Affinity designerで背景透過データを作成する方法

透過PNGを作成デザイン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回はAffinity Designerで背景が透明なデザインデータを作成する方法をご紹介します。

透過PNGとしてロゴデータを作成したり、SVGで出力する際に背景に着色したくない場合に役立ちます。

今回はMacのAffinity designer1.8で行いますので、バージョンやOSによっては若干操作が異なるかもしれません。

スポンサーリンク

新規でデータを作成する場合の手順

もし新規でデザインデータを作成される場合は、「ファイル>新規」から下記のページを表示させてください。

新規でデータを作成する場合
赤枠の「透明な背景」にチェック

上記画像の赤枠にある、「透明な背景」にチェックを入れていただくと背景が透明な画像ができあがります。

透過した背景
透明な背景のデータの出来上がり
スポンサーリンク

すでに作成したデータの背景を透明にする場合

まず、下記のように透明ではない背景のデザインデータを用意します。

背景が透明ではないデータ

次に、下記画像の「ドキュメント設定」をクリックします。すると様々な設定を行えるウィンドウが開くので、「カラー」のタブ選択して「透明な背景」にチェックを入れてください。

透明な背景にチェック

すると、下記のように背景が透明なデータが出来上がります。

背景が透明なデータの完成
スポンサーリンク

終わりに

ちなみにこちらの記事を書いたのは、Affinity designer公式のサイトでも見つけにくかったからです。透明という項目でヘルプページはあったのですが、僕が求めている内容とは少し違いました。

Affinity Designerヘルプ

最近Affinity designerでデザインを始めた方にぜひ参考にしていただければと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
たいしょん

岐阜のTECPRESSO株式会社でWebエンジニアとして働いています。
1992年生まれ。学生時代は野球(副部長なのに補欠)と演劇をしていました。元技能五輪全国大会Webデザイン競技愛知県代表。
Apple製品をはじめとするガジェットやウェブサービス、デザインなどに関心があります。

たいしょんをフォローする
デザイン
スポンサーリンク
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
タイトルとURLをコピーしました