2022年買ってよかったもの公開中記事はこちら

SOUNDPEATS Capsule3 Pro レビュー!1万円切りでハイレゾ・ノイキャン対応のTWS(完全ワイヤレスイヤホン)

SOUNDPEATS Capsule3 Pro

本記事では、SOUNDPEATS Capsule3 Proをレビューしていきます。

この記事で分かること
  • SOUNDPEATS Capsule3 Proの特徴
  • SOUNDPEATS Capsule3 Proの実際の具体的な使用感
  • SOUNDPEATS Capsule3 Proの良いところ・気になったところ(メリット・デメリット)

1万円未満でも高音質で高機能な完全ワイヤレスイヤホンが増えており、最近ではSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSハイレゾ対応で5,000円を切るセール価格で手に入るという価格破壊が起きていました。

今回はその高コスパイヤホンを生み出したSOUNDPEATSサウンドピーツから、ハイレゾアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載52時間の長時間バッテリーというスペックで1万円を切る完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。

たいしょん

SOUNDPEATS Capsule3 Proの外観や使用感など、公式サイトにはない情報満載でレビューをしていきます!

SOUNDPEATS Capsule3 Pro
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 装着感がいい
  • ゲームモードで音声の遅延なく遊べる
  • ハイレゾ対応で自然な音質
  • アクティブノイズキャンセリング性能も高い
デメリット
  • ワイヤレス充電に非対応

SOUNDPEATS Capsule3 Proの評価

音質ハイレゾ対応で密閉型のため、高音域から低音域まで自然でバランスの良い音質です。やや温かみのある音質で、聴き疲れしにくいです。
装着感約4gと軽量で、長時間装着しても快適です。
音漏れ耐性アクティブノイズキャンセリング機能もあり音量を上げなくてもいいので、音漏れはほぼありません。
満足度快適な装着感とLDAC対応の透明感のある高音域が特徴的な音質で、室内外問わず満足のいくイヤホンです。
総合評価

Amazonで使える1,880円OFFクーポンコード(2023/1/02まで有効):CPS3PBLG01

PR:本記事はSOUNDPEATS様より製品提供をいただき作成しています。

気になる項目をクリック!

SOUNDPEATS Capsule3 Proの特徴

SOUNDPEATS Capsule3 Proの主な特徴は下記の5点です。

SOUNDPEATS Capsule3 Proの特徴
  • 日本オーディオ協会のHi-Res認定されたカナル型完全ワイヤレスイヤホン
  • LDACコーデックにも対応、20Hz-40kHzの広範囲拡張された周波数特性
  • ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載、ゲームモードにも対応
  • 風ノイズ低減機能&ENCノイズキャンセリング
  • 最長52時間再生できる
たいしょん

フラグシップモデル高級機並みの性能ですね。

スペック

充電ポートUSB Type-C
動作可能な距離10m
最大ノイズカット量43dB
対応コーデックLDAC / AAC /SBC
周波数特性20Hz-40KHz
再生時間ノーマルモード:8時間
ケース使用時:52時間
BluetoothチップWQ7033AR
ドライバー12mmダイナミックドライバー
イヤホン本体サイズ33.57×21.53×25.61mm
ケースサイズ50.07×67.31×25.9mm
イヤホン本体重量4.68g
充電ケース重量約40g
防水性IPX4
仕様表

付属品

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーチップ S/M/L
  • 説明書
SOUNDPEATS Capsule3 Proの付属品
SOUNDPEATS Capsule3 Proの付属品

外観レビュー

外観はつや消しの黒色に、本体側面や上部のマイク部分のカッパー色がアクセントになったおしゃれなデザインです。

カッパー色でおしゃれなデザイン
カッパー色でおしゃれなデザイン
上部にノイズキャンセリング用のマイクを搭載
上部にノイズキャンセリング用のマイクを搭載

イヤーチップは耳の穴に沿った楕円形です。次章で説明しますが、装着感は良好です。内側にもマイクがあり、合計6基のマイクでノイズキャンセリングを行います。

イヤーチップは楕円形で耳にフィットしやすい
イヤーチップは楕円形で耳にフィットしやすい
内側にマイクを内蔵
内側にマイクを内蔵

ケースも本体と同じようにSOUNDPEATSロゴ周りがカッパーで、少し高級感があります。ケース正面のLEDランプで、バッテリー残量を確認可能です。

ロゴ部分のカッパーがアクセント
ロゴ部分のカッパーがアクセント
イヤホンを収納しつつ充電できるケース
イヤホンを収納しつつ充電できるケース

ケースサイズは50.07×67.31×25.9mmで、他社の完全ワイヤレスイヤホンと同等のサイズ感です。

他のワイヤレスイヤホンのケースとサイズ比較
他のワイヤレスイヤホンのケースとサイズ比較

イヤホンの重量は4.68g、充電ケースは約40gなので合わせても約50gと軽いです。

イヤホン本体は4.68g
イヤホン本体は4.68g
充電ケースは約40g
充電ケースは約40g

使用感レビュー

SOUNDPEATS Capsule3 Proを下記の6つの視点でレビューしていきます。

装着感

装着感はかなり良好です。イヤーチップがAirPods ProHUAWEI FreeBuds Pro 2など装着感がかなりいい完全ワイヤレスイヤホンと同じ楕円形ですので、耳に入れた時に自然にフィットしてくれます。

ステムがある分一般的なカナル型イヤホンと同様に若干異物感がありますが、僕の場合は4時間装着し続けても痛みはありませんでした。

装着感は良好
装着感は良好
たいしょん

耳にフィットしていい感じです。

音質レビュー

音質は、LDACに対応し12mmの大きめのダイナミックドライバーを搭載していてかなりクリアです。Android端末を使ってLDAC接続で音楽を聴いてみましたが、AirPods Proに近い自然な音で好感が持てました。

解像感高めの聴き疲れしやすい音ではなく、少し温かみのある空気感を持った音なのでゆったりとしたした曲とマッチします。

音質は「SOUNDPEATSアプリ」からイコライザーで10バンド設定できますので、比較的自由に自分好みの音質を追求できます。また、プリセットで聴く曲に合わせた設定をすぐに呼び出せるので、イコライザーのカスタマイズが苦手な方でも最適な音質設定ができます。

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

yong yang無料posted withアプリーチ

10バンドで音質を調整できる
10バンドで音質を調整できる
9つのプリセットから音質を設定可能
9つのプリセットから音質を設定可能

個人的にプリセットの中でも「ロック」が好きで、ボーカルが前に出て低音が若干強調されるノリノリな音質になります。

たいしょん

自分好みの音質に設定しやすいのは魅力です。

操作感

イヤホンの操作は、イヤホン本体側面のタッチで可能です。ノイズキャンセリング用のマイクとタッチする場所が離れているので、間違えてマイクを触ってしまうことはありませんでした。

イヤホン本体をタッチして操作可能
イヤホン本体をタッチして操作可能

左右のイヤホンで対応するタッチ操作を下記にまとめました。

1回タッチ音量+
2回タッチ電話:電話を受ける・切る
音楽:再生・一時停止
3回タッチ音声アシスタント起動
1.5秒間長押し次の曲
2秒間長押し通話切り替え
右イヤホンのタッチ操作

タッチ操作に割り当てる機能は変更できませんが、特に不便は感じていません。わざわざスマートフォンを取り出さなくても操作できるので、快適です。

音質レビューで紹介したSOUNDPEATSアプリでも操作可能ですので、スマートフォンで使うなら併用したいですね。

SOUNDPEATSアプリでも操作可能
SOUNDPEATSアプリでも操作可能

音声の遅延

音声の遅延は、スマートフォンで動画を見る分にはそこまで大きな遅延は感じませんでした。ただし、通常モードではゲームプレイ時に若干遅延を感じました。

SOUNDPEATS Capsule3 Proはゲームモードを搭載しており、Nintendo Switchに接続した状態でゲームモードに切り替えたところ気になる遅延はほぼ感じませんでした。

ゲームモードにすればNintendo Switchでも遅延は感じなかった
ゲームモードにすればNintendo Switchでも遅延は感じなかった

ANC(アクティブノイズキャンセリング)性能検証

屋外に出て、実際にANC(アクティブノイズキャンセリング)性能を検証してみました。最大で43dBのノイズカット効果があるため、期待できますね。

まずは車の中で検証しました。運転中は「ゴーーーーッ」というロードノイズが絶え間なく鳴り響いています。SOUNDPEATS Capsule3 Proのノイズキャンセリング機能をオンにしたところ、ほぼ聴こえないレベルまでノイズがカットされていました。まるでハイブリッド車に乗ったかのような静寂性です。

車内で使うとロードノイズを効果的に消してくれる
車内で使うとロードノイズを効果的に消してくれる

次に、量販店でノイズキャンセリング機能を検証してみます。ざわざわしている店内ですが、雑踏や空調の音はほぼ消えました。それでいて店内放送や話し声は聞き取りやすく、歩きながらでも危なくない程度の性能です。

量販店のノイズも適度に消してくれる
量販店のノイズも適度に消してくれる
たいしょん

ノイズキャンセリングが効きすぎても危ないので、丁度いい加減でした。

外音取り込み機能検証

価格が1万円を切っているということで期待していなかった外音取り込み機能ですが、確かに3万円台の完全ワイヤレスイヤホンには負けるもののかなり健闘しています。数年前の1万円台の機種では、明らかにマイクから音をひろって聞いている感覚があり不自然でしたが、合計で6基あるマイクで音をうまくひろってくれているからかかなり自然な音でした。

また、風ノイズの低減機能があるので、風がマイクにあたって「ボフッ」という大きなノイズが出るのも抑えられていました

風の強い屋外でも風切り音は最小限に留まっていた
風の強い屋外でも風切り音は最小限に留まっていた

気になった点は、「サーー」というホワイトノイズが目立ち、遠くの音がイヤホンなしのときより少し小さめに聴こえるぐらいです。

気になったところ(デメリット)

使っていて少し気になった部分もありますのでご紹介します。

ワイヤレス充電に非対応

SOUNDPEATS Capsule3 Proはワイヤレス充電に対応していません。ケーブルで充電すればいいのですが、普段AirPods Proなどワイヤレス充電に対応している完全ワイヤレスイヤホンをメインで使っていると気になります。

たいしょん

汎用性の高いUSB Type-Cケーブルで充電できるので、価格を考えると妥協できる点ではあります。

1万円台で十分な性能を持つ完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS Capsule3 Proは、1万円台ハイレゾ対応かつアクティブノイズキャンセリング機能に対応したかなりお得な完全ワイヤレスイヤホンです。ワイヤレス充電以外は最近のトレンドを押さえており、十分な性能を持つ製品と言えます。

遮音性が高いので電車通勤にも最適ですし、装着感もよいのでそのまま仕事をするのもいいですね。また、ゲームモード対応で音声遅延も少ないので、Nintendo Switchやスマートフォンでゲームをされる方にもおすすめです。

たいしょん

仕事用もプライベート用も兼ねて使いたい方は、ぜひ検討してみてください。現状1万円以下なら一番おすすめです。

SOUNDPEATS Capsule3 Proの評価

音質ハイレゾ対応で密閉型のため、高音域から低音域まで自然でバランスの良い音質です。やや温かみのある音質で、聴き疲れしにくいです。
装着感4gと軽量で、長時間装着しても快適です。
音漏れ耐性アクティブノイズキャンセリング機能もあり音量を上げなくてもいいので、音漏れはほぼありません。
満足度快適な装着感とLDAC対応の透明感のある高音域が特徴的な音質で、室内外問わず満足のいくイヤホンです。
総合評価

Amazonで使える1,880円OFFクーポンコード(2023/1/02まで有効):CPS3PBLG01

SOUNDPEATS Capsule3 Pro

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

気になる項目をクリック!