【特集】なぜ人気?スマートホームのSwitchBotを徹底解説!レビュー記事はこちら

BELLEMOND(ベルモンド) モンスターフィルム レビュー|位置決めが一発で決まるiPhone 14向けガラスフィルム

ベルモンド モンスターフィルム

こんにちは!ガラス保護フィルムの貼り付けが苦手なたいしょん(@taishonpresso)です。

本記事では、iPhone 14シリーズ向けのベルモンドのモンスターフィルムをレビューします。iPhoneにかぶせるだけでガラスフィルムの位置決めと貼り付けが完了するEZguideを搭載し、保護フィルムの貼り付けが苦手な人でも簡単に貼り付けができます。

たいしょん

つまり失敗しません!

結論から言うと、EZ guideのおかげでガラス保護フィルムを失敗することなく位置も完璧に貼り付けることができました。僕はガラス保護フィルムの貼り付けがかなり苦手で敬遠してきたのですが、モンスターフィルムなら僕のようにスマホにガラス保護フィルムを貼るのが苦手な方でもプロのように貼り付けできます

また、従来のガラスフィルムと比べて性能も上がっています。

今までのガラスフィルム
モンスターフィルム
  • 表面硬度9H
  • 静電気でホコリを寄せ付けやすい
  • ハイアルミニウムガラス
  • 表面硬度10H
  • ソーダライムガラスの約6倍の強度
  • ホコリを寄せ付けにくい新吸着材

今回は、モンスターフィルムの貼り付け方法や、実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介します!

ベルモンド モンスターフィルム
総合評価
( 5 )
メリット
  • EZguideでガラス保護フィルムの貼り付けが苦手でもプロ並みに貼れる
  • 万が一失敗しても予備のフィルムがある
  • 他社製ケースをつけても干渉しない
  • 透明度が高くDynamic Islandも綺麗に見える
デメリット
  • 性能が高い分価格が高い
PR

この記事は、Fun Standard株式会社様より製品提供を受けて作成しています。

タップできる目次

モンスターフィルムの貼り付け方

では、モンスターフィルムを実際にiPhone 14 Proに貼り付けていきます。所要時間は3分ほどでした。

STEP
クリーニングキットで画面を清掃する
クリーニングキット
クリーニングキット

まず、付属のクリーニングキットでiPhone 14の画面を清掃していきます。クリーニングキットは、ウェットワイプクロスホコリ除去シートの順で画面をきれいに拭き上げていきます。

ウェットワイプ
ウェットワイプ
クロス
クロス
ホコリ除去
ホコリ除去
たいしょん

できればホコリが少ない浴室で作業するのがおすすめです。

STEP
ガラスフィルムを貼り付ける

次に、ガラスフィルムを貼り付けていきます。EZguideについている剥離シートを剥がして、iPhoneにかぶせます。

剥離シートを剥がす
剥離シートを剥がす

iPhoneは上部が右側になるように設置します。

iPhoneにEZguideを貼り付ける
iPhoneにEZguideを貼り付ける

iPhoneにEZguideを貼り付けたら、タッチシールの矢印方向に指をスライドさせてフィルムを吸着させていきます。

フィルムを吸着させる
フィルムを吸着させる

吸着させたら、EZguideをしっかり押さえてタッチシールを剥がします。

タッチシールを剥がす
タッチシールを剥がす

タッチシールを剥がしたら、EZguideを取り外します。

EZguideを取り外す
EZguideを取り外す
STEP
気泡を取って完成

EZguideを取り外すとまだ内部に気泡が残っていますので、指で押し込んで除去していきます。

まだガラスフィルム内に気泡が残っている
まだガラスフィルム内に気泡が残っている
指で押し込んで気泡を除去する
指で押し込んで気泡を除去する

気泡を除去したら貼り付け完了です。

気泡を除去して貼り付け完了

Twitterでも貼り付け工程を動画付きで紹介させていただきました。

モンスターフィルムのメリット

モンスターフィルムを実際に使ってみて感じたメリットは、下記の3点です。

  • EZguideでガラス保護フィルムの貼り付けが苦手でもプロ並みに貼れる
  • 万が一失敗しても予備のフィルムがある
  • 他社製ケースをつけても干渉しない

EZguideでガラス保護フィルムの貼り付けが苦手でもプロ並みに貼れる

僕はスマホにガラス保護フィルムを貼るのが苦手なのですが、EZguideのおかげで位置決めも1発で決まりまるでプロが貼り付けたかのように仕上がりました。

実際にiPhoneにモンスターフィルムを貼り付けた画像を見てみると、角の部分がズレなく貼れていますね。

位置ずれなくiPhoneに保護フィルムが貼れている
位置ずれなくiPhoneに保護フィルムが貼れている

ガラスフィルムの位置決めに失敗すると、貼り直している間にホコリが混入したり失敗のもとになります。モンスターフィルムはEZguideで失敗なく貼れるので、大きなメリットに感じました。

万が一失敗しても予備のフィルムがある

モンスターフィルムは、予備でもう一つガラス保護フィルムが付属しています。1回目に貼り付けたフィルムが傷んできた際の予備として使うのもいいですし、もし1回目の貼り付けに失敗しても予備のフィルムでやり直し可能です。

予備のガラス保護フィルムがついている
予備のガラス保護フィルムがついている

モンスターフィルムはiPhone 14用で1,580円ですが、1枚換算で790円とリーズナブルです。参考までに、iPhoneのガラスフィルムでトップクラスに人気のNIMASOは1枚で899円です。

そう考えると、いずれガラス保護フィルムを貼り替えるのであればモンスターフィルムのほうがコストパフォーマンスが高いですよね。

他社製ケースをつけても干渉しない

モンスターフィルムは、他社製のiPhoneケースを取り付けても干渉しません。実際にTORRASやSpigenのケースをiPhoneに取り付けて使用してみましたが、モンスターフィルムが干渉して浮いてしまうこともありませんでした。

他社製ケースを使用しても干渉なし
他社製ケースを使用しても干渉なし
たいしょん

ベルモンド製以外のケースでも安心ですね。

透明度が高くDynamic Islandも綺麗に見える

モンスターフィルムは透明度が高く、iPhone 14 Proから採用されたDynamic Islandも綺麗に見えます。iPhone 13 Pro用のフィルムはノッチ部分が切り抜かれた保護フィルムが多かったですが、モンスターフィルムは切り欠きがないのでまるでフィルムを貼っていないかのような一体感があります。

透明度が高く見やすい
透明度が高く見やすい

モンスターフィルムのデメリット

モンスターフィルムのデメリットも紹介しますね。

  • 性能が高い分価格が高い

性能が高い分価格が高い

モンスターフィルムは、性能が高い分価格も高めです。

  • ハイアルミニウムガラス
  • 表面硬度10H
  • ソーダライムガラスの約6倍の強度
  • ホコリを寄せ付けにくい新吸着材
  • EZguideつき

極論を言えば、表面硬度9H程度でガイドなしの保護フィルムならダイソーで100円で購入できます。

ただし、ダイソーのガラス保護フィルムは虹彩現象という画面が虹色にギラついて見える製品が多く、貼り付けが得意だとしてもおすすめしません。

たいしょん

モンスターフィルムは貼り付けやすさも見やすさも高いのでおすすめです。

iPhone 14のガラス保護フィルムに失敗したくないならモンスターフィルム

iPhone 14 Proの購入に際し最初のガラス保護フィルムとしてモンスターフィルムを使いましたが、ガラス保護フィルムの貼り付けに失敗したくないならベストな選択だと感じました。

EZguideを使って3分ほどで貼り付けが完了し、迅速に位置決めができたのでホコリの混入も防げました。

たいしょん

ガラス保護フィルムの貼り付けが苦手な方はぜひお試しください!

モンスターフィルムのパッケージ
モンスターフィルムのパッケージ
ベルモンド モンスターフィルム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次