每日お得なAmazonタイムセール開催中!詳しくはこちら

【レビュー】NIID DECODE Tech Slingbagはスナップ写真撮影に心強いバッグです

最近新しくカメラバッグを新調しまして、僕の理想としているバッグにめぐりあいましたのでレビューしていきたいと思います。

タップできる目次

僕がカメラバッグに求めている要件

レンズ沼と同じほど、カメラバッグの沼も深いです。私はOM-Dを購入するまではRICOH GRのみを使用していたため、バッグは普通のバッグでも大丈夫でした。

しかし一眼カメラはレンズを交換する、カメラ本体が大型化するということで、専用のカメラバッグがあるとより利便性も高くなるのではないかと考えるようになりました。

私が今回カメラバッグ選びを行う上で最低限の理想としている要件は以下のような内容です。

  • スリングバッグでカメラを取り出しやすい形式であること。
  • iPadが収納できること。
  • レンズ、カメラ本体、フラッシュ、財布が収納できること。
  • 撥水で水に強いこと。
  • デザインがかっこいいこと。
  • 普段遣いでも気にならない大きさ、デザインであること。
  • 電車での移動も考慮し、定期券が取り出しやすいこと。
  • 内部の区切りを自由に変更できること。
  • ペットボトルが入るポケットが有ること。
  • 1万円前後の手頃な値段であること。
  • 三脚が持ち運べること。

ここまでの要件を考えると、ありそうで実はなかなか無いです。スリングバッグの場合マンフロットやCADENのバッグがいいかなと考えていましたが、上記の要件をすべて満たすバッグではありません。

そんなときに見つけたのが、NIID DECODE Tech Slingbagでした。

結論から言います。このバッグはスナップ撮影を趣味にしている方にとって傑作といってもいいぐらいの完成度です。そして私の掲げた要件全てに合致する、そんなバッグでした。

今回はそんなDECODE Tech Slingbagをご紹介します!

機能の概要

DECODE Tech Slingbagの外観チェック

このバッグはおしゃれな梱包で配送されてきました。

ピークデザインの赤いアンカーを付けてみました。青色だったらもっと合いそうですね。非常におしゃれなデザインだと思います。

スリングバッグということで、片がけです。手持ちできる様になっており

革製のタグがおしゃれですね。

DECODE Tech Slingbagのいいところ

では、カメラバッグとして「DECODE Tech Slingbag」が優れている部分をご紹介します!

中身のパーテーションを自由に変えられる

まず、普通のカメラバッグのように中身のパーテーションが変えられます。私は側面からカメラを出しやすいように下記のイメージのような構成にしました。

ここにはあとストロボやレンズ、財布などを入れられ、非常に使い勝手がいい構成になっています。

片がけ+側面へのカメラ収納でスナップ撮影に最適

このDECODE Tech Slingbagは、側面からもバッグを開くことができます。

これによりバッグを前に持ってきた際に、すぐにカメラを取り出すことができるので街を歩きながらのスナップ撮影が非常にしやすいです。

また、防犯性も考えられているのかサイドジッパーはロックすることができます。不意に引っかかってカメラが落ちてしまう危険性も減りそうですね。

iPadも収納可能で撥水生地の採用やYKK製止水ジッパーで中身を雨から守れる

こちらのバッグはiPad12.9インチを収納できる様になっています。ただしMacBook Pro15インチモデルは収納できませんでした。

この部分が止水ジッパーになっており、もし雨が降ってきたとしても雨が浸水することを防ぐことができます。

また、本体の生地自体も撥水加工されていますので、防滴機構のOM-Dと組み合わせると非常に良さそうですね。止水ジッパーは普通のジッパーより開けにくいイメージでしたが、YKK製ということもありスムーズな開閉が実現されていました。

ペットボトル収納など細かい収納が充実

このバッグはメインの収納以外にも様々な収納スペースが確保されています。

この時期に嬉しいのが、ペットボトルを収納できるポケットがあることです。スリングバッグでペットボトル収納があるバッグは以外に少ないです。

また、私が一番うれしかったのが定期券を入れられるポケットがショルダー部分についていることです。

電車やバスを乗り継いでスナップ写真を撮りに行くときに、すぐにきっぷや定期券を取り出すことができます。

クイックリリースバックルが便利

DECODE Tech Slingbagは、「クイックリリースバックル」というショルダーストラップを簡単に取り外しできる機構が備わっています。

重い機材を入れたままかばんを下ろす際に、わざわざ頭上までバッグを持ち上げることなく下ろすことができます。

外しやすいので外れやすいのでは?と思ったのですが、簡単には外れない機構でナイキのバッグでも採用されている機構だそうです。

三脚も外付けできます

このバッグの底部分には、三脚を固定できるストラップが設けられています。

このバッグはそもそもカメラバッグではないのですが、細かいところまで非常に気が利いていますね。

スナップ撮影を行うカメラマンに必要な要素をすべて備えた究極のバッグだと思います

僕のカメラバッグの要件をすべて満たすDECODE Tech Slingbagは、今後OM-Dと一緒にスナップ撮影を行う上で心強い相棒になってくれると信じています。

カメラバッグで下記のような機能を必要としている方には、ベストな選択だと考えています。

  • スリングバッグでカメラを取り出しやすい形式であること。
  • iPadが収納できること。
  • レンズ、カメラ本体、フラッシュ、財布が収納できること。
  • 撥水で水に強いこと。
  • デザインがかっこいいこと。
  • 普段遣いでも気にならない大きさ、デザインであること。
  • 電車での移動も考慮し、定期券が取り出しやすいこと。
  • 内部の区切りを自由に変更できること。
  • ペットボトルが入るポケットが有ること。
  • 1万円前後の手頃な値段であること。
  • 三脚が持ち運べること。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次