記事をシェアする

SEOに強いウェブライティングとは?ウェブライダー松尾茂起さんに学ぶSEOテクin WCAN SUMMER 2016

記事をシェアする

WCAN summer 2016にて、「沈黙のWebマーケティング」で有名なウェブライダーの松尾さんから学んだSEOに強いウェブライティングのノウハウをご紹介します。

スポンサーリンク

検索エンジンに評価される文章とは?

検索エンジンで上位に表示させたい場合、どのような考え方が必要なのでしょうか?そもそも検索エンジンは大きく分けて以下の2点を評価しています。

  1. 被リンク数
  2. コンテンツの質

この他にも例えば「常時SSL化」も上位表示に必要な要素になっています。詳しくは「まだhttpで消耗してるの?https(常時SSL化)のメリット・デメリットまとめ」をぜひ読んでみてください。ちなみに今回は2番目の「コンテンツの質」について講演されていました。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

僕も知らなかったのですが、Googleが掲げている「Googleが掲げる10の事実」というものがあります。松尾さんは特に1番目の「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という項目に着目していました。以下にその文を引用してみます。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

検索エンジンも、じつはこの思想に則っていると言われています。Googleは、ユーザーの利便性を特に大事にしてきました。つまりどういうことかというと、ユーザー、つまり検索しているときに読み手が求めるコンテンツが上位に表示される仕組みになっているということです。

勝てるコンテンツは「検索ユーザーの悩みが一発で解決するようなコンテンツ」である

読み手が求めるコンテンツが上位表示されると言いましたが、もう少し明文化してみましょう。

  1. 検索者の意図にあっている
  2. 専門的かつ網羅的
  3. わかりやすい
  4. 信頼できる

以上の4つを含めたものが読み手を考えたコンテンツです。

検索者の意図にあっている

変な話、検索者はそもそも検索したくありません。検索しなくても悩みが解決する方がいいに決まっています。なので、ユーザーの比較行動を楽にするページが評価されます。また、検索ユーザーの悩みが一発で解決するようなコンテンツが上位表示されやすい傾向にあります。つまり、検索ユーザーの意図は何なのか、何に悩んでいるのか、何を求めているのかを考えながら記事を書くと評価されやすくなります。検索ユーザーのニーズを探るために、以下の4つの方法があります。

  1. Googleキーワードプランナーで調べる
  2. Q&Aサイト(どういうQ&Aに共感しているのか分かる)
  3. キュレーションサイト(広告収入でもうけているため、その分野で質の高いサイトしか載せない)
  4. 検索結果で上位のページを分析

専門的かつ網羅的

例えばWeb技術について検索をかけた時、CSSアニメーションだけじゃなくてユーザビリティや、JavaScriptでのアニメーションといった関連知識も載っていると評価されやすいです。これも「ユーザーの比較行動を楽にするページ」に絡んでくると思いますし、もしアニメーション以外のことも調べたくなった場合網羅的なサイトがあれば楽ですよね。

わかりやすい

「分かりやすい」、と一言で言ってもわかりにくいですね。ここでいう「分かりやすい」は「相手と知識を分かち合えるほど理解しやすい」ということを指しています。つまり、その記事を読み終わった頃には書き手と読み手が同じ理解度になっていることがベストです。具体的には以下の2点です。

  1. 心理的負担が下がる、見やすい、読みやすい
  2. 論理的に理解しやすい

例えば誰かに説明するとき、その人が一番好きなアニメや関心のある仕組みを絡めて喩え話をすると理解されやすいですよね。松尾さんも「免疫」について海外映画やドラえもんに例えて話をされていましたが、分かりやすかったです。しかしわかりやすさだけではいけません。シンプルにしすぎて論理が欠如していると、マイナスになります。個人的に「トゥールミンの論証原則」あたりをかじっておくといいかなと思います。

信頼できる

情報の出どころがどこなのかによって信頼度が変わります。一番信頼度が高いのは官公庁が出している情報です。次に企業などが出している情報です。一個人が出している情報は、人によると思いますが信頼は一番低いです。なので出典はなるべく個人より、Web系の記事なら「W3C」とか、信頼できる団体から引用してくると評価されやすくなります。

所感

SEO対策は自分でもこだわって調べたりしていますが、昔のように小手先の技術では通用しなくなっているのも事実です。それだけ検索エンジンも賢くなっています。だからこそ意識として最も考えなければいけないのは、「検索ユーザーが何を求めているのか」を理解することだと改めて考えさせられました。僕のブログでも、1年間ずっと検索順位で1位を取っている記事があります。その記事をみると、出典先の信頼性や、とにかく用語の説明を丁寧にしているといった特徴が見られました。あと前提として、その記事がインデックスされているかも考えなければいけません。詳しくは「Google Search Console(その名もサチコ!)でページをインデックスさせる方法」を見ていただけるといいかなと思います。松尾さん、懇親会行けなかったけどいつか話したいなぁ・ω・

たいしょんブログを
プッシュ通知で購読しよう!

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る