毎週土日に更新中!

WP RollbackでWordPressプラグインのバージョンを戻してみよう!

Web
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回、本ブログでプラグインのバージョンによる不具合が発生し、それでプラグインのバージョンを戻したくなったので最速で戻す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

発生した不具合

ちなみに発生した不具合は、「Contact Form7」でreCAPTCHA v3を有効にした際に、「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」というメッセージが出てお問い合わせが送信できないというものでした。

こちらの不具合はバージョンをダウングレードすることにより改善するということでしたので、一度バージョンを戻すことにしてみました。

スポンサーリンク

WP Rollbackの使い方

1,まずはWP Rollbackをインストールをしよう!

まずは、プラグインをインストールしてみましょう。WordPress管理画面からプラグイン>新規追加で、「WP Rollback」と検索をすると一番最初に出てきます。「今すぐインストールボタン」を押して、インストールしましょう!

その後「有効」ボタンを押して、プラグインを有効化してください。

まずはWP Rollbackをインストール
まずはWP Rollbackをインストール

2,ダウングレードするプラグインを選択してみよう!

次に「プラグイン>インストール済みプラグイン」を押して、ダウングレードしたいプラグインの欄に出ている「Rollback」を押してください。

Rollbackを押してみよう

3,ダウングレードするプラグインのバージョンを選択しよう!

最後に、ダウングレードしたいバージョンを選択しましょう。

僕の場合はダウングレード後ですが、5.1.6から5.1にしたかったので「5.1」を選択して「Rollback」を押します。

すると古いバージョンのプラグインがインストールされるので、その後「有効」にして完了です!

プラグインのバージョンを選択しよう
スポンサーリンク

最後に

ここまで簡単に、しかもかなり前のバージョンまでさかのぼってダウングレードできるなんてすごい便利ですよね!

WordPress本体のバージョンと相性が合わなくてダウングレードしたいというニーズはかなり多いと思いますので、ぜひこちらのプラグインを使用して効率よく開発しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
たいしょん

岐阜のTECPRESSO株式会社でWebエンジニアとして働いています。
1992年生まれ。学生時代は野球(副部長なのに補欠)と演劇をしていました。元技能五輪全国大会Webデザイン競技愛知県代表。
Apple製品をはじめとするガジェットやウェブサービス、デザインなどに関心があります。

たいしょんをフォローする
Web
スポンサーリンク
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
タイトルとURLをコピーしました