Amazon Double Points Week開催中!

【厳選レビュー】THULE(スーリー)のスリングバッグが電車通勤に最高な理由

アパレル・靴・バッグ
この記事は約5分で読めます。

私が1年間ほど通勤でTHULEの「Thule Crossover Sling Pack」を使っているのですが、このバッグが最高にお気に入りなのでご紹介します。

このバッグは下記のような方におすすめです。

おすすめな人
  1. 電車通勤の方
  2. リュックのように両肩に背負うのは嫌
  3. Macbook Pro15インチが入る
  4. 夏でも蒸れにくい
  5. 今リュックを使用している(スリングバッグに変えるといいこと尽くめです)

Thule Crossover Sling Packとは?

Thule Crossover Sling Packとは、スウェーデンのメーカーTHULEが製造しているバックパックです。下記のような特徴を持っています。

特徴
  • 13インチMacBook Pro®やPCを収納できるパッド付きコンパートメント
  • 整理コンパートメントにはマップ、マガジン、電気製品などを収納可能
  • 食べ物・飲み物やスポーツグッズが入る、イージーアクセスポケット
  • 撥水ファブリックとジッパーを組み合わせた、高い保護性能を発揮する軽量バッグ
  • メッシュカバーとパッド付き背面パネルを備えたEVAフォームのショルダーストラップは、通気孔のカット加工により、持ち運びに抜群の通気性と快適性を発揮
  • ショルダーストラップ・スタッシュポケットはスマートフォンや小物の収納に便利
  • メッシュカバーとパッド付きバックパネルを備えたEVAフォームのショルダーストラップは、通気孔のカット加工により抜群の通気性・快適性を確保

赤字で強調した部分が今回特にご紹介したい部分です。

前面
後面

Thule Crossover Sling Packの魅力

Macbook Pro15インチモデルやiPad Pro11インチモデルを持ち運び可能

先程の使用では13インチのMacbook Proが収納できると書いてありましたが、おそらく旧モデルのMacbook Proを基準にしていると思われます。

実際にMacBook Pro15インチモデルを入れてみましたが、ギリギリではあるものの収納することができました。

また、この状態からiPad Pro 11インチモデルも入れてみました。後ろのコンパートメントはPC用で、前方はタブレットを入れることを想定されて作られています。

仕事でPCをよく持ち運ぶ方には、PCもタブレットもらくらく収納できるのでいいですね。

背負ったまま定期券を簡単に出し入れできる

電車通勤で定期券を取り出すときに楽なのが、ショルダーストラップに収納が付いていることです。

冬はいいですが、夏は薄着をする都合上ポケットが極端に少なくなりがちです。

そんなときこのバッグがあれば、前方のポケットからさっとスマートに定期券を取り出すことができます。

今までいろいろなバッグを試しましたが、このバッグに慣れてしまうと他のバッグを電車通勤時に使いたくなくなります。

それほど快適です。

定期券を入れた様子

ショルダーストラップが疲れにくく蒸れにくい

ショルダーストラップが片方しか無いバッグは、片方の肩に負担がかかりがちで長時間の使用で痛くなりがちです。

しかしこちらのバッグは、負荷を軽減するためにかなりショルダーストラップの幅が広く取られています。これにより重い荷物が入っていても重さをあまり感じにくくなり、実際方が痛くなったこともありません。

通気孔

また、嬉しいのが通気孔カットが施されていることです。

真夏の暑いときにリュックを背負うと、肩の部分が蒸れて汗疹ができやすくなります。

しかしこの通気孔カットがされていることで湿気を逃し、蒸れにくい構造になっています。

ストラップの幅が広くて疲れにくいだけでなく、通気孔があることで夏でも蒸れにくくなっている、最高の組み合わせですね!

ペットボトルも出し入れが楽

スリングバッグの構造上、ペットボトルを入れられるような外ポケットは省かれがちです。

しかしこちらのバッグはしっかり外ポケットも完備し、暑い日の通勤や旅行でもペットボトルスマートに出し入れすることができます。

また、制汗スプレーを入れてみてもいいですね。

斜めがけなので中身のものがすぐに出し入れできる

リュックと違いスリングバッグの大きな利点は、背負ったまま前に出して荷物の出し入れがしやすいことです。

全てのファスナーはこのバッグを前方に出したときに取り出しやすいように最適化されていて、全ての収納部にアクセスしやすくなっています。

財布を取り出すときや満員電車内でリュックを前に出す方もいらっしゃると思いますが、スリングバッグに変えるとかなり快適ですよ。

メイン収納
サブの収納

撥水加工なので突然の雨でも安心感がある

生地に撥水加工が施され、雨が降っても中に水が染み込みにくい構造になっています。

ビジネス用途でPCだけでなく書類も入れることを想定すると、撥水加工されているほうが安心できますよね。

ファスナーがカバーされているのが地味に嬉しい

個人的に小さいようで大きなことです。このカバーがあることで、金属特有の匂いが手に付着することを防ぐことができます。

よくファスナーの金属部分がむき出しになっているバッグがありますが、時間が立つにつれて酸化するからなのかある日金属特有の匂いがつくようになります。

僕はあの匂いが嫌いで、よく手を洗ってました。しかしこのバッグはしっかり金属部分がカバーされているので、匂いの付着を防ぐことができます。

この小さな心遣いが満足度につながっていると思います。

改善して欲しいところ

自立しない

このバッグは、立て掛けておいたりどこかにかけておく分にはいいのですが、底が斜めになっていますので自立しません。数少ない欠点かなと感じている部分です。

総じて電車通勤の方にかなりおすすめできるバッグです

私は毎日電車通勤をしていますので、電車通勤時の待ち時間で疲れにくいか、定期券を取り出しやすいかという観点でこれまで様々なバッグを試しました。

その中で現時点での最適解が、このThule Crossover Sling Packだと感じています。

  1. Macbook Pro15インチモデルやiPad Pro11インチモデルを持ち運び可能
  2. 背負ったまま定期券を簡単に出し入れできる
  3. ショルダーストラップが疲れにくく蒸れにくい
  4. ペットボトルも出し入れが楽
  5. 撥水加工なので突然の雨でも安心感がある
  6. ファスナーがカバーされているのが地味に嬉しい

これらの魅力に共感いただけた方は、ぜひご検討くださいね!

タイトルとURLをコピーしました