Innergie C6 レビュー|最大60WでMacBook Pro13インチ(14インチ)モデルでも十分な充電器[PR]

本記事では、台湾に本社を置くデルタ電子の急速充電器、「Innergieイナジー C6」をレビューします。

最大60Wの急速充電に対応し、MacBook Pro 13インチ(14インチ)モデルの給電にも十分な性能を持つ充電器です。

また、85gで軽量かつコンパクトなので、持ち運びにも最適。テレワークでも活躍すること間違いなしなモデルです。

デルタ電子ってどんな会社?
デルタ電子とは?
  • 台湾に本社を置き、設立50年の歴史を持つ企業
  • 日本のグッドデザイン賞など数々の賞を受賞している

Innergieブランドでは「One For All 急速充電器シリーズ」として、1台で様々な機器の充電に対応できるモデルを5製品展開しています。

対応する機器

今回は、Innergie C6の特徴や外観、実際の給電テストで徹底レビューをしていきます。

この記事でわかること
  • Innergie C6の特徴
  • Innergie C6の使用感
  • Innergie C6の実際の給電能力

この記事は、デルタ電子様より製品提供をいただき作成しています。

タップできる目次

Innergie(イナジー) C6の特徴・仕様

まず、Innergie C3 Duoの特徴・仕様を解説していきます。

主な特徴
  • 高効率なGaN(窒化ガリウム)を採用し85gの軽量設計でコンパクト
  • 最大60WのUSB PD充電に対応
  • 折畳み式プラグ採用で持ち運びに便利

高効率なGaN(窒化ガリウム)を採用し85gの軽量設計でコンパクト

Innergie C6は高効率なGaN(窒化ガリウム)を採用し、85gの軽量設計でコンパクトなサイズに仕上がっています。

Innergie C6
たいしょん

大きさ比較ものちほどしていきます!

最大60WのUSB PD充電に対応

Innergie C6は最大60WのUSB PD充電に対応。MacBook AirやMacBook Proで、作業しながらでも十分な給電能力を持っています。

USB PDって何?

PDPower Delivery)とは、USB Type-Cコネクタに対応した給電規格のことです。 従来からあるUSBポート経由での給電が最大7.5Wなのに対し、最大100Wと大きな電力を供給できるのが特徴。 USB PD対応充電器なら、パソコンや液晶モニターといった大型機器にも急速充電がおこなえます。

ビックカメラ公式サイトから引用

折畳み式プラグ採用で持ち運びに便利

Innergie C6は折りたたみ式プラグを採用し、プラグの出っ張りが抑えられるので持ち運びに便利です。

仕様

入力100-240V AC / 1.6A 50-60 Hz
出力5V DC/3A
9V DC/3A
12V DC/3A
15V DC/3A
20V DC/3A
(合計出力60W)
サイズ & 重さ高さ 30.4mm(1.2インチ)
横幅 30.4mm(1.2インチ) 
奥行き60mm(2.3インチ)
重量85g(3オンス)
ポートUSB-C 1ポート
Innergie C6の仕様

Innergie C6の外観レビュー

では早速、開封しながら外観をチェックしていきましょう。

Innergie C6

ロゴを含め白で統一されており、シンプルでおしゃれな外観ですね。

USBポートはUSB-Cが1ポート搭載されており、最大60WのUSB PD充電に対応しています。

電源プラグは折りたたみ式で、持ち運びに便利そうです。

たいしょん

プラグが若干奥まっているので、取り出しにくいです、、、

大きさ

Innergie C6の大きさは高さ30.4mm、横幅 30.4mm、奥行き60mmでコンパクトです。

単1乾電池と近い大きさで、ほぼ同じサイズに見えますね。

単1乾電池とInnergie C6

正面からみても、奥行き、幅を含め単1乾電池並に小さいです。

単1乾電池とInnergie C6

AirPods Proと大きさを比較しても近いサイズ感で、60Wの高出力充電器とは思えないコンパクトさです。

AirPods ProとInnergie C6

重さ

Innergie C6の重さは実測値で83.51gでした。

先程大きさを比較した単1乾電池(約130g)よりも50g軽く、持ち運びに最適な軽さです。

Innergie C6の給電能力をテスト

ここからは、実際の給電能力をテストしてみましょう。

テストはルートアール USBチェッカー(RT-TC5VABK)を使って計測していきます。

MacBook Proの充電

まずは、MacBook Pro 14インチモデルを充電してみます。MacBook Pro 14インチモデルや13インチモデルに付属している充電器は67Wですが、60W前後あれば十分な電力です。

充電しているMacBook Pro

計測結果がこちらです。

19.53V X 2.853A = 55.721W

結果は55.721Wで、60Wに近い電力が供給されていました。これなら十分ですね。

iPad Proの充電

次は、iPad Pro(11インチモデル)の充電を検証してみます。

充電しているiPad Pro

最新のiPadは20Wの急速充電器がついていますので、20W前後の給電ができていれば問題ないでしょう。

結果はこちらです。

15.13V X 1.648 = 24.949W

結果は24.949Wで、十分な電力が供給されていました。60Wの充電器でも「12V DC/3A」に切り替わって機器ごとに最適な給電がされますので、iPhoneなど60W必要ない機器でも使用可能です。

Innergie C6のレビューまとめ

Innergie C6をレビューしましたが、1乾電池並みのコンパクトさでMacBook Proの給電に十分な60W出力を備える、まさに小さな巨人のような充電器でした。

接続した機器に最適な電力を判断して自動で供給しますので、60W給電が必要ないiPhoneでもiPadでも使いやすいです。

おすすめできる人・できない人

以上のレビュー結果から、Innergie C3 Duoをおすすめできる人、おすすめできない人はこちらです。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBook AirやMacBook Pro 13インチ(14インチ)を使う人。
  • 1個でPCからスマホまで幅広い機種を充電したい人(つぶしの効く充電器がいい人)
  • 充電器をよく持ち運ぶ人
  • MacBook Pro 15インチ(16インチ)を使う人
  • 2機種以上同時充電する人
たいしょん

単1乾電池並のコンパクトさで60Wの高出力を体験したい方は、ぜひお試しください!

他のInnergie製品の充電器レビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次