルタ電子の急速充電器、「Innergieイナジー 45H」をレビューします。

ワールドトラベルアダプターキットと互換性があり、海外旅行に適した充電器です。

また、90度回転するプラグでコンセントをつなげた状態でもUSBポートの向きを変更できる、利便性の高いモデルです。

デルタ電子ってどんな会社?
デルタ電子とは?
  • 台湾に本社を置き、設立50年の歴史を持つ企業
  • 日本のグッドデザイン賞など数々の賞を受賞している

Innergieブランドでは「One For All 急速充電器シリーズ」として、1台で様々な機器の充電に対応できるモデルを5製品展開しています。

今回は、Innergie 45Hの特徴や外観、実際の給電テストで徹底レビューをしていきます。

この記事でわかること
  • Innergie 45Hの特徴
  • Innergie 45Hの使用感
  • Innergie 45Hの実際の給電能力
Innergie
¥4,390 (2022/10/16 10:52時点 | Amazon調べ)

この記事は、デルタ電子様より製品提供をいただき作成しています。

タップできる目次

Innergie(イナジー) 45Hの特徴・仕様

まず、Innergie 45Hの特徴・仕様を解説していきます。

主な特徴
  • 45WPD出力+2ポートでMacBook AirとiPhoneの同時充電もこなせる
  • 90度回転するプラグでつける場所を選ばない
  • Appleのワールドトラベルアダプターキットと互換性がある

45WPD出力+2ポートでMacBook AirとiPhoneの同時充電もこなせる

Innergie 45Hは、最大45WのUSB PD出力に対応していますのでMacBook Airの充電に適しています。

また、2ポートで30W + 12Wで同時充電できますので、MacBook AirとiPhoneを同時充電するのに最適な充電器です。

MacBook AirとiPhoneを同時充電
USB PDって何?

PDPower Delivery)とは、USB Type-Cコネクタに対応した給電規格のことです。 従来からあるUSBポート経由での給電が最大7.5Wなのに対し、最大100Wと大きな電力を供給できるのが特徴。 USB PD対応充電器なら、パソコンや液晶モニターといった大型機器にも急速充電がおこなえます。

ビックカメラ公式サイトから引用

たいしょん

後半で実際の給電能力を検証していきます!

90度回転するプラグでつける場所を選ばない

Innergie 45Hは、90度回転するプラグを採用していますのでコンセントに繋いだ状態でもポートの向きを変更できます。

たいしょん

固定式のプラグで不便に感じていた方にとって、使い勝手の良い充電器に仕上がっています。

仕様

入力100-240V AC / 1.3A 50-60 Hz
出力USB-C:
5V DC/3A ; 9V DC/3A
12V DC/3A; 15V DC/3A
20V DC/ 2.25A; PPS 5V-11V/3A
(合計出力 45W)

USB-A:
5V DC/ 2.4A
(合計出力 12W)
サイズ & 重さ高さ 56mm(2.2インチ)
横幅 56mm(2.2インチ) 
奥行き28mm(1.1インチ)
重量 96g(3.4オンス)
USBポート数USB-C 1ポート
USB-A 1ポート
Innergie 45Hの仕様表

Innergie 45Hの外観レビュー

では、開封しながらInnergie 45Hの外観をレビューしていきましょう。

パッケージには、グッドデザイン賞のマークがありますね。

確認したところ、2017年にInnergie 45Hがグッドデザイン賞を受賞していました。

付属品はこちらです。

  • 充電器本体
  • US仕様プラグ(日本でも使用可能)
  • 説明書
Innergie 45Hの付属品

グッドデザイン賞を受賞しただけあって、デザインもシンプルでおしゃれです。

プラグ部分は着脱が可能で、US仕様(日本でも仕様可能)なプラグが同梱されていました。

側面にはUSB-CとUSB-Aのポートが1つずつあります。

大きさ

大きさは高さ56mm、横幅56mm、奥行き28mmです。

高さと横幅だけで言えば、カードよりもコンパクトなサイズです。

AirPods Proとサイズを比較しても一回り大きいぐらいで、持ち運びにも適したサイズと言えますね。

AirPods Pro

重さ

重さはプラグ込みで124.01gでした。

単1電池が約130gなので、45W出力の充電器としては軽量です。

単一乾電池

Innergie 45Hの給電能力をテスト

ここからは、実際の給電能力をテストしてみましょう。

テストはルートアール USBチェッカー(RT-TC5VABK)を使って計測していきます。

MacBook Air単体での充電

まずは、MacBook Air単体で充電をしてみます。

ちなみにMacBook Airは、最大45Wまでの急速充電に対応しています。

充電しているMacBook Air

計測結果がこちらです。

19.78V X 2.197 =43.463W

結果は43.463Wで、ほぼ理論値通りの結果になりました。これならMacBook Airの急速充電も十分こなせますね。

MacBook AirとiPhone 13 Proの同時充電

次はMacBook AirとiPhone 13 Proを同時に充電してみます。ちなみにMacBook Air側のみ計測しています。

結果はこちらです。

19.84V X 1.422A = 28.221W

計測結果は28.221Wで、こちらもほぼ理論値の30Wに近い数値が出ました。MacBook Airに同梱されている純正の充電器が30W仕様なので、MacBook Airで作業しながら充電しても十分な給電能力がありますね。

たいしょん

iPhoneとMacBook Airの同時充電にぴったりな充電器です。

Innergie 45Hを使用していて気になった点

Innergie 45Hを実際に使用してみて、気になった点もありましたので紹介します。

  • プラグの折りたたみができない
  • 360度回転はできない

プラグの折りたたみができない

まず気になったのは、プラグの折りたたみができない点です。

プラグの着脱や交換はできるのですが、実は折りたたみはできません。

そのため持ち運びの際は、プラグが出っ張っているままバッグに入れるかプラグを外して別々に収納することになります。

プラグの折りたたみに対応している充電器が増えているので、できれば対応してほしかったというのが気になりました。

たいしょん

インドア中心で家でしか使わないなら気になりません。

360度回転はできない

公式サイトの表記に「360度回転可能なプラグで空間を有効活用」と書いてありますが、実際は90度しか回転しません。

これは検証済みで、このように90度回転したらこれ以上回らないようになっています。

たいしょん

勘違いしそうな方もいると思うので、一応報告しました!

Innergie 45Hのレビューまとめ

Innergie 45Hをレビューしましたが、プラグを交換できますので海外旅行にも適した急速充電器に仕上がっています。グッドデザイン賞を受賞し、Apple製品のようなシンプルな見た目も好印象です。

また、実際のテストでもMacBook AirとiPhoneを同時充電するのに十分な給電能力を持っていますので、テレワークなどでも活躍する便利な充電器でした。

おすすめできる人・できない人

以上のレビュー結果から、Innergie 45Hをおすすめできる人、おすすめできない人はこちらです。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 海外旅行に行く人
  • テレワークなどでMacBook AirとiPhoneを同時充電する人
  • デザインにこだわりがある人
  • MacBook Proに充電をする人
  • プラグは折りたたみ派の人
たいしょん

特に海外旅行に行かれる方はぜひ検討してみてください!

Amazonと公式サイトでお買い求めいただけます。

Innergie
¥4,390 (2022/10/16 10:52時点 | Amazon調べ)

他のInnergie製品の充電器レビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次