每日お得なAmazonタイムセール開催中!詳しくはこちら

【レビュー】PITAKA Apple Watchバンド|PITAKA Apple Watchケースとも相性のいいビジネスやフォーマルにも合うバンド

PITAKA Carbon Fiber Watch Band

こんにちは!たいしょん(@taishonpresso)です!

今回は、PITAKAピタカのApple Watchバンドをレビューします。

Apple Watch 7のブルーアルミニウムモデルのスポーツバンドは、ビジネス用途や冠婚葬祭ではちょっとカジュアルすぎますよね。

男らしいかっこよさ、かつビジネスやフォーマルにも合うバンド」を探している方は、ぜひ今回紹介するPITAKAのApple Watchバンドを試していただきたいです。

スーパーカーにも使用されるカーボン素材100%使用で、見た目の重厚感からは考えられないほどの軽量さを合わせ持っていますよ。

今回はPITAKA様よりサンプル品を提供いただきましたので、PITAKA Apple Watchバンドの外観や使用感について徹底レビューします。

タップできる目次

PITAKA Apple Watchバンドの特徴

PITAKAといえばアラミド繊維のかっこいい超軽量なスマートフォンケースを発売しているなど、素材感を出してかっこよさと軽量さを演出するのが得意なメーカーです。

そんなPITAKAから発売されたApple Watchバンドは、最新のApple Watch 7をはじめすべてのシリーズで使用できるラインナップを揃えています。

PITAKA以外でカーボンファイバーで作られたApple Watchバンドはなく、唯一無二のデザインです。

重要な場面ではもちろん、ビジネス用途、クールに決めたいカジュアル用途にもマッチします。

PITAKA Apple Watchバンドはこんな製品です
  • カーボンファイバー製でフォーマルなかっこよさかつ軽量
  • 特許取得のマグネット式クラスプ留め金でつけ外しが簡単
  • モダンとレトロの2つのバリエーション
かっこいい!

ブレスレット部分の形状で「モダン」と「レトロ」の2タイプから選択することができます。

たいしょん

今回は「モダン」をレビューします!

モダンはこちら

レトロはこちら

PITAKA
¥9,299 (2022/09/30 23:17時点 | Amazon調べ)

PITAKA Apple Watchバンドの外観・デザイン

PITAKA Apple Watchバンドは、箱に入っています。

箱の中にマグネットが内蔵されており、不意に中身が飛び出さないよう工夫されています。

PITAKA Apple Watchバンドの箱

付属品は下記の3点でした。

  • PITAKA Watch Band x 1
  • 調整用のピン x 1
  • 予備のコマ x 2。
PITAKA Apple Watchバンドの付属品

こちらがバンド本体です。

カーボンの質感がため息が出るほどかっこいい。

PITAKA Apple Watchバンド

クラスプ留め金部分はPITAKAのロゴが刻印されています。

最近アップデートされたそうで、マグネット部分にカバーが付いたのでびにくくなりました。

クラスプ部分の刻印

クラスプ留め金をくっつけた状態では、一面がカーボン調となり統一感があります。

PITAKA Apple Watchバンド

実際にApple Watch 7に取り付けてみましたが、スポーツバンドにはないフォーマルかつクールな見た目に自然と頬が緩みました。にやけました

Air CaseなしのApple Watch 7
たいしょん

見た目の重厚感とは裏腹に軽さが際立ちました。

PITAKA Apple Watchバンドのメリット(良いと感じた点)

ここからは、実際に使用してみて感じたメリット(良いと感じた点)やデメリット(気になった点)を紹介します。

たいしょん

僕が感じたメリットは下記の3点です。

カーボンファイバー製でフォーマルなかっこよさかつ軽量

PITAKA Apple Watchバンドで感じたメリットは、フォーマルでも通用するかっこよさかつ軽量さを両立している点です。

今までフォーマルな腕時計のバンドと言えば金属製が主流で、その分重さが気になっていました。

しかしPITAKA Apple Watchバンドは高級感と重厚感がありながら、スポーツバンドに近い身軽さを兼ね備えています。

実際にApple Watch 7に付属していたスポーツバンドと重さを比較してみましたが、その差はたった2gでした。

モデル重量
Apple純正スポーツバンド59.01g
PITAKA Apple Watchバンド61.01g
バンドの重さ比較

この軽さなら仕事以外の日常使いでもストレスフリーですし、どこにでも出かけたくなりますね。

特許取得のマグネット式クラスプでつけ外しが簡単

PITAKA Apple Watchバンドは、特許取得のマグネット式クラスプ留め金を採用。

クラスプ部分

実はマグネット式ってすごくつけ外しが簡単なんですよね。

下記のGIF画像は実際に片手でクラスプを装着している様子ですが、「あれっ、いつの間に取り付けたの?」と言わんばかりのスピードで取り付けが完了します。

マグネットクラスプを使用している様子
マグネットクラスプを使用している様子

外すときは両サイドのボタンを押せば、クラスプが外れます。

金具がしっかり噛んでいますので、マグネットとはいえ不意に外れてしまうこともありません。

スクラブを取り外す様子

バンドに変なクセがないので充電しやすい

PITAKAのバンドは、変なクセがないのでApple Watchのワイヤレス充電がしやすいです。

変なクセって何?と感じるかもしれませんが、実際にBelkin MagSafe対応3-in-1ワイヤレス充電パッドでApple Watch 7を充電している様子をご覧ください。

下記のイメージはApple純正のスポーツバンドで充電している様子ですが、横にパカッと開いており隣のワイヤレス充電部分に干渉しています。

スポーツバンドを装着して充電している様子

おとなしく留め具で開かないようにすればいい話ですが、毎回留め具で閉じて充電しなければいけないのはちょっとストレスです。

しかしPITAKA Apple Watchバンドは、ブレスレット部分が折れ曲がる構造ですのでクラスプ留め金を留めなくても邪魔になりません

PITAKAのバンドで充電している様子
たいしょん

Apple Watchって毎日充電するので、そのストレスが少しでも減るって大きいですね。

PITAKA Apple Watchバンドのデメリット(気になった点)

たいしょん

PITAKA Apple Watchバンドを使ってみて感じたデメリットは下記の2点です。

バンドの調整が若干難しい→慣れればOK

スポーツバンドの場合は、腕のサイズと合う位置に近い穴にピンを挿して調整可能でした。

しかしPITAKAのバンドはマグネット式で、ビジネス向けの腕時計のようにピンを挿して調整を行う必要があります

最初のうちは慣れずピンがなかなか外せなかったので、器具なしでバンドの長さを調整できるApple Watchのスポーツバンドの方が楽に感じました。

調整していないバンド
調整していないバンド
たいしょん

しかも開封したばかりのバンドの長さは余分なので、調整必須です。

器具が必要でバンドの長さを調整するのが少し手間ですが、すでにビジネス向けの時計を持っていて慣れている方や、穴にピンを挿してコマを外すコツがつかめれば難しくありません。

僕はPITAKA公式チャンネルの解説動画を見てそのとおりにやったらできたので、もし購入後のバンドの調整に不安がある方はぜひ下記の公式チャンネルの説明動画を見てみましょうね。

PITAKA公式チャンネルのバンド調整動画

カラーバリエーションは1色のみ

PITAKAのバンドはカーボン製のため、柄のバリエーションはありますがブラックのみです。

例えば僕のようにブルーアルミニウムモデルの場合、本体の青とバンドの黒で色が違うので少し統一感がなくなります。

Air CaseなしのApple Watch 7
Air Case未装着状態

よりフォーマルでPITAKA Apple Watchバンドと統一感を出したい場合は、カーボン風のPITAKAのAir Caseを併用するとどんな色のApple Watchでも合います。

PITAKAのAir Case
Air Case装着状態

Air Caseはアラミド繊維という防弾チョッキにも採用されている素材を使用し、薄さ0.85mm重量は1gを切る0.72gとまるでケースをつけていないかのような感触です。

Air Caseの重量を計測している様子
Air Caseの重量

Spigenシュピゲンのラギッド・アーマーの4.15gと比べても一目瞭然いちもくりょうぜんの軽さで、より身軽にApple Watchを保護したい方はぜひAir Caseも併用してPITAKAでトータルコーディネートをしてみてください。

Spigen ラギッド・アーマー
Spigenラギッド・アーマーの重量
たいしょん

PITAKA Apple Watchバンドを買ったらAir Caseもおすすめです!

PITAKA Apple Watchバンドのレビューまとめ

今回は、PITAKA Apple Watchバンドをレビューしました。

カーボンファイバー100%使用で、重厚感と軽量さを実現したPITAKAらしいApple Watchバンドでした。

使い勝手の面でも、マグネット式クラスプ留め金で着脱が簡単、かつ充電時のブレスレットの収まりも良いなど、ストレスフリーな仕様になっています。

PITAKA Apple Watchバンドはこんな方におすすめ!
  • フォーマルやビジネスなど大事な場面でかっこよく決めたい。
  • Apple純正バンドにはない個性的なバンドを探している。
  • 軽量かつ丈夫で長く使えるApple Watchバンドを探している。
たいしょん

こだわりの強い方はぜひPITAKAを選んでみてください。
以上、ガジェットブロガーのたいしょん(@taishonpresso)がレビューしました!

モダンはこちら

レトロはこちら

PITAKA
¥9,299 (2022/09/30 23:17時点 | Amazon調べ)

Air Caseはこちら

PITAKA Carbon Fiber Watch Band

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次