記事をシェアする

Google Search Console(その名もサチコ!)でページをインデックスさせる方法

記事をシェアする

Google Search ConsoleのFetch as Googleで、ページを早くクロールさせる方法を紹介します!

スポンサーリンク

はじめに

ブログ記事を更新したら、なるべく多くの人に見てもらいたいということは共通意識としてあります。学生ならSNSで拡散するなど方法はありますが、検索エンジンからの流入も多いのでなるべく早くクローラーにページを読み込んでインデックスさせる必要があります。ですが、更新してもなかなか検索結果に反映されないことが多いと思います。そこで、今回はなるべく自分のページを早くインデックスさせ、検索結果に反映させるための方法を書いていきたいと思います!

Google Search Console(サチコ)とは?

Google Search Consoleは、以下のように紹介されています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために使うツールがサチコです。以前までWebマスターツールという名前でした。検索結果に表示させること以外にも、例えば自分のサイトにどのようなキーワードで流入してくるのかをしることができたり、逆SEO(検索結果の順位を下げる)もできます。

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleは、登録したサイトURLにクローラーが早く着くようにするためのツールです。

Fetch as Googleの画面

試しに「やっちまった!baserCMSの管理画面にログインできなくなった時の対処法」をインデックスに登録させてみます。

URLを入力して取得ボタンを押す

次に、URLの確認が取れたら「インデックスに送信」ボタンを押します。

インデックスに送信ボタンを押す

これで一応登録完了です。登録してから数分でクローラーがサイトに来て、インデックスに登録してくれます。実際に、「baserCMS 管理画面 入れない」で検索して見てみましょう。

検索結果に反映された。

このように、ページを更新してからすぐに検索結果に反映されるようになりました!Google Search Consoleは他にも魅力的な機能がありますので、ぜひ使いこなしてみてください!

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る