たいしょんブログのデザインが新しくなりました!

音響特性からこだわったBluetoothヘッドホン!Skullcandy HESH3レビュー

音楽
スポンサーリンク

新しくワイヤレスヘッドホンを買い足しました!その名はSkullcandy HESH3!

最近ヘッドホンを買い足しまして、結構良かったのでレビューしたいと思います!

そもそもなぜワイヤレスヘッドホンを買い足そうと思ったのか

現在SONYのMDR-1ABTを使っています。MDR-1系統はいわゆるハイレゾ音源を再生できるフラグシップモデルで、LDAC(990kbps相当の通信が可能なSONY発のコーデック)での音質は型落ちとなった今でも気に入っていました。

しかし使っていくうちに致命的な欠点に気づいたのです。

iPhoneで動画を見たときの音ズレがひどすぎます。体感でいうと1秒〜2秒ぐらい、、、

ちなみにコーデックは遅延が少ないと言われているAACに対応しているにも関わらずです。この傾向は新しく発売されたワイヤレスイヤホンのWI-1000xでも同じで、特にYoutubeアプリを使った際は1秒〜2秒ほど音ズレが発生します。多分デジタルアンプのS-MasterとiPhoneの相性がよくないと考えていて、実際アナログアンプ搭載のSONYのMUC-M2BT1はYoutubeを見ても音ズレが気にならなかったです。

最近寒くなってきましたし、ヘッドホンをそろそろ使いたかったので新しいヘッドホン探しの旅に出かけることにしました。

HESH3との出会い

実はHESH3は昨年の11月に発売していて、その際にすでに視聴していました。1万3000円ほどでしたが、SBCコーデックにしか対応していない割には高域もよく出ていて、低音も主張しすぎない自然な感じが気に入っていました。

ただその際に店員さんに色々な機種を勧めていただいて、結果的にMDR-1ABTを購入することに。ちなみにその方は欅坂46大好きな方で、平手ちゃんのイヤホンの機種を初めて当てて一時期話題になっていたそうです(笑)僕も一時期所有していたSE-215SPEですね。

HESH3との再開

それから1年後、ビックカメラでたまたまHESH3の限定モデルを見つけました。

Venueというノイズキャンセリング機能付きの新機種が出たばかりですが、税抜きで9000円代で安くなっていたので試しに視聴することに。とりあえずいくつか聴いてみたのですが、しばらくその場から動くことができませんでした。

音が良すぎてどの曲を聴いても生き生きしている、ずっと聴いていたい、そう感じたからです。

DA PUMPの「USA」を流したら胸を打つようなビートに酔いしれ、欅坂46の「ゼンマイ仕掛けの夢」を聴いたらアコースティック楽器の艶、ゆいぽんずの力強い歌声がより訴えかけるように聴こえました。

いや、これでYoutube見て音ズレがあったら話にならないよね。ましてやSBCコーデック、遅延があって当たり前といっても過言じゃありません。

・・・あれ、遅延が気にならない。

どうやら心配は杞憂に終わったようです。しかも今購入すればトートバックもついて、セールで普段より1000円安く購入できるということで即決しました。

なぜ低価格でもSkullcandyは音がいいのか?

実はSkullcandyの機種は今回だけでなく、過去にAviatorという人気シリーズのヘッドホンを所有していました。8000円前後のこのヘッドホンも装着感を除けばかなりいい音で、高音の綺麗さや女性ボーカルの艶はモニターヘッドホンに匹敵するほどに感じていました。では、なぜSkullcandyのヘッドホンは音質がここまで心地いいのでしょうか?

Skullcandyはオーディオブランドではなくカジュアルブランドである

Skullcandyはハイエンドを目指すのではなく、ストリートファッションに馴染むようなカジュアルブランドを目指しています。つまりなるべく低価格でラフに扱ってもいいような製品づくりを目指しているわけですね。なので「最も重要なポイントは、私達の製品は、棚に飾ったり、おしゃれなケースに入れるためではなく、使いこんでいただくために設計されています。」というリック・アルデン (Rick Alden) さんの言葉にも納得ですね。

理想的な音響特性を研究している

音質がいい直接的な理由はこちらでしょう。下記の図を見てください。

点線がSkullcandyが目指す理想的な音響カーブ、実線がHESH3の音響カーブです。

「フラットな音が本当にいい音なのか」という概念を疑い、研究した結果導き出した理想的な音響特性を発見したそうです。確か「REX40」という名前の40mmドライバーだったと思いますが、この音響特性にドライバーを最適化させて以降音質が劇的によくなったそうです。やっていることはもう1流のオーディオメーカーですね(笑)現にSkullcandyは全米で売り上げNo.1のメーカーでもあります。

HESH3は誰におすすめできるか

  • あまりヘッドホンに予算をかけたくないけどいい音で聴きたい。
  • 個性的なデザインのヘッドホンを探している。
  • とにかく色々なジャンルの音楽を聴く。

上記に当てはまる方は非常にお勧めできる機種ですので、ぜひ店頭でお試しくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
音楽
スポンサーリンク
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
タイトルとURLをコピーしました