レビュー依頼はこちらからどうぞ!

コマンド1つで簡単に!KUSANAGIで恒久的にhttpsアドレスに301リダイレクトをする方法

KUSANAGIでhttpsWeb
この記事は約2分で読めます。

今回は、KUSANAGIで恒久的にhttpからhttpsアドレスに301リダイレクトをかける方法と、その必要性についてご紹介します。

KUSANAGIでhttpsリダイレクト

KUSANAGIの場合はプロビジョニングしたばかりの状態ではhttpsのアドレスに対して301リダイレクトがされていない状態ですので、下記のコマンドで301リダイレクトを行います。

kusanagi ssl --https redirect プロファイル名

ちなみに下記の例は間違いです。

kusanagi ssl -https redirect プロファイル名

違いは「–https」の部分です。他のブログでこの表記がされており、無効とされてしまいましたのでここで確認しました。

httpsへのリダイレクトはなぜ必要?

まずhttpsのメリットとデメリットは下記のページを御覧ください。

そのうえで説明しますと、実はhttpのアドレスとhttpsのアドレスは全く別のアドレスとして扱われます。

するとGoogleは重複コンテンツであると認識しますので、SEOに不利となります。

重複コンテンツの作成を避ける  |  検索セントラル  |  Google Developers

重複コンテンツを避けるためにも、必ずhttpからhttpsへの301リダイレクトを行うようにしましょうね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
たいしょん

岐阜のTECPRESSO株式会社でWebエンジニアとして働いています。
1992年生まれ。学生時代は野球と演劇をしていました。元技能五輪全国大会Webデザイン競技愛知県代表。
Apple製品をはじめとするガジェットやウェブサービス、デザインなどに関心があります。
特技は後悔のしない買い物術です。

たいしょんをフォローする
Web
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
タイトルとURLをコピーしました