iPad Proを購入するなら11インチモデル?12.9インチモデル?実際に1年使って分かった後悔しない選び方

生活の知恵
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

私はiPad Proの11インチモデルと12.9インチモデルを所有して使い分けていますが、今後iPad Proを購入したいと考えていらっしゃる方に参考になればと思いこの記事を書きました。

スポンサーリンク

iPad ProはMacの代わりになる?

まずiPad Proにキーボードをつけて「Macの代わりになる」と断言しているレビューをよく見かけるようになりました。

結論から言うと、Macの代わりにはなりません。というより、「Macの代わりになる」といっている時点でその方が欲しているのはMacのはずなので、Macを素直に購入するべきです。例えばiPadでは以下のことができません。

MacでできてiPadでできないこと
  • DVD、CDのリッピング
  • マルチディスプレイ(ミラーリングしかできない)
  • Web開発環境の導入(アプリでできますが、流石に無理があります)
  • Illustratorが使えない
  • Mac対応ソフトが使えない(Mac用のソフトのレビュー依頼が来たら対応できません)
  • Windowsを動かす(仮想マシン立ち上げができません)

思いついただけでもこれだけできないことがあります。少なくともWeb制作の仕事をiPadでやりたくありません。

もしiPadとMacの購入を迷っている場合は、Macを購入したほうが幸せになれます。

スポンサーリンク

11インチを購入するか、12.9インチを購入するか

まず、iPad Proには11インチ12.9インチがあります。どちらも大きさ以外で大きな違いはありません。

では、この両者で迷った場合どちらを購入したほうが良いか、結論をお知らせします。

たいしょん
たいしょん

11インチモデルを選びましょう!!!

ここからは私の実体験を交えつつ、11インチモデルを選ぶべき理由をご説明していきたいと思います。

11インチモデルのほうが本体も周辺機器も安い

まずは値段です。ここで12.9インチモデルを128GBモデルで比較してみましょう。

11インチモデル84,800円
12.9インチモデル104,800円

税抜で2万円の差があることがおわかりいただけると思います。

iPad Proの購入及び下取り
対象iPadを下取りに出すと、新しいiPad Proの購入価格から下取り額分が割引。もしくは最大24か月、分割金利0%。送料は無料です。オンラインでの購入はapple.comでどうぞ。

あなたが購入するものは、iPad Pro本体だけではありません。ケースやキーボードカバーも必要になります。

ここでApple Magic keyboardを比較してみましょう。

11インチ用31,800円
12.9インチ用37,800円

ここでは6,000円の差が出ました。

11インチiPad Pro(第2世代)用Magic Keyboard - 日本語
新しいフルサイズのMagic Keyboardは、iPad Proで最高のタイピングをできるようにします。トラックパッドを搭載し、デバイスの前面と背面を守るカバーにもなります。

キーボードは確かに12.9インチモデルのほうがキーの大きさも若干変わりますので打ちやすいと思いますが、6,000円の差は少し大きいですね。

11インチモデルのほうが外で使いやすい

これは持ち運びやすいからという理由もありますが、画面が少し小さい分人目を気にしなくても使えるという利点があります。

1度12.9インチモデルを電車の中で使用していたのですが、横の方や後ろの席からの視線が気になり電子書籍を読む際に集中できませんでした。

その点で11インチモデルは画面が少し小さくコンパクトな分、誰かの視線を気にすることなく集中できるので持ち運びは圧倒的に11インチモデルの方が多いです。

片手で持てる手軽さがいい

11インチと12.9インチの大きさや重さの比較は下記です。

サイズと重量

どちらも軽いのですが、11インチモデルは少し大きいコンデジを持っているイメージ、12.9インチモデルはEOS Kissなどエントリーサイズの一眼を持っている感じに近いです。

エントリーサイズの一眼ぐらいの重さでは、グリップがないと片手持ちが厳しいです。

それに比べ11インチモデルは軽量なので、片手で持っていても苦になりません。

12.9インチモデルのほうが絵を描くスペースも広く取れるしいいのでは?

確かにサイズが大きいことによる利点もあります。絵を描いたり図面を編集したり、能動的にiPadを使う人は12.9インチがいいでしょう。

ただし言えることは、普段絵を描く習慣がない人はiPadを購入したからといって絵を描くようにはなりません。Appleストアで初めて触ったときは

たいしょん
たいしょん

Appleペンシルの書き味いいなぁ。購入したら絵を趣味にしようかなぁ。しかも11インチモデル小さいし大きいほうがいいやん!

というように購入するための言い訳を探したくなります。しかし実際に1年使ってみて、絵を描くことはありませんでした。

むしろ大きさが災いして外に持ち運ぶ機会も減り、数ヶ月お蔵入りになるようなもったいない経験をしています。

だからこそ、11インチモデルが絶妙な大きさで丁度いいと感じます。

スポンサーリンク

結論

絵を描く習慣がない人は11インチモデル絵を描く習慣のある方は12.9インチモデルでもいいですが外での持ち運びも視野に入れたいなら11インチモデルを選びましょう!

ちなみにiPadで悩んだらマックスむらいさんが分かりやすく解説していますので、こちらも御覧ください!

iPad全モデル比較!iPadの選び方とその理由を説明します
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
たいしょん

岐阜のTECPRESSO株式会社でWebエンジニアとして働いています。
1992年生まれ。学生時代は野球(副部長なのに補欠)と演劇をしていました。元技能五輪全国大会Webデザイン競技愛知県代表。
Apple製品をはじめとするガジェットやウェブサービス、デザインなどに関心があります。

たいしょんをフォローする
生活の知恵
スポンサーリンク
たいしょんをフォローする
たいしょんブログ
タイトルとURLをコピーしました