レビュー依頼はこちらからどうぞ!

固定費が削減できる!楽天ポイントを楽天カードの支払いに充てる方法

お得な買い方・節約術
この記事は約3分で読めます。

突然ですが、あなたは楽天ポイントを使ったことはありますか?楽天ポイントは、昨年9月13日に累計発行ポイントがなんと2兆ポイントを達成した、日本を代表するポイント制度です。

「楽天ポイント」、累計発行ポイント数が2兆ポイントを突破
楽天グループ株式会社のプレスリリース(2020年9月25日 10時39分)、累計発行ポイント数が2兆ポイントを突破

では、その楽天ポイントの「使い方」を意識して使ったことはありますか?

  1. 楽天市場で使用する。
  2. 楽天ポイント対応の店舗で使用する。
  3. 楽天ペイで使用する。
  4. 楽天モバイルの契約料に使用する。

など、利用できる用途はかなり多岐に渡ります。

では、例えばこのように感じたことはありませんか?

  1. ネットの通信費や電気代など固定費に楽天ポイントを使いたい。
  2. 楽天ポイント対象外の店舗の支払いも楽天ポイントで支払いたい。

楽天のサービスで使用できることは当たり前ですが、もしクレジットカードで支払っている固定費に楽天ポイントの支払いを充てることができたら、かなり便利ですよね。

実はできます。

今回は実際に楽天カードの支払いに楽天ポイントを使用する前提条件や、使用方法をまとめていきます。

楽天ポイントを楽天カードの支払いに充てる前提条件

まず、楽天ポイントを楽天カードの支払いに充てる前提条件として下記の条件があります。

  1. 使用できるポイントは50~最大500,000ポイントの範囲まで(ダイヤモンド会員以外:50~30,000ポイント)。
  2. 期間限定ポイントや楽天キャッシュ、他社から交換したポイントは対象外。
  3. ポイント支払い申請期限は毎月12日(請求確定金額反映後)~最長24日。

これだけを抑えておけば、準備はOKです。

ポイントを月々のお支払いに!ポイントで支払いサービス
ポイントの便利な使い道!ポイントで支払いサービスでは、楽天ポイントを1ポイント1円相当として、月々のお支払いにご利用いただけます。

楽天ポイントを楽天カードの支払いに充てる方法

まず、楽天カードe-NAVIにログインしましょう。

その後、お支払い関連サービスの欄に「ポイントで支払い」というリンクがありますので、クリックしていきます。

【楽天】ログイン

次に、使用するポイント数を入力していきます。ご利用可能ポイント数の欄にあるポイント数が、現在利用できるポイントの上限となります。

完了したら「確認画面へ進む」をクリックします。

内容が正しいことを確認したら、「申し込む」をクリックします。

完了画面が表示されたら、申込み完了です。

楽天カードを使用している前提にはなりますが、それでも比較的溜まりやすい楽天ポイントを固定費や他の楽天ポイントに対応していない店舗での支払いにも充てられるのは便利ですね。

タイトルとURLをコピーしました