每日お得なAmazonタイムセール開催中!詳しくはこちら

ベルモンド Ultra Mini 30Wをレビュー|世界最小級でMacBook Airも充電できる急速充電器

BELLMOND Ultra Mini 30W

本記事では、BELLEMONDベルモンドの世界最小級充電器、Ultra Mini 30Wを実機レビューします。

ベルモンドといえば、着脱可能なペーパーライクフィルムをはじめ様々なモバイルアクセサリーを展開しているブランドです。充電器といえばAnkerやBelkinなど海外メーカーが目立ちますが、ベルモンドは日本メーカーとして国内外で100万枚を超える販売実績を持つ企業です。

たいしょん

日本企業を応援したくなりますよね!

結論から言えば、ベルモンド Ultra Mini 30Wはコンパクトで持ち運びしやすく、MacBook Airでも十分な給電能力を持った充電器でした。価格も他社の同等製品と比べても安く、日本メーカーらしいアフターサポートの充実度も魅力な製品です。

この記事で分かること
  • ベルモンド Ultra Mini 30Wの特徴
  • ベルモンド Ultra Mini 30Wの実際の充電時間
  • ベルモンド Ultra Mini 30Wのメリットやデメリット
ベルモンド Ultra Mini 30W
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 新素材の窒化ガリウムを使用して30WのUSB PD出力に対応している。
  • 業界最小級の大きさで持ち運びやすい。
  • 1,760円で価格も安い。
  • 公式LINEで気軽にアフターサポートを受けられる。
デメリット
  • 別途USB PD対応ケーブルを購入する必要がある。
  • プラグの折りたたみができない。

提供:Fun Standard株式会社様

BELLEMOND(ベルモンド)
¥1,618 (2022/09/27 17:49時点 | Amazon調べ)
タップできる目次

ベルモンド Ultra Mini 30Wって何?

ベルモンド Ultra Mini 30Wは、下記の3点の特徴を持った充電器です。

  • 次世代素材のGaN(窒化ガリウム)を採用
  • USB PD充電対応で30Wで出力可能
  • 業界最小クラス

ベルモンド Ultra Mini 30Wの外箱にも、同様の特徴が書かれています。

たいしょん

難しい用語が出たので、ちょっとだけおさらいしましょう!

窒化ガリウムって何?

窒化ガリウム(以下GaN)は、化合物半導体の一種であり、高効率・高耐久性で超高効率な「パワー半導体」を実現する素材です。従来のシリコン製の半導体から、GaNを使用したデバイスやシステムが普及することにより消費電力が削減出来ることから、環境負荷の低減が期待されています。

日本製鋼所公式サイトから引用

USB PDって何?

PDPower Delivery)とは、USB Type-Cコネクタに対応した給電規格のことです。 従来からあるUSBポート経由での給電が最大7.5Wなのに対し、最大100Wと大きな電力を供給できるのが特徴。 USB PD対応充電器なら、パソコンや液晶モニターといった大型機器にも急速充電がおこなえます。

ビックカメラ公式サイトから引用

まとめると、高効率、高耐久の素材を使用することで業界最小クラスのサイズ30Wの高出力を可能にした充電器がベルモンド Ultra Mini 30Wです。

製品仕様

本体サイズ約30×30.5×30.5mm
重量約35g
入力100-240V〜50/60Hz,0.6A
出力5V=3A
9V=3A
12V=2.5A
15V=2A
20V=1.5A(PPS)
5-16V=3A max
総出力最⼤30W
製品仕様

付属品は、充電器本体と取り扱い説明書、優待特典の紹介が書かれた販促物の3点が入っていました。

Anker Nano II 30Wと比較

ベルモンド Ultra Mini 30Wの仕様だけを見ても良いのか判断がつかないので、同等性能のAnker Nano II 30Wと比較してみました。

スクロールできます
製品名Ultra Mini 30WAnker Nano II 30W
製品画像
製品サイズ約30×30.5×30.5mm3.15 x 3.04 x 3.78 cm
重量約35g40.82 g
Amazon参考価格1,760円2,990円
比較表

この表を見ると、製品サイズの小ささ、重量、価格ともベルモンド Ultra Mini 30Wが優れていることが分かりますね

BELLEMOND(ベルモンド)
¥1,618 (2022/09/27 17:49時点 | Amazon調べ)

ベルモンド Ultra Mini 30Wを実際に使ってみた感想

では、実際にベルモンド Ultra Mini 30Wを使ってみて感じたことを、メリットとデメリットに分けてレビューしていきますね。

たいしょん

他社製品にも当てはまる部分があるかもしれませんが、大目に見てください(笑)

ベルモンド Ultra Mini 30Wのメリット

ベルモンド Ultra Mini 30Wを実際に使用して感じたメリットは下記の3点です。

  • 世界最小級で持ち運びが楽
  • 30W出力でMacBook Airも高速充電できる
  • 交換保証もLINEで気軽に申請可能

それぞれ解説していきますね。

世界最小級で持ち運びが楽

まず、30W充電器で世界最小級を謳っていることもあり持ち運びがかなり楽です。

ちなみにサイズは約30×30.5×30.5mmです。

実際にどれだけコンパクトなのか、比較してみましょう。まず、iPhoneにかつて付属していた5Wの充電器と比較してみます。理論値で6倍出力が違うわけですが、ベルモンド Ultra Mini 30Wが若干大きいぐらいでほぼ大きさは変わらないコンパクトさです。

たいしょん

Apple 5W USB電源アダプタは2,200円なので価格もUltra Mini 30Wが安いですね。

次に、iPadに付属している18W出力の充電器とも比較してみます。出力に倍近い差があるにもかかわらず、大きさはUltra Mini 30Wが小さいです。

最後に500円玉をのせて大きさを比べてみました。これがほぼ同じサイズ感なんですよね。30Wで充電できるとは信じがたい大きさです。

これだけコンパクトなので、マチの薄いガジェットポーチの外ポケットにもすんなり収納できました。

たいしょん

お気に入りのユウボク東京デイズポーチにも入って嬉しい!

このように、コンパクトで持ち運びも楽な充電器です。

30W出力でMacBook Airも高速充電できる

500円玉クラスのサイズで、しかも30Wの高出力なUSB PD充電に対応しているのがメリットです。実際にMacBook Airで充電してみた結果がこちらです。

充電時間バッテリー容量(%)
10分0→10%
30分32%
60分61%
MacBook Airの充電時間
たいしょん

めちゃ速いです。

MacBook Air自体は最大で45Wまでの高速充電に対応していますが、付属の純正充電器も30Wなので給電しながら使うのも十分な性能です。

次に、iPad Pro 11インチモデルでも充電をしてみました。結果はこちらです。

充電時間バッテリー容量(%)
10分0→14%
30分39%
60分70%
iPad Pro 11インチモデルの充電時間

iPad Pro 11インチ 第1世代モデルですが、こちらも最大30Wの急速充電に対応していますので十分な性能でした。

MacBook Proになると流石に無理がありますが、MacBook AirやiPadシリーズの急速充電に十分適した性能を持っているといえますね。

機種出力の目安
MacBook Air M1 202030W
MacBook Pro 13インチ61W
MacBook Pro 16インチ96W
MacBookの出力の目安

交換保証もLINEで気軽に申請可能

充電器は消耗品なので、アフターサポートも重要です。ベルモンド製品は公式LINEアカウントで気軽に交換保証の申請ができるだけではなく、チャットで不明点の質問もできます。

しかも公式LINEに登録するだけで、さらに製品保証が365日伸びるのでベルモンド Ultra Mini 30Wを購入したら必ず公式LINEにも登録することをおすすめします。

たいしょん

メールより楽でさすが日本メーカーのおもてなし精神がきいてますね!

ベルモンド Ultra Mini 30Wのデメリット

メリットも多いベルモンド Ultra Mini 30Wですが、ここからはデメリットもご紹介します。ベルモンド Ultra Mini 30Wを実際に使用して感じたデメリットは下記の3点です。

  • 別途USB PD対応のケーブルを購入する必要がある
  • プラグの折りたたみができない

こちらも解説しますね。

別途USB PD対応のケーブルを購入する必要がある

まず、ベルモンド Ultra Mini 30Wの性能を最大限に引き出すには別途USB PD対応ケーブルが必要になる点がデメリットです。実はUSB PDに対応していないケーブルは7.5Wくらいしか送れないので、充電器の性能を最大に引き出したいならUSB PD対応ケーブルが必要なんですね。

USB PD対応ケーブルはUltra Mini 30Wには付属していないので、別途購入する必要があるのは少し手間かもしれません。ちなみに高性能なので100円では売っていません。

最近のiPhoneやMacBookに入っているケーブルはUSB PD対応です。

信頼できそうなメーカーで探してみたところ、Anker PowerLine IIIがUSB PD対応ケーブルの中で最安級で耐久性も高そうです。

プラグの折りたたみができない

提供いただく前から気づいていましたが、ベルモンド Ultra Mini 30Wはプラグ部分の折りたたみができません。コンパクトな分、折りたためたらもっといいのにと思うこともあります。

逆に、折りたためないことで下記のメリットもあります

  • 折りたたみ機構がないので内部のケーブルに負荷がかかりづらく壊れにくい。
  • プラグをわざわざ開かなくてもそのままコンセントにさして使えるので効率的。

どちらを取るか悩ましいですが、大切に長く使いたいので折りたためなくてもいいかなというのが本音です。

ベルモンド Ultra Mini 30Wのレビューまとめ

ベルモンド Ultra Mini 30Wのレビューをまとめます。

メリット
デメリット
  • 新素材の窒化ガリウムを使用して30WのUSB PD出力に対応している。
  • 業界最小級の大きさで持ち運びやすい。
  • 1,760円で価格も安い。
  • 公式LINEで気軽にアフターサポートを受けられる。
  • 別途USB PD対応ケーブルを購入する必要がある。
  • プラグの折りたたみができない。

特に、下記の方におすすめできます。

  • 30Wの急速充電器でお手頃な価格の製品を探している。
  • 充電器をよく持ち運ぶので、コンパクトな充電器を探している。
  • できればMacBook Airでも十分高速充電可能な充電器を探している。
たいしょん

安心の日本メーカー製ですので、品質も高いです。
ぜひお試しください!

BELLEMOND(ベルモンド)
¥1,618 (2022/09/27 17:49時点 | Amazon調べ)
BELLMOND Ultra Mini 30W

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次