Innergie C3 Duo レビュー|AirPods並のコンパクトさで、30Wの充電ができる2ポート充電器[PR]

本記事では、台湾に本社を置くデルタ電子の急速充電器、「Innergieイナジー C3 Duo」をレビューします。

AirPods並のコンパクトさで、最大30Wの急速充電に対応する機動性の高い充電器です。2ポートありますので、スマートフォンやタブレット、ワイヤレスイヤホンなどの同時充電に最適です。

デルタ電子ってどんな会社?
デルタ電子とは?
  • 台湾に本社を置き、設立50年の歴史を持つ企業
  • 日本のグッドデザイン賞など数々の賞を受賞している

Innergieブランドでは「One For All 急速充電器シリーズ」として、1台で様々な機器の充電に対応できるモデルを5製品展開しています。

今回は、Innergie C3 Duoの特徴や外観、実際の給電テストで徹底レビューをしていきます。

この記事でわかること
  • Innergie C3 Duoの特徴
  • Innergie C3 Duoの使用感
  • Innergie C3 Duoの実際の給電能力

この記事は、デルタ電子様より製品提供をいただき作成しています。

タップできる目次

Innergie(イナジー) C3 Duoの特徴・仕様

まず、Innergie C3 Duoの特徴・仕様を解説していきます。

主な特徴
  • 最大30WのUSB PD充電に対応
  • AirPods並のコンパクトさ
  • 2ポートでスマートに電力を配分できる

最大30WのUSB PD充電に対応

充電しているMacBook Air

Innergie C3 Duoは、最大30WのUSB PD出力に対応していますのでMacBook Airの充電に最適。

MacBook Airなら、1.9時間で満充電、iPhone 13 Proなら50分で70%まで充電できます。

たいしょん

MacBook Airに同梱している充電器も30Wです。

USB PDって何?

PDPower Delivery)とは、USB Type-Cコネクタに対応した給電規格のことです。 従来からあるUSBポート経由での給電が最大7.5Wなのに対し、最大100Wと大きな電力を供給できるのが特徴。 USB PD対応充電器なら、パソコンや液晶モニターといった大型機器にも急速充電がおこなえます。

ビックカメラ公式サイトから引用

AirPods並のコンパクトさ

Innergie C3 Duoは、AirPods並のコンパクトさで持ち運びに最適です。

プラグの折りたたみもできますので、バッグに入れてもかさばりません。

2ポートでスマートに電力を配分できる

USB-Cポートが2ポートあり、同時充電の際はシングルポート最大15W(両ポート合計最大24W)で充電できます。

また、接続する機器によって最適な電力が供給されるよう自動で調整されますので、2つのどちらのポートにUSBケーブルを差して機器を充電しても問題ありません。

たいしょん

例えば片方だけ5W、片方だけ20W固定のように決められていないので柔軟に電力を供給できます。

仕様

入力100-240V AC / 1.0A 50-60 Hz
出力5V DC/3A
9V DC/3A
12V DC/2.5A
15V DC/2A
20V DC/1.5A
PPS 5V-11V/3A
(合計出力 30W)
サイズ & 重さ高さ30.4mm(1.2インチ)
横幅 42.8mm(1.7インチ) 
奥行き45.6mm (1.8インチ)
重量 70.5g(2.5オンス)
ポートUSB-C 1ポート
USB-A 1ポート
Innergie C3 Duoの仕様表

Innergie C3 Duoの外観レビュー

では、開封しながらInnergie C3 Duoの外観をレビューしていきましょう。

ロゴを含め白で統一されており、シンプルでおしゃれな外観ですね。

USBポートは2ポート搭載されており、USB PD充電に対応しています。USB-Aポートがないので、使用するケーブルによっては注意が必要ですね。

電源プラグは折りたたみ式で、持ち運びに便利そうです。

大きさ

大きさは高さ30.4mm、横幅 42.8mm、奥行き45.6mmでコンパクトです。

AirPods Proと大きさを比較すると、ほぼ同じサイズに見えますね。

Apple純正の18W充電器と比較しても、倍近い出力にも関わらずサイズは一回り大きいだけです。

このコンパクトさなら、胸ポケットに入れても邪魔になりません。

重さ

重さは実測で67.99gでした。

たいしょん

一般的な卵1個分(60g)ぐらいの軽さですね。

IInnergie C3 Duoの給電能力をテスト

ここからは、実際の給電能力をテストしてみましょう。

テストはルートアール USBチェッカー(RT-TC5VABK)を使って計測していきます。

MacBook Air単体の充電

まずは、MacBook Air単体で充電をしてみます。

MacBook Airに付属している充電器は30Wなので、30W近く出ていれば十分ですね。

充電しているMacBook Air

計測結果がこちらです。

20.01V X 1.418A = 28.29W

結果は28.29Wで、ほぼ理論値通りの結果になりました。これならMacBook Airの急速充電も十分こなせますね。

iPad ProとiPad miniの同時充電

次は、iPad Pro(11インチモデル)とiPad mini(第6世代)の同時充電を検証してみます。

iPad Pro(11インチモデル)とiPad mini(第6世代)

最新のiPadは20Wの急速充電器がついていましたが、iPad Pro 12.9 インチ (第 2 世代)までは12Wの充電器が付属していましたので、12W出ていれば問題ないでしょう。

まず、iPad Pro 11インチモデルの給電結果がこちらです。

4.689V X 2.932A = 13.246W

たいしょん

12W以上は出ていますね!

次に、同時充電しているもう片方のiPad miniの給電もテストしてみました。結果はこちらです。

4.653V X 2.756A = 12.823W

こちらも12W以上給電できていました。iPadの同時充電も十分な電力ですね。

Innergie C3 Duoのレビューまとめ

Innergie C3 Duoをレビューしましたが、AirPods並のコンパクトさで単ポート使用時にMacBook Airの給電に十分な30W近い電力を供給できていました

また、2ポート使用時も両ポート12W以上の給電ができており、iPadの同時充電にも最適なモデルです。

おすすめできる人・できない人

以上のレビュー結果から、Innergie C3 Duoをおすすめできる人、おすすめできない人はこちらです。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBook Airを充電する人
  • iPadを同時充電する人
  • よく充電器を持ち運ぶ人
  • MacBookを同時充電する人
  • 3機種以上同時充電する人
たいしょん

AirPods並のコンパクトさに惹かれた人はぜひお試しください!

他のInnergie製品の充電器レビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次