每日お得なAmazonタイムセール開催中!詳しくはこちら

Mu6 Ringレビュー|空気伝導式で耳を塞がない開放型のワイヤレスイヤホン

Mu6 Ringレビュー

この記事は、Mu6 Ringのレビュー記事です。オープンイヤーで「空気伝導式」イヤホンの『Mu6 Ring』は、屋外の運動やテレワークなど、周囲の音にも気を配らなければいけないシチュエーションで役立つこと間違い無しです。

オーディオサングラス」って知ってますか?BOSEが発売した、サングラスをかけるだけで音楽が聴けるようになる製品です。

たいしょん

僕も発売当時はかなり惹かれるものがあったのですが、4万円と高価な上にサングラスを日常使いしないので避けていました。

ただしどうしても魅力的に映ったのは、今まで感じていたヘッドホンやイヤホンの装着感の課題を解決してくれるかもしれないと考えたからです。

  • ヘッドホンは長時間装着していると耳が蒸れやすい
  • カナル型イヤホンは長時間装着していると耳が痛くなる

今回ご紹介する「Mu6 Ring」は、BOSEと似たようなアプローチでありながらより安価に、しかもサングラスのように用途が限られるものではないのでよりさまざまなシチュエーションで使えるウェアラブルオーディオです。

Mu6 Ringの特徴や、使用感を徹底レビューしていきます。

Mu6
¥8,580 (2022/09/24 08:11時点 | Amazon調べ)

この記事はGenHigh様より、サンプル品をご提供いただき作成しています。

タップできる目次

1分でわかるMu6 Ringの特徴

Mu6 Ringがどんなイヤホンなのか、1分で分かるようまとめてみました。Mu6 Ringは、ロボット掃除機やバイノーラルイヤホンなどの開発を手掛ける「GenHigh社」が開発したオープンイヤー式のイヤホンです。

耳を塞がない開放型
Mu6 Ring

耳にかけるオープンイヤー式で、装着による圧迫感や閉鎖感から解放されます。

音の伝導は鼓膜を経由しないので、長時間に着装しても耳が疲れにくいです。

また周りの環境音をしっかり把握できるので、音楽鑑賞や語学学習をする時に、途中で人と自然に会話もでき、周囲の危険も察知できるので安全感が高いです。

たいしょん

他社のヘッドホンやイヤホンの外音取り込み機能より良かったです。

音振動感のない空気伝導式
Mu6 Ring

骨伝導ではなく、空気伝導の技術を採用しています。着装式のミニスピーカーなので、原音に忠実なサウンドを提供できます。

骨の振動による音質劣化問題がないため、耳の前にかかるだけ、指向性のあるよりクリアな音楽を楽しむことができます。

たいしょん

音質は安物の小型スピーカーを耳に当てている感覚です。
その分聴き疲れしにくく、かまぼこ型の音響特性で人の声は聞き取りやすいです。

大容量バッテリー内蔵
Mu6 Ring

RINGは高音質と低遅延を実現し、好きな音楽に浸ることはもちろん、ゲームの臨場感とテレビやスマホ動画の没入感があふれる体験を存分に楽しめます。

高性能のバッテリーで、1時間30分で満充電できます。フル充電の状態で70%の音量で約10時間連続再生が可能です。

たいしょん

1日仕事で使用しても問題ないバッテリー持ちでした!

通話・音声アシスタント対応
Mu6 Ring

本体にマイクが内蔵されます。着用する時に、ボタンを一回押すだけで電話に出ることができ、非常に便利です。運転中の通話、Web会議やオンライン授業でのコミュニケーションでも快適に使用できます。

ボタンを二回押すと音声アシスタントを簡単で呼び出すことができます。

たいしょん

電話に出る時にスマートフォンを取り出さなくてもいいので、かなり楽です。
MacとiPhoneを持っていれば、Macに接続するだけで電話に出ることができます。

さまざまなシーンで活躍
Mu6 Ring

さまざまな頭のサイズにフィットし、激しく動いても外れにくく、インドアやアウトドアの運動をする時にずれたり落ちたりしません。

自宅でテレワーク、オンライン授業、家事などの時にも周りの必要な音情報を聞き逃さずに快適に使用できます。

野外にもRINGをつけると、好きな音楽と癒しの自然音を同時に楽しめます。サングラスやメガネをかける方に優しい凹みデザインで、インドアだけではなく、アウトドアの運動にも最適です!

たいしょん

激しくヘドバンをしても落ちません。運動にも間違いなく最適です。

軽量化設計&快適な装着感
Mu6 Ring

35gの軽量化設計で、サウンドユニット部分にはメガネを干渉しない構造となっています。それにより、心地よい着装感を実現しました。

柔軟な材質を採用し、全体的な形は首の後ろに回るヘアバンドのように、スポーツ感のあるオシャレなスタイルを作れます。

たいしょん

頭と接する部分にクッションがある上、33gと軽量なので長時間使用しても疲れません。

Mu6 Ringの長所と短所は下記のようにまとめてみました。

Mu6 Ring
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 約33gと超軽量で長時間の使用が快適。
  • 頭を激しく振っても落ちないので運動に最適。
  • 音楽を止めれば外音がすぐに聞こえるので、家でつけっぱにしてもいい。
  • かまぼこ型の音響特性で人の声が聞き取りやすい。
  • 10時間のバッテリー持続時間で仕事でも便利。
  • マルチポイント接続対応でMacとiPhoneに同時接続対応。
  • ヘッドホンほど主張しないので、ビジネスにも最適。
  • 開放型なので耳が蒸れない。
デメリット
  • 音楽鑑賞用途では音質はそこまで良くない。
  • 音漏れがあるため図書館や電車内など公共の場所では使えない。
  • 防塵防滴性能の記載がなくどこまで耐えられるのか不明。
たいしょん

結論としては、音楽鑑賞用途ではおすすめしづらく、テレワークや運動時のBGM、スマートフォンと連携する用途でかなりおすすめできます。

Mu6
¥8,580 (2022/09/24 08:11時点 | Amazon調べ)

Mu6 Ringの開封レビュー

開封して付属品や外観をレビューしていきます。

付属品レビュー

Mu6 Ring
▲付属品
  • イヤホン本体
  • 説明書+保証書
  • 収納ポーチ
  • 充電ケーブル
  • 反射ストリップ

反射ストリップは例えば夜間に屋外でランニングをする際に、車の運転手に目立つようにするためのものです。

Mu6 Ring

必要な場合は、後頭部のバンド部分に貼り付けます。

Mu6 Ring

説明書は日本語でもしっかり記載がありました。

Mu6 Ring

イヤホン本体の外観レビュー

イヤホン本体の外観レビューをしていきます。

Mu6 Ring

イヤホン本体の色は「ダークブルー」です。艶消しで品がよく、ビジネス用途でも十分使えそうです。

右側面は、再生ボタンや音量ボタンがあります。左側面は、ロゴマークが付いています。

Mu6 Ring

後頭部に接する部分はシボ加工された合皮が貼られています。汗をかいてもベタベタしにくいです。

内側はクッションが付いており、ズレ落ちにくくなっています。また、技適マークも内側に記載がありました。マイクは右側に付いていますが、小さいながらしっかり声を拾ってくれます。

Mu6 Ring

スピーカーは内側と外側にそれぞれ穴が設けられています。音漏れはしやすそうですね。

Mu6 Ringの重量

Mu6 Ringは、実測で「32.99g」でした。

Mu6 Ring
▲Mu6 Ringの重さ

Mu6 Ringの大きさ

Mu6 Ringは、仕様表にもあるとおり「157 x 121 x 20mm」です。他のガジェットとも大きさを比較してみました。

Mu6 Ring
▲iPad miniとの比較

こちらはiPad mini 6です。ヘッドバンドのように装着するとはいえ、かなりコンパクトです。

Mu6 Ring
▲WH-1000XM4と比較

次に一般的なヘッドホンとも比較してみました。こちらは普段ミーティングで使用しているSONYのWH-1000XM4ですが、比較するとより細く見えます。

ドライバーサイズが16mmと重低音重視のイヤホンと同等の大きさのため、ここまで小さくできたと考えています。

Mu6
¥8,580 (2022/09/24 08:11時点 | Amazon調べ)

Mu6 Ringの仕様

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
Bluetooth通信距離10m
バッテリー容量190mAH
フル充電時間1時間30分
最大連続通話/再生時間9時間
待機時間200時間
充電ケーブルMicro-USB
サイズ157 x 121 x 20mm
重量35g
ダークブルー
待機時間200時間
▲Mu6 Ringの仕様

Mu6 Ringの使用感レビュー

ここからは、実際に操作した使用感をレビューしていきます。

基本操作

Mu6 Ringをスマートフォンに繋げた時の基本操作は、基本的に本体側面の3つのボタンで行います。

Mu6 Ring
▲側面のボタン類
Mu6 Ring
ーボタン音量ー(長押しで前の曲に戻る)
◯ボタン再生/停止・電話に出る(2度押しで音声アシスタントを起動)
+ボタン音量+(長押しで次の曲に移る)
▲各ボタンの役割
たいしょん

慣れれば問題ないですが、ボタンの配置を指だけで確認する必要があるので装着しながらの操作は最初は間違えやすいです。

ペアリング方法

使用前に、ペアリングを行います。ペアリングは以下の手順で可能です。

STEP
側面の「◯」ボタンを長押しする
Mu6 Ring

ペアリング時は、側面の「◯」ボタンを長押しします。長押しすると、ペアリングモードに移行します。

STEP
Bluetooth設定でMu6 Ringを探す
Mu6 Ring

スマートフォン側で「Mu6 Ring」を探し、ペアリングします。

基本的に一般的なBluetoothイヤホンと同じで、説明書をみなくてもすぐにペアリングできました。

たいしょん

ちなみにマルチポイント対応なので、MacとiPhoneに同時接続することも可能です。これはAirPodsすら成し遂げられなかったことで、仕事にも便利ですね。

装着方法と装着感レビュー

Mu6 Ringは下記の手順で装着します。

STEP
真っ直ぐに後頭部から耳にかけるように装着する
Mu6 Ring

まず、Mu6 Ringを後頭部から耳にかけるように装着します。

STEP
スピーカー部を曲げて耳にフィットさせる

次に、スピーカー部を曲げて耳にフィットさせます。11段階で調整できますので、ちょうどいい場所で止めます。

Mu6 Ring
Mu6 Ring

後頭部はこのように細くすっきりした印象です。わざと外れるように激しくヘッドバンキングしましたが、それでも落ちないぐらいフィットしています。

Mu6 Ring
たいしょん

仕事で実際に8時間ほど装着したままにしていましたが、ヘッドホンと違い蒸れず、カナル型イヤホンと違い異物感が少ないので快適でした。

運動にも最適そうですが、どこにも防塵防滴の記載がないので汗をかいた際にどこまで耐えられるかは不明です。

充電方法

充電は本体下部のUSBポートから行います。最近増えてきたUSB Type-Cではないので、付属のMicro USBケーブルで行うと良いでしょう。

ちなみにACアダプターは付属していませんので、別途用意する必要があります。

Mu6 Ring

バッテリー持ち

バッテリー持ちは公表値では音量70%で10時間でした。

僕の場合、仕事中にMacに接続して音楽を聴いたりミーティングに使ったりして8時間ほど使用しましたが、まだバッテリーが切れる様子はありませんでした。

たいしょん

1日中使用しても問題ないぐらい持ちます。

音質

ヘッドセットとはいえ、一応音質にもこだわっているモデルです。

着装式のミニスピーカーのようで、原音に忠実なサウンドを提供できます。骨の振動による音質劣化問題がなく、耳の前にかかるだけ、指向性のあるよりクリアな音楽を楽しむことができます。

個人的には、低音がバッサリと省かれて金属のような高い音も丸くなり、女性ボーカルが引き立つかまぼこ型の音響特性です。

ピアノソロなど音数の少ない音楽であればBGMとして聴けますが、ロックやメタルなど重低音も重視したい方にはおすすめできません。

たいしょん

人の声が聞きやすいチューニングなので、ボーカル中心の音楽やミーティングではピッタリです。

音漏れ

オープンイヤー型なので音漏れはします。音量50%ぐらいであればちょっとシャカシャカ音が漏れる暗いですが、それ以上だと少し何を話しているか聞き取れるぐらいです。

個人的に音量70%ぐらいでちょうどいいので、公共の場所では少し使いづらいです。

たいしょん

テレワークなら問題ないです。

音の遅延

iPhoneでYoutubeをよく見るのですが、音の遅延は気にならないほどでした。対応コーデックは非公表ですが、一般的なSBCです。

まとめ:テレワーク用途ならMu6 Ringの右に出るヘッドセットはないかも

Mu6 Ring

個人的に、テレワーク用途なら最強のヘッドセットだと感じました。そう感じた理由は下記の4点です。

  • マルチポイントでPCとスマートフォンに同時接続できる
  • 長い髪の方なら隠せるぐらいスピーカー部がすっきりしている
  • 中高音域がしっかり出るのでミーティングの声も聴きやすい
  • 約33gで軽量なのでずっとつけていても快適

最近毎日のミーティングで使用していますが、ヘッドホンやイヤホンを使うよりも快適で助かっています。

たいしょん

もし仕事用でヘッドセットを探しているのであれば、おそらく右に出るものはないと感じました。

長所
短所
  • 約33gと超軽量で長時間の使用が快適。
  • 頭を激しく振っても落ちないので運動に最適。
  • 音楽を止めれば外音がすぐに聞こえるので、家でつけっぱにしてもいい。
  • かまぼこ型の音響特性で人の声が聞き取りやすい。
  • 10時間のバッテリー持続時間で仕事でも便利。
  • マルチポイント接続対応でMacとiPhoneに同時接続対応。
  • ヘッドホンほど主張しないので、ビジネスにも最適。
  • 開放型なので耳が蒸れない。
  • 音楽鑑賞用途では音質はそこまで良くない。
  • 音漏れがあるため図書館や電車内など公共の場所では使えない。
  • 防塵防滴性能の記載がなくどこまで耐えられるのか不明。
Mu6
¥8,580 (2022/09/24 08:11時点 | Amazon調べ)
Mu6 Ringレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次