【特集】なぜ人気?スマートホームのSwitchBotを徹底解説!レビュー記事はこちら

【2022年版】ユニクロ3WAYスマートバッグ レビュー|電車通勤・通学に最適なバッグ

こんにちは!毎日MacBook Airが手放せないたいしょん(@taishonpresso)です。

本記事では、ビジネスバッグとしてもカジュアルバッグとしてもぴったりなユニクロ3WAYスマートバッグをレビューします。最近MacBook Airを外に持ち運ぶ機会が増えたのですが、片掛けのショルダーバッグでは重さが気になるため両掛けのリュックを探していました。

そんな時に、たまたま立ち寄ったユニクロでシンプルで良さそうなバッグを発見。薄マチでスッキリしていて、機能性も良さそうだったので値段を確認したところびっくりしました。

たいしょん

にっ、2,990円?!

2021年に発売して即完売になったモデルで、あまりに安かったので衝動買いしました。

結論から言うと、ユニクロ3WAYスマートバッグは電車通勤・通学に最適なビジネスバッグです。

電車通勤・通学に最適な理由
  • 5cmの薄マチ仕様で満員電車でも邪魔になりにくい
  • 定期券が取り出しやすい位置にポケットがある。
  • 電車内でiPadが取り出しやすい位置にポケットがある。
  • リュックを下ろしても持ちやすい持ち手がある。

今でこそテレワークで電車に乗る機会は減りましたが、電車通勤中心だった頃に欲しかったなぁと思うほど便利に感じました。今回はユニクロ3WAYスマートバッグの特徴や、実際の使用感を徹底レビューしていきます!

たいしょん

記事内のすべての画像はタップして拡大できますので、細部まで見たい方は活用してくださいね!

ユニクロ3WAYスマートバッグ
総合評価
( 5 )
メリット
  • 薄マチでも十分な収納力
  • 電車通勤でバッグを下ろさなくても定期券が取り出せる
  • 急な雨でも安心な撥水加工・止水ジッパー
  • 3WAYで好みのスタイルで使用できる
デメリット
  • バッグが自立しない
  • カメラなど厚みのあるものは入れにくい

ユニクロ製品はリーベイツ経由の購入で1%還元されます

PCケース、ショルダー、リュックの3WAYバッグ。現代に合った、コンパクトなサイズ感。

レビューする製品は、商品番号: 447910の製品です。

タップできる目次

ユニクロ(UNIQLO)3WAY(スリーウェイ)スマートバッグの特徴

ユニクロ3WAYスマートバッグは、主に下記の特徴を持ったバッグです。

主な特徴
  • PCケース、ショルダー、リュックとして使用できる、便利な3WAY仕様。
  • コンパクト設計なのでスマートに使える。
  • デジタル機器の進化で荷物が減ってきている今の時代にぴったりな3WAYバッグ。
  • 小雨程度の水をはじく耐久撥水加工をプラス。
  • 強度の高い素材を使っているので衝撃に強い。
たいしょん

外観も見ていきましょう。

外観

サイズは横27.5cm、縦41cmで、A4サイズの書類がぴったり収まるサイズ感です。シンプルなデザインで、ロゴなど装飾もありません。素材はポリエステル 100%で、丈夫な素材です。

背面はメッシュになっており、通気性が高いため蒸れにくい仕様。ショルダーストラップを収納できるポケットや、定期入れを収納できるポケットも備えています。

マチは5cmで、一般的なリュックよりかなり薄いです。満員電車など、人が密集する場所で邪魔になりにくそうですね。

持ち手の長さは17cmで、成人男性の指が4本入る長さなのでしっかり持てます。

内部には6つの収納ポケットがあり、PCやモバイルルーター、ペンなどを収納しやすくなっています。

仕様

サイズ横27.5×縦41×マチ5cm
持ち手の長さ17cm
肩紐の長さ50~100cm
素材ポリエステル 100%
ブラックのみ
撥水加工
容量10リットル
仕様表

ユニクロ3WAYスマートバッグのレビュー

ここからは、実際に使用してみて感じたことを検証も交えてレビューしていきます。

薄マチでも十分な収納力

ユニクロ3WAYスマートバッグは、5cmという薄マチ仕様ですが十分な収納力を持っています。実際に普段持ち運んでいるものを入れてみました。

  • MacBook Pro
  • モバイルWi-Fiルーター
  • Apple Pencil2本
  • iPad mini
  • モバイルバッテリー
  • ケーブル
  • 長財布
  • 車のキー
  • ガムなどを入れた袋

まずMacBookですが、あえて大きめの15インチモデルを入れてみました。16インチモデルは厳しそうですが、MacBook Pro 15インチモデルならぴったり収納できます

また、MacBook AirをいれたPCケースも、ご覧の通りピッタリ収納できます。

たいしょん

ある程度のクッション性もありますよ。

Apple Pencilは、このように2本入りました。タブレット用のペン以外にも、ボールペンなども収納可能です。

モバイルWi-Fiルーターも、内部のポケットにピッタリ収まりました。

モバイルバッテリーも、SMART COBY Proのようなコンパクトなものならぴったり収納できました。

車のキーなど小さな物は、前面のメッシュになっているポケットに収納できました。

財布は、そのままバッグの中に収納しました。カードなどをたくさん入れたパンパンの財布なので、5.5cmほどの厚みがあります。

iPad miniは、背面のポケットに収納しました。

この背面ポケットは元々肩紐を収納するためのものですが、ケースを装着したiPad Pro 12.9インチモデルもピッタリ入るスペースを備えています。

たいしょん

電車内でiPadを使う方は、ジッパーを開けることなく取り出せて便利ですよ。

実際に全て入れた状態がこちらです。財布を入れた分少し出っ張っていますが、しっかり収納できました。

電車通勤でバッグを下ろさなくても定期券が取り出せる

電車通勤をされている方は定期券も一緒に持ち運ぶと思いますが、そんな方に便利なのが背面ポケットです。

ユニクロ3WAYスマートバッグの背面には小さなポケットがありますが、実はバッグを下ろさなくても手の届く場所にあります。つまり、定期券が取り出しやすく、電車通勤にも便利な仕様です。

たいしょん

リュックタイプでも定期券を取り出しやすいモデルは貴重です。

急な雨でも安心な撥水加工・止水ジッパー

ユニクロ3WAYスマートバッグは、撥水加工がされていますので急な雨でも安心です。実際にどれだけ撥水性があるのか、水を垂らして検証しました。

水を垂らした部分は玉のようになっており、弾いていることが分かりますね。布で拭き取ろうとしたら、玉の形状のまま床に落ちていくほどの撥水性でした。

拭き取ったらこのように水の染み込んだ跡もなく、十分な撥水性があることが証明されました。

また、ジッパーはYKK製の止水シッパーを採用しており、最も水の浸水が心配な箇所もしっかりガードしてくれます。PCなど電子機器を雨から守れるので、IT系の方は特に助かりますね。

止水ジッパーは開閉する際に固い印象でしたが、さすがYKK製ということもあり開閉もスムーズに行えました。ジッパーにストラップがついているので、手が鉄臭くならないのもポイントです。

たいしょん

突然の雨でも安心です。

3WAYで好みのスタイルで使用できる

ユニクロ3WAYスマートバッグは、その名の通り3つのスタイルで使い分けができます。

  • リュック
  • ショルダーバッグ
  • クラッチバッグ

肩紐は取り外し可能で、収納したり付け替えることで好みのスタイルに変更できます。

PCなど重いものを持ち運ぶ時は、重さが分散されるリュックスタイルで使用すれば快適ですね。

たいしょん

MacBookを入れても軽く感じました。

肩紐を調整した後って下の紐がブラブラしがちですが、そこもブラブラしないように紐を留められる仕様なのもこだわりを感じられます。

少し身軽にしたい場合は、片掛けにしてショルダーバッグスタイルにすればバッグを前に出しやすくなったり利便性も高くなります

背中に背負う必要がない場合は、肩紐を収納してクラッチバッグのように使うこともできます。バッグ自体が大きいので、さすがにこのスタイルで使うことは少ないです。

たいしょん

持ち手が横にもあったらなと思うことも(笑)

上部の持ち手部分は手でしっかり持てるぐらいの長さがありますし、肩紐を収納した状態なら身長163cmの僕でも床に着くことがなかったのでバッグの底を擦る心配もなさそうですね。電車で立って持つ際も楽そうです。

たいしょん

持ち運ぶ荷物、シチュエーションによってスタイルを分けて使えて快適です!

ユニクロ3WAYスマートバッグのデメリット・欠点

基本的に満足なユニクロ3WAYスマートバッグですが、個人的に感じたデメリットや欠点もレビューします。主に下記の2点が気になりました。

バッグが自立しない

ユニクロ3WAYスマートバッグは、マチが薄いため自立しない点がデメリットに感じました。そのため置く場合は壁に立て掛けたり、持ち手の紐をどこかに掛ける必要があります。

自立するバッグを探している方は、例えばひらくPCバッグなど自立することを前提に作られているバッグを選ぶと良いでしょう。ひらくPCバッグならカメラも入るので、収納力も抜群です。

ひらくPCバッグ

または、Clipa(クリッパ)のような机に掛けられるハンガーを常備しておくと便利です。

カメラなど厚みのあるものは入れにくい

マチも薄く容量が10リットルなので折りたたみ傘やペットボトル程度なら問題ありませんが、例えばカメラや折りたたみできないヘッドホンなど厚みがある物は収納できません(できないというよりは出っ張ります)。

そもそも荷物をたくさん入れる方が購入する製品ではないかもしれませんが、もしより大容量のバッグを探している方はdelamarge(デラマージ)のバックパックなども検討してみてください。

バックパックの前面
たいしょん

容量は増えますが、かなり質のいい素材を使っているので価格も10倍です(汗)

ユニクロ3WAYスマートバッグは電車通勤・通学に最適なバッグ

ユニクロ3WAYスマートバッグは、荷物が少なくなった現代のビジネスマンにぴったりなバッグです。5cmという薄マチで、見た目もスッキリします。

冒頭でお話したとおり特に電車通勤・通学に最適なビジネスバッグで、撥水加工YKK製止水ジッパーで突然の雨から中身の電子機器も守れる万能バッグです。

電車通勤・通学に最適な理由
  • 5cmの薄マチ仕様で満員電車でも邪魔になりにくい
  • 定期券が取り出しやすい位置にポケットがある。
  • 電車内でiPadが取り出しやすい位置にポケットがある。
  • リュックを下ろしても持ちやすい持ち手がある。

これだけの性能を2,990円という破格で提供できるユニクロさんには脱帽です。2021年に一度は完売になり、2022年4月に再販されたモデルなので在庫があるうちにぜひゲットしてみてくださいね。

たいしょん

改めてメリットやデメリットをまとめます。

たいしょん

おすすめできる人・できない人はこちらです。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 電車通勤・通学の人
  • 普段あまり荷物をたくさん持ち運ばない人
  • 雨でも傘をささない人
  • 安くて機能性も質も高いバッグを探している人
  • 一眼カメラや5cmを超える幅の荷物をたくさん持ち運ぶ人
  • 自立するタイプのバッグがいい人

ユニクロ3WAYスマートバッグをお得に購入する方法

僕はユニクロ3WAYスマートバッグを試着後に気に入ってすぐ店頭で購入しましたが、実は楽天のリーベイツを経由するとさらにお得に購入できます。

具体的には、リーベイツ経由で購入すると購入金額の1%分29円分の楽天ポイントをゲットできます

たいしょん

もしオンラインで購入を考えている方は、ぜひリーベイツも活用してくださいね!

PCケース、ショルダー、リュックの3WAYバッグ。現代に合った、コンパクトなサイズ感。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次