記事をシェアする

apmコマンドでAtomのパッケージを他のPCに一括インストールする方法

記事をシェアする

今回は今人気のエディタ、「Atom」でプラグインなどの環境をパッケージリストを使って他のPCにも同じ環境を構築できるようにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

apmとは?

apmとは、「Atom Package Manager」の略称です。その名の通り、Atomのパッケージ管理をするためのもので、いくつかコマンドを用意しています。ちなみにNode.jsに「npm」というものもありますが、それに由来しているそうです。

パッケージリストを作る

まずはパッケージリストを出力してみましょう。以下のコマンドをコマンドラインツールを使って打ち込んでみてください。

すると、デスクトップに「atom-packages.txt」というファイルが生成されるはずです。中身を覗いてみると、自分が今までATOMにインストールしてきたプラグインやテーマの一覧が出力されていることが分かります。

別のPCでパッケージリストを読み込む

次に、出力したパッケージリストを読み込んでみましょう。先程生成したパッケージリストを、USBメモリ等を使ってATOMのインストールしてある別のPCに移動させてください。そして、「.atom」ファイルが置いてある(僕の場合/Users/taishonに入ってます)場所に置き、以下のコマンドを入力してください。

すると、リストに載っているパッケージのインストールが始まり、別のPCでも同じ環境を構築することができます。

たいしょんブログを
プッシュ通知で購読しよう!

スポンサーリンク

記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る