写真・カメラ専門メディアを開設しました!

[Web業界を目指すあなた向け]大卒から専門学校進学というキャリアを考える

大卒から専門学校Web
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、このブログに来訪いただきありがとうございます!この記事を読まれているということは、少なからずこの記事のどこかに琴線が触れて見られていると思います。

こちらの記事では、大卒から専門学校進学というキャリアを歩みながら、Web業界で就職を果たした私の実体験を交えつつ、大卒から専門学校進学は結局良かったのか、それとも他の道を歩むべきだったのかをご紹介します。

結論から言うと、私の場合は専門学校に進学してよかったです!

Web業界を目指すのに早いはあっても遅いことはない!

最近ではデジタルネイティブの時代になり、インターネットの高速化、PCの高性能化とプログラミング言語の発達によって、若い世代でもWeb業界を目指す事が可能になってきています。

10代の人工知能プログラマーなど、次の時代を担う若きZ世代デジタルネイティブたち【連載 GLOBAL INSIGHT】| FastGrow
FastGrowはテクノロジー領域で活躍中の起業家・経営層と、若手経営人材をつなぐビジネスコミュニティです。活躍中の起業家・経営層が持つノウハウが学べる「Webコンテンツ」に加え、彼/彼女らが登壇する「イベント」を通じて、読者である若手経営人材に「事業成功に必要な知識」と「メンターや仲間との出会い」を提供します。

10代でプログラマーを目指す方も多く、僕も出場した技能五輪全国大会Webデザイン部門も金賞は18歳の高校生の子でした。僕は当時22歳で、Webを学び始めて1年もしないうちとはいえ高校生に技術面で完敗していました。

ただし、Web業界を目指すことに遅いということはないと考えています。30歳からでもスクールに通って在宅でWebデザインをしている方もいらっしゃいますし、Webデザインをすることに特別な資格が必要ないからこそ今の自分の実力を見て評価してくれます。

だから大卒であろうが、大学院卒であろうが、Web業界を目指すんだ!という思いがあればどれだけでも企業の方は門を開けてくれます。

大卒から専門学校進学って就職に不利なんじゃないの?いや、強みに変えられます!

すごく心配ですよね。特に学歴に強くこだわりを持って1流の大学を出てから専門学校に進学するということが。

結論から言うと、Web業界に限ってはそれほど学歴を重視していません。変な話、高卒でも実力があれば一流のWeb制作会社に就職できることもありますし、逆にどれだけいい大学に進学していても全く就職できない方もいらっしゃいます。ちなみに当社でいうと、就職してから専門学校に入り直してWeb業界を目指し入社した社員もいます。

むしろ、不利どころか私は大卒から専門学校に進学したことに対して明確な目的を持って進学したので、強みとして面接でも堂々としていました。

就職活動では大学生時代に学生団体で活動していて、その活動の中でWeb技術に関心を持って目指すようになった、だから専門学校に入って学んでいるんだということを話していました。

ただし、明確な目的があって進学したのだから、それを裏付ける実績は必要だと考えています。だから技能五輪全国大会にも迷いなく挑戦しましたし、200人を前にWebの勉強会でライトニングトークに挑戦したり、とにかく妥協なく活動していました。このブログも入学して3ヶ月ぐらいで立ち上げましたが、就職活動で非常に心強い味方となってくれました。

脱線しそうですが、とにかく大卒だから不利ということもないので胸を張ってください!

学校生活はどうだったか。めちゃくちゃ楽しいですよ!

大卒ということは、高校を卒業した18歳の子と一緒に学校生活を送ることになります。4つ下の子と同じ場所で学ぶことが、心配な方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、僕の場合は毎日が楽しかったです!

僕のいたWebデザイン学科は12人ぐらいでしたが、22歳が僕以外に1人、20歳が1人いました。ちなみに先輩は1人を除いて年上でしたね。

今でも忘れません。僕の自己紹介が終わったあと、「たいしょー!!」ってみんなが駆け寄ってきてくれたことを^^年上とか関係なく、公私共に仲良く過ごせましたよ。冗談を言い合って盛り上がったり、アイドルについて話し合ったり、大学生時代にはあまりなかったある種の青春を感じながら生活できました。

専門学校に入学する上で、学歴も年齢も関係ないです。ただし、敬語を使うことを強要したり上から目線はNGですよ!

私です
楽しそうでしょ笑

今、Web業界に就職してぶっちゃけどうなのか。天職です!!

おそらくこれほど満足な就職ができた人はいないんじゃないかというぐらい、今自分が置かれている環境に満足しています。

地元である岐阜のWeb制作会社に就職できたということもそうですが、尊敬できる上司に恵まれていること、Web技術を生かして大学時代からの知り合いのWeb制作のお手伝いをしたり、インターンシップ先だった議員のSNS戦略を担当したり、とにかく自分の技術が公私ともに役立っています!

また、今の会社では定時がなく、完全なフレックス制、つまり自由な時間に出社して自由な時間に退社するような働き方が可能になっています。もっと言えば、自宅で仕事ができるので台風があったり体調が優れないときは出社すらしなくてもいいんです。

上記のような自由な働き方に憧れてWeb業界を目指される方もいらっしゃると思いますが、企業にもよりますのでいかに本気で就職活動をしたかで満足度も変わってきます。

ちなみに現在どのような仕事を担当しているかと言うと、

私が担当している仕事
  • Webディレクション・・・サイト、システムの仕様をクライアント様と話し合いながら決めていき、エンジニアと話し合いながら進めていくお仕事。
  • Webデザイン・・・名刺のデザイン、企業ロゴのデザイン、Webサイトのデザイン、チラシのデザイン(DTPといいます)。カラーミーやShopifyなどASPサービスの導入。
  • Webプログラミング・・・WordPressの導入・改修・保守、EC-CUBEの導入、Laravelで作られたシステムの開発、保守など。

これだけあります。いわゆるフルスタックエンジニアです。ちなみに専門学校でEC-CUBEはやりませんが、デザインやディレクションも現場で活躍されている講師の方から学べますよ。

そういえばこのブログを書いているときにたまたま知ったのですが、Youtuberのカズさんも元々Web制作で独立された方だそうですね。

【収入公開】カズさんのお金の話。

まとめ

  • Web業界を目指すのに遅いことはなく、学歴は関係ないです!
  • 大卒から専門学校に進学することをむしろ強みにしましょう!
  • 年下の子と一緒に学ぶからといって過度な心配は不要です。
  • 就職を真面目にしていれば天職のような職場にたどり着けます!
  • カズさんは元々Web制作で独立された方!←本件とはあまり関係ない、、、

より詳細に知りたい方

私が在学中にインタビューを受けていますので、こちらのブログを御覧ください。

学生に聞いてみた【 瀬川くん(大卒・再進学)】
Webデザイン学科 学生インタビュー 前回の林田さんのインタビューに引き続き、大学を卒業してからトライデントコンピュータ専門学校へ入学し、頑張っている学生に、入学するきっかけやWebデザイン学科のことなどを聞いてみました。 自己紹介 今回は大学を卒業してから、専門学校に入学した学生に来ても...

また、この記事を見て下記のようなご要望がありましたら、ぜひお問い合わせください!

  • もっと在学中のことについて知りたい、加筆してほしい。
  • 弊社(株式会社テックプレッソ)でインターンシップをしたい。
  • 岐阜まで行くので一緒にランチしたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Web
スポンサーリンク
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました