2022年買ってよかったもの公開中記事はこちら

【SpinFit SuperFine レビュー】AirPods Proの音質が良くなるイヤーピース

SpinFit Superfine

本記事では、AirPods Pro(第1世代・第2世代)用のイヤーピース、SpinFit SuperFineをレビューします。

SpinFitはかれこれ8年愛用しているほど気に入っているイヤーピースで、イヤホンの音がこもって聴こえる時に必ず試しているイヤーピースです。

それだけ信頼しているイヤーピースに、AirPods Pro向けの新型が登場しました。

たいしょん

今回は、SpinFit SuperFineの特徴や使用感を中心にSpinFit歴8年目の管理人が徹底レビューしていきます。

SpinFit SuperFineの評価はこちら

音質指向性の高い高音域のキラキラ感が増し、音に透明感が出ます。純正イヤーピースに比べ中低域の厚みが増え、特に弦楽器のリアリティが増します。
装着感純正イヤーピースと同じぐらい快適な装着感です。
汎用性アダプターを使用しなければ、他社の完全ワイヤレスイヤホンでも使用可能です。また、他社の完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピースもアダプター経由で使用できます。
満足度SpinFitの中では軸が短く、AirPods Pro本来の装着感を損ないません。音質も音の透明感を出すならおすすめです。
総合評価
SpinFit SuperFine
総合評価
( 5 )
メリット
  • 快適な装着感
  • 指向性の高い高音域の音質改善ができる
  • 他の完全ワイヤレス用イヤーピースも使えるアダプター付き
  • IP54の防塵防滴でスポーツにも適している
デメリット
  • サイズごとの販売のため合わなければ買い直さなければいけない(MとSが同梱しているなどセット販売がない)

PR:この記事はSpinFit様より製品提供を受け作成しています。

気になる項目をクリック!

SpinFit SuperFineの特徴

SpinFit SuperFineは、主に下記の特徴があります。

  • 3Dクッション構造で耳穴にフィットしやすい
  • イタリア製高級メッシュフィルターを採用
  • ISO10993準拠の医療用シリコン採用で耳への圧迫感が少ない
  • 新設計のアダプターを採用
  • IP54の防水・防塵規格に対応

特許を取得している3Dクッション構造は、耳穴に合わせて軸が動くため耳にフィットしやすいです。装着感の改善だけではなく、軸が動くことで特に指向性が強い高音域の音質改善も期待できます。

イヤーピースの特徴
医療用シリコンや3Dクッションを採用するなど装着感への並々ならぬこだわりが見られる

付属のアダプター(CPA11)はIP54の防塵・防滴構造なので、AirPods Proでスポーツをされる方に嬉しい仕様になっています。ステム部分はイタリア製高級メッシュフィルターを採用していますので、耳垢がAirPods Pro本体に入り込むのを防げます。

アダプター(CPA11)の特徴
アダプターは防塵防滴構造で材質へもこだわりを感じる

アダプターの形状にもこだわっており、底部分を斜角デザインにすることで防汗・防振性を高めているということでした。

アダプター(CPA11)の特徴
AirPods Proへの密着度も計算されているアダプター
たいしょん

特徴を説明したところで、次は実際に開封して実物を見てみましょう!

パッケージ内容

パッケージは、サイズによって色が違っており、店頭でも見分けが付きやすいです。

SpinFit SuperFine
SpinFit SuperFineのS~Lのパッケージ

パッケージ内容はイヤーピースとアダプターのペアが同梱されています。

SpinFit SuperFineの同梱品
SpinFit SuperFineの同梱物

アダプターは他の完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーチップでも使用でき、例えばAZLA SednaEarfit Crystalでも使用できました。

AZLA SednaEarfit Crystalをアダプター経由で使用
AZLA SednaEarfit Crystalをアダプター経由で使用可能
たいしょん

お気に入りのイヤーピースもAirPods Proで使えるのは嬉しいです。

SpinFit専用なので、使えないイヤーピースもあります。

アユート(aiuto)
¥2,509 (2023/02/01 23:34時点 | Amazon調べ)

サイズ

SpinFit SuperFineのサイズは、SS、S、M、ML、Lの5サイズを展開しています。僕はAirPods ProのApple純正イヤーピースでMサイズを使っていますが、SpinFit SuperFineではMとMLサイズがぴったりでした。軸の色がサイズごとに変わっているので、見た目で分かりやすいですね。

SpinFit SuperfineをSS〜Lサイズまで並べた様子
SpinFit SuperFineをSS〜Lサイズまで並べた様子

各サイズの寸法は下記のようになっています。

サイズ高さ
SS10.6mm6.4mm
S11mm6.5mm
M11.5mm6.7mm
ML12mm6.7mm
L13mm6.7mm
サイズごとの幅と高さ
SpinFit Superfineのサイズごとの高さを図解
サイズごとの高さを図解
たいしょん

お店で試着できれば一番いいですが、純正イヤーピースがMサイズの方はMかMLを選べば間違いないです。

AirPods Pro純正イヤーピースとのサイズ差はほぼありません。

AirPods Pro純正イヤーピースとSpinFit Superfine
AirPods Pro純正イヤーピースとSuperFineのサイズは同じぐらい

SpinFitは軸部分が動いて耳穴にフィットする構造のため、傘が長くなっているのが特徴的でした。SHURE用のSpinFitとSuperFineを比べると、傘の部分のサイズが半分程度になっていますね。

SHURE用のSpinFitとSpinFit Superfine
SHURE用のSpinFitとは傘のサイズが2倍近く違う

実はAirPods Proのケースに収まるように配慮されており、実際にケースにAirPods Proを収めた時にイヤーピース部分がぴったりになるよう設計されていました。

AirPods Proのケースに収まるサイズ感
AirPods Proのケースに収まるサイズ感
たいしょん

AirPods Pro専用設計なだけのことはありますね。

重量

SpinFit SuperFineの重量は、MサイズでAirPods Pro純正イヤーピースと同じ0.32gです。アダプターを含めた重量なので、かなり軽く設計されていることが分かります。

AirPods Pro純正イヤーピースは0.32g
SpinFit Superfine
SuperFineも0.32g

SpinFit SuperFineの使用感レビュー

ここからは、実際にSpinFit SuperFineを使って感じたことをレビューしていきます。

装着感:純正イヤーピース並みに快適

装着感はかなりいいです。サイズはMサイズとMLサイズを使っていますが、耳へのフィット感が高く良好です。本音を言えば、純正イヤーピースも装着感がかなり良かったので装着感が今以上に良くなったとは感じていません。

装着感は純正イヤーピース並みにかなりいい

SpinFitにしては軸が短く、耳の奥まで入れ込むタイプではないので長時間の使用でも耳が痛くなりづらいです。4時間ほどSpinFit SuperFineをつけて作業していましたが、快適な装着感で痛みもありませんでした

たいしょん

長時間の作業にも適したイヤーピースです。

音質:音に透明感が出る

音質は、かなり音の透明感が上がりました

SpinFit SuperFineを装着してJ-POPをいくつか試聴しましたが、指向性の高い高音域のキラキラ感が増し、中低域の厚みが増すのでバイオリンやピアノの音がより実体感のある音になります。

指向性の高い高音域が耳に届きやすくなり透明感が出る

AirPods Pro純正イヤーピースに変えたところ、音が曇って聴こえるので装着感のみならず音質向上も感じられました。

装着するイヤーピースのサイズによっても音質が変わり、僕の場合はMサイズは低音がスッキリして軽快な音質MLサイズは中低域の厚みが増しよりダイナミックな音質になりました。

たいしょん

隣接する異なるサイズのイヤーピースもあるとより楽しめます。

ノイズキャンセリング性能への影響

一番気になっていたのが、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能への影響です。純正以外のイヤーピースを使うと、ノイズキャンセリング性能が落ちることがあるからです。

結論から言えば、AirPods Pro純正のイヤーピースと互角のノイズキャンセリング性能を維持できており、問題ありませんでした。

屋外で使ってみましたが、AirPods Proの優秀なノイズキャンセリング機能で車の低周波な音、騒音もしっかりカットしてくれます。

屋外でも十分なノイズキャンセリング性能を発揮できる

防塵防滴仕様でアダプターの密閉度が高いため、ANC機能が十分発揮されていると考えています。

たいしょん

これなら常用できそうです。

デメリット:異なるサイズの同梱販売がないこと

SpinFit SuperFineの使い勝手自体は良いのですが、例えばMサイズとSサイズがセットになっているなど異なるサイズの同梱販売がありません

例えば同社の「SpinFit CP360」は、MサイズとLサイズが同梱されているセットで販売されています。

たいしょん

1サイズしかないので、フィッティングには気を遣いそうですね。

まとめ

SpinFit SuperFineは、装着感もよく音の透明感も上がり、防塵防滴仕様のためAirPods Proの性能をフルに発揮できるイヤーピースでした。

AirPods Proで音質改善をしたい方はもちろんのこと、防水なので特にスポーツをされている方におすすめです。

たいしょん

AirPods Proの音にこだわりたい方はぜひお試しください!

音質指向性の高い高音域のキラキラ感が増し、音に透明感が出ます。純正イヤーピースに比べ中低域の厚みが増え、特に弦楽器のリアリティが増します。
装着感純正イヤーピースと同じぐらい快適な装着感です。
汎用性アダプターを使用しなければ、他社の完全ワイヤレスイヤホンでも使用可能です。また、他社の完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピースもアダプター経由で使用できます。
満足度SpinFitの中では軸が短く、AirPods Pro本来の装着感を損ないません。音質も音の透明感を出すならおすすめです。
総合評価
SpinFit Superfine

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

気になる項目をクリック!