Amazon新生活セール開催中!(3月5日まで)

iPadでモニターアームが使えるようになるVESAマウント、MagFlo(マグフロ)を実機レビュー!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

この記事では、iPadでモニターアームが使えるようになるVESAマウント、World gadgets(ワールドガジェッツ)のMagFlo(マグフロ)を実機レビューします。

この記事で分かること
  • MagFloの活用方法・使い方
  • MagFloの使用感レビュー・メリット・デメリット
  • MagFloの11インチ用と12.9インチ用の違い

iPadで読書やブログ執筆と、マルチに活用している方は多いですよね。今回紹介するMagFloは、iPadとモニターアームを組み合わせてよりiPadを便利に使えるようにする製品です。モニターアームを使うことで、高さ調整、角度調整も自由自在なので、iPadを使う頻度も増えること間違いなしです。

たいしょん

実際にMagFloを使ってみましたので、その魅力や事前に知っておきたいデメリットなど徹底レビューします!

MagFlo
総合評価
( 5 )
メリット
  • モニターアームがiPadで使えるようになり様々な用途で便利に。
  • 充電しながら作業できケーブルマネジメントも考慮されている。
  • iPadに優しいシリコン素材で背面が傷つかない+滑りにくい。
デメリット
  • カバー付きの場合磁力不足で使えない場合がある

この記事はWorld gadgets(ワールドガジェッツ)様より製品提供をいただき作成しています。

気になる項目をクリック!

MagFloの魅力

  • モニターアームがiPadで使えるようになり様々な用途で便利に。
  • 充電しながら作業できケーブルマネジメントも考慮されている。
  • iPadに優しいシリコン素材で背面が傷つかない+滑りにくい。

モニターアームがiPadで使えるようになり様々な用途で便利に

このブログの読者の方は、モニターアームを使っている人が多いと思います。高さ調節や角度調節の自由度、一度使うと普通のスタンドには戻れないぐらい快適ですよね。その便利さをiPadで体験できるのが、MagFloの一番の魅力です。特に下記の用途で便利に感じました。

  • iPad単体でブログ執筆。
  • MacBookのサブモニターとしてiPadを使用。
  • iPadで絵を描いたりデザインをする。
  • iPadで読書をする。

例えばiPadでブログを書いているという方は、一般的なスタンドだと高さが足りないこともあるでしょう。MagFloを使えば、モニターアームで顔の真正面にiPadを設置できるので、姿勢が良くなり疲れにくくなります。実際にブログ記事を書いてみましたが、いつも作業しているモニターと同じ位置に画面があるおかげで快適に感じました。

MagFloでブログ執筆

MacBookを使われている方なら、Sidecar機能でiPadをサブモニターとして運用している方もいらっしゃいますよね。そんな方も、MagFloを使えば好きな位置にiPadを設置できて快適に作業できます。モニターアームなら画面を縦横に回転するのも自由自在ですし、Sidecar機能と相性がいいと感じました。

MagFloでSidecarを使っている様子

絵を描く方やデザインをする方も、細かな角度調整ができるモニターアームならより見やすく作業できます。iPadをそのままデスクに置いて作業するのもいいですが、ある程度角度と高さがあったほうが姿勢も正されて疲れにくく感じますよ。

MagFloで絵を描いている

長時間読書される方にも、MagFloは向いています。iPadで読書される方は手でiPadを持ちながら使う方が多いと思いますが、普段手で持っている位置にiPadを固定して読書するとメモなど空いた手で別の作業ができたり便利です。

MagFloで読書をしている
たいしょん

モニターアーム+iPad=めちゃくちゃ便利と感じました。

充電しながら作業できケーブルマネジメントも考慮されている

MagFloは、iPadを充電しながら使うことも想定して作られており、ケーブルマネジメントがかなり優れています。下記のパーツはUSB-Cケーブルを背面に通すためのコの字コネクターで、MagFloで使うためにオリジナルで開発されたものです。

MagFlo付属のコの字コネクタ

このコの字コネクターがない場合とある場合を比較してみました。

MagFlo付属のコの字コネクタなし
コの字コネクターがない場合
MagFlo付属のコの字コネクタあり
コの字コネクターがある場合
たいしょん

明らかにコの字コネクターありの方がスッキリしていますよね。

エルゴトロンLXの場合、ケーブルをアームに通すことができるので、背面もかなりスッキリしています。コの字コネクターを使うことによって自然な形でUSBケーブルがアームに誘導されており、見た目も美しく見えますね。

MagFloを背面から見た様子。コの字コネクターのおかげでケーブルがアームに収納しやすくなっている事がわかる。
たいしょん

ぶらぶらしやすいUSBケーブルもスマートに配線できます!

コの字コネクタの仕様を見ても高速なUSB PD充電に対応していますので、MagFloを使うなら必ず使っておきたいですね。

端子USB C(オス) to C(メス)
最大W数100W
最大転送速度10Gbps
コの字コネクタの仕様

iPadに優しいシリコン素材で背面が傷つかず滑りにくい+強力磁石使用でガッチリ固定

MagFloは、iPadが接する面にシリコン素材を使っていますので、iPadの背面を傷つけること無く使え、かつ動かした時に滑りにくくなっています。

MagFloの表面
MAGFLOの文字がおしゃれな接地面

また、12.9インチ用のMAGFLOには現在市場で入手可能な最強のネオジム磁石(N52)が75個使用されており、かなりガッチリとiPadを固定してくれます。iPadを持ってモニターアームを動かすと外れやすいのかなと思っていましたが、iPadを持ったまま動かしても簡単には外れないほど強力でした。

たいしょん

着脱もしやすく、使用頻度が増えそうです。

MagFloの使い方

MagFloの魅力を紹介したところで、実際にMagFloをモニターアームに取り付けて使用する方法を紹介します。

STEP
MagFloをモニターアームに取り付ける

まず、MagFloをモニターアームに取り付けていきます。MagFloを裏返しにして、ネジ穴が上を向くようにします。背面はアルミニウム合金で、かなり重厚感があります。

MagFloの背面
VESAマウントに対応したネジ穴が空いている

MagFloにはネジとワッシャーが6つ(2つは予備)ありますので、ワッシャーとネジを組み合わせて取り付けていきます。今回はエルゴトロンLXを取り付けてみましたが、ピッタリネジ穴の位置が合い固定できました。

ワッシャー付きのネジ
VESAマウントへの取り付けは外側のネジ穴でも内側のネジ穴でもOK

1箇所だけワッシャーを使うと空回りしてしまった(ネジの長さが足りないのかも)ので、ワッシャー無しで取り付けました。

STEP
モニターアームを支柱に差し込む

仕上げにMagFloを取り付けたアームを、エルゴトロンLXの支柱に差し込んだら完成です。

MagFlo
MagFloをモニターアームに

あとは、iPad ProをMagFloにくっつけるだけでモニターアームに対応した作業環境を構築できます。

マグネットで着脱も簡単
たいしょん

なお、iPadをMagFloに取り付ける際はカメラが背面から見て右上に来るように取り付けます。

iPadをMagFloに取り付けた様子

ちなみにモニターアームはモニターで使う想定がされているため、iPadで使う場合は各関節部分のネジを緩めておくことをおすすめします。

MagFloのデメリット

MagFloは便利ですが、使う前に知っておいてほしいデメリットもありますので紹介します。

カバー付きの場合磁力不足で使えない場合がある

iPadにシリコン製の保護カバーを着けている方も多いと思いますが、MagFloは磁力でiPadを固定するためカバーを使うと磁力不足で落ちてしまう可能性もあります。なので、できればカバーを外した素の状態での使用がもっとも安定してiPadを使えます。

MagFloを使う時は背面に磁石を内蔵しているカバーをおすすめします
たいしょん

僕の場合はケースに磁石が内蔵されているPITAKA MagEZ Case Proを使っているため、問題なく使えました。

なお、World gadgetsさんからMagFloに対応したiPad用ケースとカバーを今後発売予定ということだったので、カバーを装着しながらMagFloを使いたい方もう少し待ってみてもいいかもしれません。

11インチ用と12.9インチ用の違いを比較

MagFloは11インチ用と12.9インチ用がありますが、主な違いは下記の5点です。

  • サイズ
  • 重量
  • 対応機種
  • 内蔵しているマグネットの数
  • 価格
11インチ用12.9インチ用
サイズ13.7 x 24.0 x 0.5cm14.5 x 26.5 x 0.5cm
重量350g480g
対応機種iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)および11インチiPad Air(2020, 2022年式)iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)
内蔵しているマグネット38個75個
価格7,800円8,800円
11インチ用と12.9インチ用の比較表
たいしょん

基本はiPad Pro用ですが、iPad Airでも使いたい方は11インチ用を選びましょう!

まとめ:iPadでモニターアームを便利に使いたいならMagFlo

MagFlo

iPadでモニターアームを使えるようにするVESAマウント、MagFloをレビューしました。これまでにない発想でトガッたガジェットを生み出しているWorld gadgetsさんですが、今回のMagFloはかなり実用的でiPadユーザーならぜひ手に入れて欲しいアイテムだと感じました。

たいしょん

iPadでの文章作成やお絵描き、読書とマルチに活躍するVESAマウントですので、自宅での作業にきっと役立ちますよ。

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
気になる項目をクリック!