Mac Fan 2022年2月号にインタビューが載りました読んでみる

【レビュー】アルミ外装で2,000円台!?iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーがおすすめな理由

iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダー
URLをコピーする
URLをコピーしました!
たいしょん

どうも!Apple製品が大好きなたいしょんです!

突然ですが、iPhoneを車のナビ代わりに使う機会はありますか?

車の純正ナビは購入時点から更新されませんし、iPhoneでGoogle Mapなどのナビ機能を使われる方も結構多いです。

今回ご紹介するiVOIDDECKの車載ホルダー、大手の有名メーカーと比較しても品質も遜色なし2,000円台という圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

たいしょん

他社の車載ホルダーとの比較、検証もしていますので、ぜひ最後までご覧ください!車に乗らない人向けの活用方法も教えます!

この記事はiVOIDDECK JP様より製品サンプルをご提供いただき作成しています。

クリックできる目次

30秒で分かるiVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダー

iVOIDDECKのMagSafe対応車載ホルダーは、2,000円台というリーズナブルな価格ながらアルミ外装かつガラスを贅沢に使用。高品位な製品に仕上がっています。

また、ワイヤレスで7.5Wの充電に対応し、MagSafe充電器としては充分な能力を持っています。

マグネットの磁力も激しく振っても落ちないほどで、かなり強力。オフロードでラフに使いたい方にもおすすめできる車載ホルダーです。

おすすめな理由
  • MagSafe対応で取り外しも向きの変更も楽にできる
  • クリップ型は落ちにくく省スペースで収まる
  • 2,000円台でも放熱と剛性に優れたアルミ外装で高い品質
たいしょん

今だけ10%オフクーポンも配布されていますので、さらにお得に購入できます!

iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーレビュー

ここからは、iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーの詳細なレビューをしていきます。

開封と付属品チェック

では、早速開封していきます。パッケージデザインはシンプルで、裏面には技術仕様が書かれています。

付属品はこちらです。

開封と付属品チェック
付属品
  • ワイヤレス充電器本体
  • エアコン吹き出しコネクタ
  • USBケーブル(A to C)
  • 取り扱い説明書

ケーブルは1mUSB Type A to C端子です。

USBポート備え付けの車はType A が一般的なので、理にかなった仕様ですね。

外観レビュー

ここからは外観を見ていきましょう。

正面はマグネット内蔵の充電面です。表面はガラス製で、かなりつやつやしています。

18粒のネオジム磁石を搭載しており、強力にiPhoneを吸着します。

外観と仕様

外装はアルミ製で、ひんやりとした質感はiPhone 6やApple Watchのアルミ外装に近いです。とても2,000円台とは思えません。

外観と仕様

アルミ外装は以下の2つの利点があります。

アルミ外装のメリット
  • 放熱性が高い
  • 傷などから守る剛性が高い

背面はエアコン取り付け用のクリップやストッパーがあります。後半の章では、取り付け方法もご紹介しています。

外観と仕様

ストッパー部分はゴム製の滑り止めがあり、接触面が振動でずれにくくなるような工夫がされています。

外観と仕様

充電面は下記イメージ画像のように360°回転します。

もちろんMagSafe対応なのでiPhoneのみ回転させることも可能ですが、斜め方向など見やすくなるように微調整できるので便利です。

製品仕様

重量は実測で77.99gでした。

重量の実測値は77.99g

サイズはこのように手のひらサイズです。他の仕様は下記の表にまとめています。

入力5.0V/2A ,9.0V/2A
出力7.5W
充電距離<5mm
商品サイズ63.5mm x 63.5mm x 85mm
本体重量77g
対応機種iPhone12 13シリーズ
商品仕様
たいしょん

7.5Wの出力に対応していますので、NATIVE UNIONなど1万円のMagSafe充電器と同等の性能を誇ります。

機能検証

iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーを使用するにあたり、下記の2点を検証しました。

検証内容
  • MagSafeの磁力は充分か
  • 充電は仕様通りか

検証1:MagSafeの磁力は充分か

まず、MagSafeの磁力を検証しました。

実際に使用したケースは、ケース内にマグネットを内蔵している「Spigen マグアーマー」です。

説明書に「起伏の多い場所で使用する際は、純正のiPhone MagSafe対応ケースを使用してください」と記載がありました。

Spigen マグアーマー

では、思いっきり振ってみます。

たいしょん

結果は結構強めに振っても落ちませんでした。オフロードでも大丈夫そうな強力な磁力です。

検証2:充電は仕様通りか

次に、ワイヤレス充電で7.5Wの充電が本当に可能かどうかを実験してみます。

仕様では、7.5Wのワイヤレス充電に対応しています。そこで、実際に電流・電圧チェッカーを使って測定をしてみました。

結果は6.406Wと、公称値より少し低めでした。

ちなみに同じく7.5Wのワイヤレス充電に対応しているNATIVE UNION SNAP 2-IN-1 MAGNETIC WIRELESS CHARGERでも計測してみました。

結果は9.259Wで、充分な電力です。

仕様より少し数値が下回っているものの、充電自体は体感で大きく気になりません

たいしょん

個人的に車の中であまり充電しないので、速度は気にしません。

車載ホルダーの取り付け方

では実際に使用するために、車載ホルダーを取り付けていきます。

取り付け方は下記の手順です。

STEP
ストッパーを手前に引く

まず、車載ホルダーのストッパーを手前に引きます。

車載ホルダーの取り付け方
STEP
クリップをつまみながらエアコン吹き出し口に挿す

次に、クリップをつまんで開きます。

車載ホルダーの取り付け方

そのままエアコンの吹き出し口に挿します。

車載ホルダーの取り付け方
STEP
ストッパーを微調整して取り付け完了

最後にストッパーを微調整したら、取り付け完了です。

車載ホルダーの取り付け方
たいしょん

スタンド機能だけ使いたい方は、このままUSBケーブルをつけずに使用するのがおすすめです!

もし充電機能も使いたい方は、お好みで付属のUSBケーブルを接続しましょう。

もしUSBポートがない場合、安価で品質も保証も安心できるAnker製のシガーソケットを購入しておきましょう。

車載ホルダーの向きの変え方

車載ホルダーの向きの変え方もご紹介します。

STEP
角度調整用ノブを緩める

まずは、白丸部分の角度調整ノブを緩めます。

車載ホルダーの向きの変え方
STEP
角度を調整して角度調整用ノブを閉める

角度調整用ノブを緩めると充電面が動きますので、調整したら再度角度調整用ノブを閉めます。

車載ホルダーの向きの変え方

これで運転席から見てもいい感じに画面が見えるようになりました。

車載ホルダーの向きの変え方

ナビを使うときは、このように横向きにすることも可能です。

車載ホルダーの向きの変え方

運転席から見るとこのような感じです。道路交通法で2秒以上の注視が禁止されていますので、さっと目線を移して確認できる場所にスマートフォンを置けるのは便利でした。

車載だけじゃなくて普通のスタンドとしても意外にいける

撮影しながら気づいたのですが、実は通常のスタンドとしても案外機能してくれます。

縦位置ならこのように、45°〜70°ぐらいまで起こすことができます。

横位置も案外いけます。ちょっと動画を見たいときに活用できますね。

たいしょん

まさに二刀流!

iVOIDDECKの長所

iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーの長所下記の5点です。

  • 2,000円台でお求めやすい価格設定
  • アルミ外装で放熱性・剛性に優れている
  • MagSafeで取り外しも角度調整も楽
  • 意外に普通のスタンドとしても活用できる
たいしょん

お手頃な価格で満足のいく品質の車載ホルダーが手に入ります。

iVOIDDECKの短所

iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーの短所下記の2点です。

  • エアコンの吹出口の形状によってはうまくはまらない
  • 聞いたことのないメーカーで少し心配

もう少し解説しますね。

エアコンの吹出口の形状によってはうまくはまらない

僕はマツダ車に乗っているのですが、このように円形の吹出口なのでうまく装着できませんでした。

エアコンの吹出口の形状によってはうまくはまらない

幸い1箇所だけ真っ直ぐな吹出口があったのでそこに装着できましたが、下記のように向き不向きがありますので購入前に確認は必須です。

エアコンの吹出口の形状によってはうまくはまらない
たいしょん

ただ、iVOIDDECKに限らずエアコン吹出口に差し込むタイプの車載ホルダーはだいたい上記の仕様です。

聞いたことのないメーカーで少し心配

失礼ながらiVOIDDECKというメーカーを聞いたことがなく、公式サイトも見つからないので最初は不信感を覚えました

しかし「‎iVOIDDECK JP 正規販売店」があり日本語でのサポートも受けられましたし、1年間の保証もありますので安心して購入して大丈夫です。

たいしょん

レビューしたとおり品質はなかなかです。

類似製品と比較

では、iVOIDDECKの車載ホルダーと類似の2製品とも比較してみましょう。

結果はこちらです。

製品名iVOIDDECKBelkin WIC004btBK-NCESR HaloLock
最大出力7.5W10W7.5W
製品サイズ63.5mm x 63.5mm x 85mm‎82mm x 60mm x 93 mm80mm x 80mm x 32 mm
重量77 g190 g200 g
価格2,799円3,373円3,499円
比較表

最大出力はBelkin WIC004btBK-NCに軍配が上がります。

しかし、小型軽量かつ価格iVOIDDECKの車載ホルダーの方が優れています

2000円台でiPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーを探している人はiVOIDDECKがおすすめ!

2000円台でiPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダーを探している人はiVOIDDECKがおすすめ!

2,000円台でアルミ外装という、他社では考えられないぐらいコストパフォーマンスに優れた製品です。

MagSafeでiPhoneの着脱も角度調整も簡単なので、外出でナビを使う際なども便利です。

たいしょん

今だけAmazonで10%オフクーポンが発行されていますので、お得なうちにぜひお試しください!

長所
短所
  • 2,000円台でお求めやすい価格設定
  • アルミ外装で放熱性・剛性に優れている
  • MagSafeで取り外しも角度調整も楽
  • 意外に普通のスタンドとしても活用できる
  • エアコンの吹出口の形状によってはうまくはまらない
  • 聞いたことのないメーカーで少し心配
評価概要
レビュー日
製品名
iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダー
評価
51star1star1star1star1star
製品名
iVOIDDECK iPhone 12 13用MagSafe対応車載ホルダー
価格
JPY 2799
製品の在庫状況
Available in Stock
シェアをして応援いただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする

目次
トップへ
クリックできる目次
閉じる