【レビュー】PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolは質感重視の人におすすめ[PR]

本記事は、PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolのレビュー記事です。マルチツール(十徳ナイフ)つきで、ドライバーやカッターなどいざという時に役立ちます。

AppleのAirTagは、iPhoneで貴重品を探すのに役立っていて僕も現在6つ使っています。

たいしょん

鍵がどこにあるのか探すのに便利なんですよね。

AirTag
公式サイトなら絵文字プリントもできるAirTag

バッグや車のキーにAirTagをつける時は、キーホルダー付きのケースに入れて取り付けるのがセオリーです。とはいえ、だいたいどのメーカーも似たようなデザインの物がほとんど。素材で差別化している製品が多いです。

そんな中、PITAKA AirTag ケースは五角形でステンレス素材を用いたクールで高級感ある個性的なケースに仕上がっています。

スマートキーとPITAKA AirTag ケース

個性的なデザインにマルチツールの機能性も搭載し、「ちょっとネジを外したい」「ちょっと紙を切りたい」などいざという時に役立つAirTagケースです。

たいしょん

スマートキーの電池交換で使っています。

PITAKA AirTag ケース

今回はPITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolがどんな特徴のケースなのか、実際の使用方法も交えながらレビューしていきます!

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-tool
総合評価
( 4 )
メリット
  • マルチツールでいざという時に便利
  • AirTagを保護しながらキーやバッグにかんたん装着
  • 高級感ある個性的なデザインでかっこいい
デメリット
  • 付属のカラビナが1種類だけ
  • 価格が7,000円超えと高価
  • ステンレス素材なので若干重い

この記事はPITAKA様より製品提供を受けて作成しています。内容に関して一切指示はありません。

タップできる目次

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolの特徴

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolは、下記の特徴を持っています。

マルチツールでいざという時に便利

PITAKA AirTag ケース

PITAKA AirTag ケースは、下記の4種類のマルチツールがついているAirTagケースです。

  • 2.0mm六角レンチ (形状:□)
  • プラスドライバー (形状:+)
  • マイナスドライバー(形状:ー)
  • ポケットナイフ
たいしょん

例えば車のスマートキーの電池交換など、本格的なDIYではないけどちょっとした作業に便利です。

PITAKA AirTag ケース
PITAKA AirTag ケースでスマートキーを開けている

AirTagを保護しながらキーやバッグにかんたん装着

かばんにも装着できるカラビナつき

PITAKA AirTag ケースはカラビナつきで、バッグや車のキーにかんたんに取り付けできます。また、キーホルダー部分のパーツは交換できますので、自分の好きなものに取り替えできます。

カラビナは取替可能

高級感ある個性的なデザインでかっこいい

PITAKA AirTag ケースの表面

PITAKA AirTag ケースは、ステンレス素材サージカルステンレス(316L)製で頑丈かつ高級感ある素材を使用しています。また、内部にはシリコン素材を採用しAirTagを衝撃から守ってくれます。

背面はAirTagのデザインを損なわないよう穴があけられており、キーの絵文字をプリントしたAirTag表面もしっかり見ることができます。

PITAKA AirTag ケースの裏面
たいしょん

AirTagについている絵文字も活かせます!

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolの開封レビュー

では、PITAKA AirTag ケースを開封しながら付属品などを見ていきましょう。

PITAKA AirTag ケースの外箱

PITAKA AirTag ケースは下記の付属品が入っています。

  • 本体
  • カラビナ x 1
  • クイックスタートガイド x 1
  • 六角レンチ x 1
  • 予備用ネジ x 2枚
PITAKA AirTag ケースの付属品一式

重さ

PITAKA AirTag ケースの重量は、本体のみで46.19gです。明治の板チョコ1枚分と同じぐらいの重さです。

本体のみで46.19g

AirTagを入れた状態だと69.01gでした。卵1個分と同じぐらいの重さですね。ステンレス素材なので当然AirTag単体のときより重くなりますが、高級感ある外観と相まって見た目より重厚感を感じられます。

AirTagを入れた状態だと69.01g

大きさ

PITAKA AirTag ケースの大きさは、本体とカラビナ部分を合わせると長さ86.1mm幅は46mmでした。

手持ちのマツダデミオのスマートキーより若干長いぐらいのサイズ感です。

スマートキーと同じぐらいの大きさ

厚みは12.2mmで、マルチツールがついている割には薄く感じました。

仕様まとめ

サイズ本体とカラビナ部分を合わせた長さ:86.1mm
幅:46mm
厚さ:12.2mm
重さ本体のみ:46.19g
AirTagを入れた状態:69.01g
素材ステンレス、シリコン
使えるマルチツール2.0mm六角レンチ
プラスドライバー
マイナスドライバー
ポケットナイフ
仕様表

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolの使用方法

では、実際にPITAKA AirTag ケースにAirTagを装着して使う方法を紹介します。

STEP
ケースのプレートを回して外す

まず、PITAKA AirTag ケースにあるプレートを反時計回りに回して外します。

かんたんに外れない場合は、手のひらで両側を押さえつけながら回すと外しやすいです。外れるとこのようにAirTagを入れるスペースが出てきます。

STEP
AirTagをケースに入れる

次に、PITAKA AirTag ケースにAirTagを入れていきます。AirTagの銀色の面がプレート装着面を向くように入れます。

もしAirTag表面に絵文字などプリントがされている場合、ずれる場合があるのでリンゴマークがずれていないかしっかり確認します。

STEP
プレートをはめ直して完成

最後に先程外したプレートを時計回りに回してはめれば完成です。

PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolのレビューまとめ

今回は、PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolをレビューしました。没個性的なAirTagケースが多い中、ステンレス素材で高級感を演出、そしてマルチツールで機能性をプラスした唯一無二のAirTagケースに仕上がっていると感じました。

他の人とは違うカッコよくて機能性のいいAirTagケースを探している方は、ぜひPITAKAのAirTagケースを検討してください!

メリット
デメリット
  • マルチツールでいざという時に便利
  • AirTagを保護しながらキーやバッグにかんたん装着
  • 高級感ある個性的なデザインでかっこいい
  • 付属のカラビナが1種類だけ
  • 価格が7,000円超えと高価
  • ステンレス素材なので若干重い

おすすめできる人・できない人

PITAKA AirTag ケースをおすすめできる人とできない人は下記のようにまとめました。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • AirTagを使っていて、個性的で高級感のあるケースを探している人
  • マルチツール(十徳ナイフ)を車のキーにつけている人
  • PITAKA製品のファン
  • キーホルダーとして使わずにAirTagをかばんの中に入れている人
  • コストパフォーマンス重視の人
たいしょん

細かい部分にもかなりコストが掛けられている製品なので、品質重視の人はおすすめです!

8/15までプレゼント企画を実施中

当ブログのTwitterアカウントフォロワー数1000人を突破した記念に、PITAKA AirTag ケース Pita!Tag for Multi-toolを1名様にプレゼント

応募要件
たいしょん

8月15日まで受け付けていますので、ぜひご参加ください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次