Amazon Double Points Week開催中!

OM-D E-M1 MarkIIでおすすめのミラーレスカメラケース2点をご紹介します

カメラと写真
この記事は約5分で読めます。

ミラーレスカメラを購入してレンズも揃えて、次に揃えたくなるのはバッグやケースです。ミラーレスカメラを選択肢に入れている方の中には、持ち運びに苦にならないサイズ感に魅力を感じる方も多いことでしょう。

今回はOM-D E-M1 MarkIIで使用しているカメラケースについてご紹介します!

純正のソフトカメラケース CS-42SF

まずは、純正のカメラケースをご紹介します!

こちらのカメラケースは、OM-D E-M1系統のミラーレスカメラ専用設計の純正カメラケースです。あまり大きいサイズではないので装着する望遠レンズの中では合わないものもありますが、ED 12-50mm F3.5-6.3 EZや、ED 12-40mm F2.8 PROをつけたまま収納できる設計のようです。

まずは外観をチェック!

青いラインに黄色いポイントがアクセントになっていて、オリンパスのイメージカラーが表現されています。

高さはIPHONE XSより少し大きいぐらい

ここで大きさがどれぐらいかがイメージしやすいよう、iPhone XSを置いてみました。iPhone XSより少し大きいぐらいのサイズなので、いかにコンパクトなカメラケースなのかがお分かりいただけると思います。

中身はネオプレーン素材のような柔らかい素材で、クッション性はそこそこあります。外側はポリエステル素材で、少しの雨ぐらいであれば弾いてくれそうです

ストラップに止めておける

ストラップに止めておけるボタンが付いています。これを使用することで、ケースをぶら下げたまま撮影を行うことができるようになっています。

ただし、邪魔になりそうなのでそのような使い方はあまりしないと思います。

ベルトに止めておける

後ろ部分はベルトに止めておけたり、カラビナにつけてぶら下げておけるような引掛け部分があります。また、純正カメラバックパック CBG-12にも装着できるようになっています。

実際に入れてみましょう

まずは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を装着した状態で、フードを装着した状態で入れてみました。若干出っ張るようですね。こちらのレンズは推奨されているようですが、フードを装着した状態では厳しそうです。

次に、フードを逆着けした状態で入れてみました。こちらはぴったり収まります。

つまり、フードを装着していない、または逆着けで入れることを想定されているようです。

首から下げてみる

では、首から下げたらどうなるのかを試してみます。

ストラップを通す隙間が設けられているのですが、2箇所しか無いのでどうしてもレンズが前に出てしまいます。

ニンジャストラップなどレンズが下を向くストラップを着けている方は、上記のような状態になることが理想ですよね。レンズの重心が下に向くので、スッキリします。

この点においては、もう少し設計を考え直してほしかったと思います。

TSC ソフトインナーボックス S SIB-201 BKR

こちらのカメラケースは、たまたまビッグカメラさんで見つけて発見したケースです。

収納が多くて使いやすい

外側は、前後にそれぞれ2つのポケットがあります。SDカードなどを入れるとちょうど良さそうですし、このバッグだけで散歩をするなら定期ケースなども入りそうです。

中身はベルクロで仕切りが1つはいっています。例えばひらくPC バッグを使っている方は、あの仕切をこのケースでも使うことができます。

小さめのカメラであれば、単焦点レンズをつけてもう一本単焦点レンズを入れるのに良さそうですね。

カメラを入れてみます

では、実際にカメラを入れてみます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROでフードを付けた状態でも余裕です。

もしやと思いM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを装着した状態で入れてみました。

この通りピッタリです!スナップ写真を撮影するときはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを使用する頻度が高いので、こちらのケースのほうが良さそうです。

取っ手付きなのでインナーバッグとして使いやすい

純正ケースは取っ手がついていませんでしたが、こちらのバッグは丈夫に取っ手がついています。

ですので、リュックの中に入れても非常に取り出しやすく仕上がっています。

カリマーのセクター25にもカメラケースが入ります

価格コムさんで投稿した際におすすめいただいたリュックなのですが、カリマーのセクター25というリュックにもピッタリ入ります。

まとめ

では、状況ごとにおすすめのカメラケースをまとめます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40MM F2.8 PROをつけっぱなしの方におすすめのケース

この場合は、純正のCS-42SFがおすすめです。専用設計なのでサイズもぴったりですし、デザインもスマートでインナーバッグとして使いやすいと思います。

ちなみにAmazonでご購入されたほうが定価より3,000円ほどお安く購入できます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100MM F4.0 IS PROをつけっぱなしの方におすすめのケース

TSC ソフトインナーボックス S SIB-201 BKRがおすすめです。大きさも専用設計かというぐらいぴったりですし、外側の収納部分も充実しています。スナップ撮影にも非常に使いやすいケースと言えるでしょう。

TSC ソフトインナーボックス M SIB-202 BKR ブラック/レッド
CST-Berger
¥1,620(2021/08/26 21:13時点)
デザインと機能性にこだわったおしゃれなボックスタイプのカメラポーチ(Mサイズ)。
タイトルとURLをコピーしました