Amazonで本日限定タイムセール開催中!

Re:CLEAN 30Lレビュー|カメラやレンズのカビ対策にぴったりな防湿庫

URLをコピーする
URLをコピーしました!

突然ですが、カメラやレンズをどのように保管していますか?押し入れにしまっている、机の上に置いている、様々な意見があるでしょう。

では、そんなカメラ機材のカビ対策はできていますか?日本は諸外国にくらべ高温多湿の国です。当然そんな環境はカビが発生しやすいです。

机に置きっぱなしにしている方は特に注意で、ホコリはカビの餌となりますのでかなり危険な保管方法です。

https://haezclean.com/manual/boukabi

そんな事態にそなえ、コンデジを使っていたときは100均の自作ドライボックスを使用していました。

あわせて読みたい
【セリア】300円ちょっとでカメラ(コンデジ)のドライボックス(防湿庫)を自作した話 100均のセリアで300円ちょっとでカメラのドライボックスを自作しましたので、その工程をご紹介します。

しかし当然ミラーレス一眼となると本体も大きくなり、レンズも増えていきます。当然自作のドライボックスでは限界がきます。また、除湿剤の交換は結構面倒で、外に干して再度使えるタイプでも半年経たずに悪くなります

そこで2年前、本格的に機材を保管しようと購入したのが「Re:CLEAN」という防湿庫です。今回はこちらの防湿庫の30Lモデルをレビューしていきます。かなり満足度の高い防湿庫でしたので、最後までぜひ読んでいただけると幸いです。

タップできる目次

Re:CLEAN 防湿庫の概要

Re:CLEANの防湿庫はインテリア性にこだわり、シンプルなデザインでロゴも小さく、LEDの搭載もミニマムになっています。

Re:CLEAN 防湿庫の概要
Amazonページより引用

ラインアップは21Lから最大125Lまで揃っており、自分の機材数に応じて幅広いサイズの選択肢があることがポイントです。

Re:CLEAN 防湿庫の概要

80Lバージョンをフリー写真素材サイト「ぱくたそ」登録カメラマンのはろさんがレビューされていますので、もし大きいサイズも検討されている方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

30Lモデルの仕様は下記です。

容量30L
電源100V(50/60Hz)
消費電力3.5W
対応湿度範囲25%~75%RH
材質スチール(本体)強化ガラス(扉)
本体サイズ(外寸)H:41.5cm(脚含む) W:29cm D:36cm(ハンドル、湿度パーツ含む)
本体サイズ(内寸)H:30.5cm W:26cm D:28cm
合計収納面積1284.89㎠
本体重量6.2kg
仕様表
魅力
イマイチなところ
  • 除湿剤の交換いらずで除湿効果が抜群
  • カメラ機材をたっぷり収納可能
  • 静音性が高く無音
  • 機材を取り出しやすいうえに鍵付き
  • 高級感がある
  • マグネットで外付け収納可能
  • 5年保証
  • 30Lで10,000円という破格の安さ
  • 上部のトレーは扉に干渉しやすい
  • ACアダプタが大きめ

最初の1台に30Lサイズの防湿庫を選んだ理由

僕が様々なサイズがある中で、最初の1台に30Lの防湿庫を選んだ理由は次の3点です。

選んだ理由
  1. 上下に収納を分けることができる最小サイズ。
  2. 25Lとの価格差が1,000円しかない。
  3. 上のサイズが50Lなので、流石に大きすぎる。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

では、2年間Re:CLEAN 30L 防湿庫を使ってみて感じた、魅力をご紹介します。

除湿剤の交換いらずで除湿効果が抜群

まず、除湿剤の交換いらずで強力な除湿能力を発揮してくれる点が魅力です。具体的には、部屋の湿度が70%ぐらいだったのですが、30分ほどで50%まで下がってくれます

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力
Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

カメラ機材にとっては30〜50%が適切な湿度なので、しっかり50%まで下がってくれるのはありがたいです。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

除湿の調整は防湿庫内のコントローラーのつまみで調整可能で、適切な湿度に下がらない場合は右側に回していくとより高い除湿能力になります。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

そしてこの湿度計ですが、日本製で岩手県の職人と共同開発によって誤差3%以内を達成した優れものです。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

取り付けもマグネットでくっつけるだけなので、取り付けやすかったです。この湿度計の数値が正しくなかったら防湿庫の意味がないので、除湿能力の次に大事な湿度計の精度もかなり高いのは防湿庫として最高の条件が揃っていいますね。

カメラ機材をたっぷり収納可能

ミラーレス一眼初心者だった僕は、レンズをつけたカメラ、望遠や単焦点レンズ、マクロレンズ数本、その他コンデジも入れることを想定して30Lのサイズを選んでいました。コンデジは稼働率がかなり高いので防湿庫には入れていませんが、現在下記の機材が防湿庫に入っています。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力
内容
  1. レンズを付けたミラーレス一眼2台
  2. レンズ5本
  3. ストロボ

収納イメージとしては、上部のトレーにレンズをつけたカメラ、下部に交換レンズとストロボを収納しています。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

このように上部は引き出せるトレーになっていますので、取り出す頻度の高い機材を置いておくのに便利です。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

トレーのレールは高さ調整可能なので、収納する機材によって空間の仕切りを変えられるのもいいですね。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力
Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

ストロボを入れていなければまだまだレンズが入りますので、十分な収納力といえますね。

上下にしっかり厚みのあるクッションがついてきますので、機材を傷つけることがなく安心して収納できます。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

静音性が高く無音

僕はベッドの横にこの防湿庫を置いていますが、1年以上使っていて一度も騒音に悩まされていません。防湿庫に耳をくっつけても、無音です。それはペルチェ式という除湿方式を採用しているからで、振動が発生しないため静音性に優れています

もし寝室に防湿庫を置きたいという方でも、安心して置けます。

機材を取り出しやすいうえに鍵付き

有名な他社の防湿庫ではHAKUBAなどがありますが、実はHAKUBAの防湿庫には取っ手がありません。Re:CLEANの防湿庫は全シリーズに取っ手がつき、かつロックできる鍵もついています

この取っ手があるとガラス面に触れることなく防湿庫を開け閉めできるので、かなり気に入っているポイントです。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

また、防犯の観点から鍵付きもありがたいです。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

高級感がある

インテリアとしての防湿庫を追求しているRe:CLEANは、他社にくらべロゴや余計な装飾がなく高級感があり、シンプルな室内空間でも馴染みます。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力
Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

僕の場合は下記のようにして置いていますが、奥行きがカラーボックスにぴったりでサイズ感も気に入っています。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

取外し可能なゴム足で制振性も高く、若干内側にあるので防湿庫より一回り狭いスペースにも設置可能です。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

マグネットで外付け収納可能

外装はスチールでできていますので、例えばマグネットをくっつけて収納を増やすことも可能です

おすすめはダイソーの「くっつく缶ケース」という商品で、ここにピークデザインのカフやカメラストラップを入れて保管しています。

Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力
Re:CLEAN 30L 防湿庫の魅力

5年保証

Re:CLEANの防湿庫は、5年間の保証がついています。ライバルのHAKUBAは20Lモデルを除けば3年保証なので、2年の優位性があります。5年間あれば安心して使えますね。

30Lで10,000円という破格の安さ

例えばHAKUBAの場合、25Lで19,800円です。Re:CLEANの防湿庫は、30Lで10,800円5L多く収納できるのに9,000円安いです。

いまいちな点

気に入って使っているRe:CLEANの防湿庫ですが、少し不満に感じているいまいちな点もご紹介します。

上部のトレーは扉に干渉しやすい

まず、上部のトレーが扉に干渉しやすい点がいまいちに感じました。例えば90度まで開いても、上部のトレーは引き出せません。

いまいちな点
トレーが干渉している
いまいちな点
120度ぐらい開ければ干渉しない

これの何が不便かというと、防湿庫の右側を壁に寄せて設置するとトレーが引き出せない点です。実は数ヶ月前まで防湿庫の右側を壁に寄せて使用していたのですが、トレーが引き出せなくて機材の取り出しに苦労しました。

ACアダプタが大きめ

重箱の角をつつくような指摘ですが、ACアダプタ本体が大きめなので電源タップによっては干渉するかもしれません。僕の場合一般的なコンセントにつけているので問題ないですが、間隔の狭い電源タップを使用している場合はご注意ください。

最初の1台におすすめしたいRe:CLEANの防湿庫

ミラーレス一眼カメラを購入してすぐにこのRe:CLEANの防湿庫を購入して2年が経ちましたが、まだ機材もたっぷり入り不具合もなく機能しているため大変満足しています

このクオリティで10,800円の防湿庫は、他社ではあまり見たことがありません。ぜひミラーレス一眼カメラを購入した方の1台目の防湿庫として、このRe:CLEANの防湿庫をご検討ください!

魅力
イマイチなところ
  • 除湿剤の交換いらずで除湿効果が抜群
  • カメラ機材をたっぷり収納可能
  • 静音性が高く無音
  • 機材を取り出しやすいうえに鍵付き
  • 高級感がある
  • マグネットで外付け収納可能
  • 5年保証
  • 30Lで10,000円という破格の安さ
  • 上部のトレーは扉に干渉しやすい
  • ACアダプタが大きめ

Amazonでのお買い物は現金チャージがお得!

Amazonギフト券チャージ

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

たいしょん

僕も利用してAmazonでお得に買い物をしています!

昨年は合計で約5,000円分得しました。

\ 見るだけなら無料! /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事の感想や質問をお待ちしています!

コメントする

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる