2022年買ってよかったもの公開中記事はこちら

【TORRAS UPRO Ostandをレビュー】MagSafe充電とスタンド機能を両立させたiPhone 14 Proケース史上最高峰の使い心地に感動した

TORRAS UPRO Ostand

本記事では、TORRASから発売されているiPhone 14シリーズ向けケース、「UPRO Ostand」をレビューします。

今までiPhone 14シリーズ向けのケースを10種類以上試してきましたが、どのケースよりもダントツで気に入ってしまったケースがこのTORRAS UPRO Ostandです。iPhoneケースでここまで感動した製品は初めてかもしれません。

TORRASさんに聞いたところ、下記のような誕生ストーリーがあったということでした。

スマホの利用シーンが増えるにつれ、スマホを使いながら他のこともしたいなどの要望が増えています。それらの声を実現させるべく開発をスタートさせ、先進の充電技術「MagSafe」とスタンド機能の両方に対応したケースができないか、というアイディアが浮かびました。
TORRASの研究開発部門は、2年間にわたるテストと調整を行いました。 iPhone 14シリーズが発売された2022年を迎え、新世代のMagSafeスタンドケースUPRO Ostandが誕生しました。

特に気に入っているポイントが下記の3点です。

  • スタンド付き
  • MagSafe充電対応
  • 汚れが目立ちにくい

スタンド付きでMagSafe対応のケースは2022年時点でかなり希少で、さらに機能性・デザイン性にも満足できるケースとなるとさらに絞られてきます。UPRO Ostandは、様々なシチュエーションに対応できる機能性とスマートなデザインを両立した、iPhoneケース界の大谷翔平と言っても過言じゃないほどいいです。

UPRO Ostand
ほぼフルスペックなのにスマートな外観

もしこれからiPhone 14向けのケースを購入される方は、UPRO Ostandを最初に買っておけば間違いないです。

たいしょん

具体的にどう優れているのか、使用感や機能性を徹底レビューしていきます!

TORRAS UPRO Ostand
総合評価
( 5 )
メリット
  • ブラックTPUで黄ばみが目立ちにくい
  • 耐指紋性素材で指紋が目立ちにくい
  • カメラや画面側の保護もばっちり
  • ボタンが押しやすい
  • スタンドが便利
デメリット
  • スタンドは横置きの場合ほとんど角度調整ができない
  • ケースとしては若干重め

PR:この記事は株式会社TORRAS様より提供いただき作成しています。内容は素直な感想を書いています。

気になる項目をクリック!

UPRO Ostandの使用感レビュー

まずは、UPRO Ostandを使ってみて感じた使用感をレビューしていきます。

ブラックTPUで黄ばみが目立ちにくい

UPRO Ostandは、あえて側面をブラックにして黄ばみやすいTPU素材でも黄ばみが目立ちにくくなっています。確かに透明なクリアケースのほうがiPhoneの綺麗さが際立つのですが、TPU素材は時間の経過で確実に黄ばむので個人的に嬉しい仕様です。

また、背面はポリカーボネイト素材を使用しておりTPU素材のように黄ばむ心配もありません。耐衝撃性に優れたTPU素材と、ガラスの250倍の強度を持つポリカーボネイト素材の組み合わせはかなり合理的に感じました。

UPRO Ostand
背面は半透明で側面はブラック。黄ばみが目立たないので見た目も美しい。
たいしょん

黄ばみが目立たず見た目もクールです。

耐指紋性素材で指紋が目立ちにくい

UPRO Ostandは、耐指紋性素材を使用しているため指紋が目立ちにくいです。僕は手汗がひどくケースがべたべたになることが多いのですが、UPRO Ostandはさらさらとした手触りで指紋も目立ちにくくなっています。うっすらと背面に透けて見えるAppleロゴもおしゃれで、汚れがつきにくく見た目もこだわりたい方に嬉しい仕様ですね。

耐指紋性素材を使用しさらさらしたケース。背面に見えるAppleロゴマークもおしゃれ。
たいしょん

iPhone 14 Proはケースなしの状態で側面の汚れがかなり目立つので、ケースが汚れにくいのは掃除する手間も省けます。

カメラや画面側の保護もばっちり

iPhone 14 Proはカメラが出っ張っているため、ケースではカメラの保護も重要です。UPRO Ostandはカメラを360°囲むように1.5mmのエアクッション構造になっているため、万が一iPhoneを落としてもカメラへの衝撃を最小限に防げます。カメラカバーは画質低下の要因になるためつけていないのですが、これならカメラカバーなしでもいいかなと感じています。

UPRO Ostand
カメラ部分は1.5mm高くなっている。

画面側も同様に1.5mm高く設計されているため、角からiPhoneを落としても画面が割れにくくなっています

UPRO Ostand
ディスプレイ部分も1.5mm高くなっている。

実は、耐衝撃性は第三者機関のSGS米軍MIL規格(MIL-STD-810G)の二重認証を取得しているほどこだわっています。

  • SGS・・・中国の標準規格を定めている機関
  • 米軍MIL規格・・・アメリカ国防総省の規格
たいしょん

将来iPhoneを売る際に傷が少ない方が査定金額が下がりにくいので、この耐衝撃性はかなり魅力です。

ボタンの押しやすさ

UPRO Ostandのボタンカバーは空気が抜ける穴が空いていますので、ボタンを押す時はケースを付けていない時と同様に軽いタッチで押せます。音楽を聴いたり動画を観たりする都合上ボタンの押し心地はケース選びでかなり重視しており、UPRO Ostandのボタンの押しやすさはほぼ満点と言っていいほど良いです。

UPRO Ostand
ボタン部分に切り込みが入っていて空気が抜けるので押しやすい。

スタンドが実用的でかなり便利

UPRO Ostandはスタンドが付いていますが、例えば下記の用途でかなり役立ちます。

  • iPhoneを置き時計代わりにする
  • 動画視聴でデスクに置く
  • 片手持ちでiPhoneの操作をする

iPhone 14 Proから常時表示ディスプレイ機能が追加されましたが、これにより置き時計代わりにもできるためスタンドの重要性が増しました。UPRO OstandはiPhoneを縦置きした際に角度調整が可能なため、iPhone 14 Proの常時ディスプレイ機能をより便利に活用できます

UPRO Ostand
iPhone 14 Proの常時表示ディスプレイを使用している様子。スタンドのおかげで置き時計代わりになっている。
たいしょん

ミニマリスト的な考えで言うとデスクの置き時計もいらなくなりますね

スタンド自体の可動範囲は40〜120°ですが、縦置き時は実質iPhoneを25〜80°の範囲で調整可能です。

UPRO Ostand
約25°まで倒した状態
UPRO Ostand
約80°まで倒した状態

縦置きだけではなく横置きも可能ですので、例えば動画を観るときも別途スタンドを用意する必要がありません。出先で休憩している時とかに限って「あっ、動画を観るためにスタンドを持ってくるべきだった」と感じることが多々あります。そのようないざというときでもスマートにスタンドを出せるのはいいですね。

UPRO Ostand
横向きでもスタンドが機能する。動画視聴には最高な仕様。

また、スタンドは円形を採用しているのでバンカーリングのように指を通すこともできます。例えば片手でカメラ撮影をする満員電車で揺れる中片手で操作しないといけない状態などでもiPhoneを落とすことなく安心して操作可能です。

UPRO Ostand
片手持ちでもバンカーリングのようにして持てるので落とす心配もない。

MagSafe対応

スタンドを内蔵しているケースはスペースの都合上MagSafeに対応していない場合が多いのですが、UPRO OstandはなんとMagSafe充電にも対応しています。

UPRO Ostand
MagSafe対応で強力な磁力。車でMagSafe充電をしても安心できる。

「磁力は大したことないんじゃないの?」と感じていましたが、スタンドに38個の特殊磁石を内蔵し磁力を最大化するHalbach(ハルバッハ)配列で並べることで強力な磁力を発揮します。実際にMagSafeスタンドで充電してみましたが、そのままiPhoneを持つとスタンドごと持ち上がるほど強力な磁力です。

これなら車でMagSafe充電器を使っても、振動でiPhoneが落ちてしまうこともなさそうですね。

たいしょん

スタンドが金属かつ磁石内蔵なので、普通のケースより圧倒的に磁力が強いです。

気になったところ・デメリット

使用感にはかなり満足しているUPRO Ostandですが、少し気になったデメリットになりうる要素もありましたので紹介します。

スタンドは横置きの場合ほとんど角度調整ができない

スタンドは便利なのですが、横方向で動画を観る時は角度調整がほぼできません。そのため、デスクにiPhoneを置いて動画を観る習慣のある方は高さによっては画面が見づらいと感じることもありそうです。

UPRO Ostand
スタンドは横向きにするとほとんど角度調整できない。これができたら完璧。

ただ、通勤通学で手持ち前提でしたら関係ありませんし、iPhoneの画面は視野角が広く角度による色あせも少ないため致命的なデメリットではありません。

たいしょん

もし横向きにしてiPhoneを置くことが多い場合、角度調整ができるキックスタンドも併用するとより快適になりそうです。

ケースとしては若干重め

スタンドが金属ということもあり、ケースとしては若干重めです。同社のMagSafe対応ケース、Guardianシリーズが32gだったのに対し、UPRO Ostandは43gです。

UPRO Ostand
ケースの重さは約43gと若干重めな仕様

とはいえ、同社のスタンド付きケース「UPRO Clear」の41.89gと差は1g程度しかなく、スタンド付きかつMagSafe対応という機能性を持ち合わせていることを考えると妥当かなと感じます。

他のTORRAS製ケースと比較

では、従来のTORRAS製ケースとUPRO Ostandを比較してみましょう。簡単に、比較するケースの特徴も紹介します。

  • Guardianシリーズ・・・背面半透明
  • Guardian-Mag・・・MagSafe対応
  • 氷面鏡(ひもかがみ)シリーズ・・・背面透明
  • UPRO Clear・・・透明でスタンドつき
  • OriginFitシリーズ・・・最薄最軽量
スクロールできます
名前UPRO Ostand
UPRO Ostandシリーズ

Guardianシリーズ

Guardian-Mag

氷面鏡(ひもかがみ)シリーズ

UPRO Clear

OriginFitシリーズ
背面半透明半透明半透明透明透明不透明
ワイヤレス充電MagSafe対応対応MagSafe対応対応対応対応
重量43g30.26g32.30g29.99g41.89g18.67g
スタンドありなしなしなしありなし
Amazon参考価格5,099円2,899円3,580円2,870円3,599円2,524円
商品リンク Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon
iPhone 14シリーズケースの比較表

UPRO Ostandは価格こそ他の5機種より高いものの、MagSafeとスタンドの両方に対応した唯一のケースなので利便性を最優先するならベストな選択です。

まとめ:TORRAS史上最高傑作といっても過言じゃないケース

UPRO Ostandは、iPhone 14 Proの機能をフル活用できるという意味でTORRAS史上最高傑作といっても過言じゃないケースに仕上がっています。

具体的には常時表示ディスプレイで置き時計代わりに便利なスタンドがあったり、MagSafe充電対応、年々大きくなっていくカメラの保護など、細かい部分もどの視点で見ても妥協がないケースでした。僕はこのケースをメインで使用し、日に日にその便利さに手放せないケースとなりました。

たいしょん

特にiPhone 14 Proユーザーの方はぜひ試してみてほしいです。

iPhone 14 Pro以外でも、iPhone 14 / 13 用iPhone 14 Pro Max用もありますので下記リンクより探してみてください。Amazonが最安値です(iPhone 14 Pro用だけ5,299円ですので注意してください)。

また、TORRASのiPhone用ケースはまだまだ魅力的な製品があるので、もっと知りたい方は下記の比較レビュー記事も参考にしてください!

TORRAS UPRO Ostand

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

気になる項目をクリック!