Amazonブラックフライデーセール開催中会場はこちら

【レビュー】『Secretlab TITAN Evo 2022』は在宅勤務が捗る4Dアームレストを搭載した本革のような質感のゲーミングチェア

たいしょん

どうも!テレワーク歴2年目に突入したたいしょんです。

快適なテレワーカーに必要なもの、広いデスクや高性能なPC、高速なネット環境、そして疲労を軽減する快適な椅子です。

僕はテレワークを始めてから、これまで2台のゲーミングチェアを使用してきました。

あわせて読みたい
DXRacer DX-11レビュー/テレワークも遊びもこなせるゲーミングチェア DXRacerのゲーミングチェア、DX-11を購入するに至った経緯とレビューをご紹介します。
あわせて読みたい
【レビュー】Secretlab OMEGA 2020 SoftWeave(ファブリック)は夏場のデスクワークも快適なかわいいゲ... 夏場のデスクワークにもぴったりなゲーミングチェア、Secretlab OMEGA 2020 SoftWeave(ファブリック)のレビュー記事です。

今メインで使用している椅子は「Secretlab OMEGA 2020 SoftWeave」です。半年間使用してきましたが、夏場でも蒸れにくく冷却ジェル搭載のヘッドピローも快適で手放せないものになっています。

今回Secretlab様より、最新の「Secretlab TITAN Evo 2022」をご提供いただきましたので、前作のOMEGAとの比較もしつつ使用感をレビューしていきたいと思います。

この記事はSecretlab様の提供でお送りします。

目次

1分で分かるSecretlab TITAN Evo 2022の特徴

では、まず「Secretlab TITAN Evo 2022(以下TITAN Evo 2022. )」の特徴を見ていきます。

これまでで技術的に最も進んだゲーミングチェア

Secretlabは、「Overwatch」や「サイバーパンク」といった人気ゲームとのコラボモデルを出していたり、世界的なゲームの大会でも使用されているゲーミングチェア業界のトップブランドです。

Secretlab TITAN Evo 2022

TITAN Evo 2022.は、これまで同社が開発した「TITAN」と「OMEGA」シリーズのそれぞれの良さを融合したゲーミングチェアです。

TITANの機能一覧
  • 独自の人間工学に基づいたペブルシートベース
  • SECRETLAB SOFTWEAVE® PLUS ファブリック
  • SECRETLAB NEO™ ハイブリッドレザーレット
  • 4-WAY L-ADAPT™ ランバーサポートシステム
  • CLOUDSWAP™交換システム付きフルメタル4Dアームレスト
  • SECRETLAB 磁気 メモリーフォームヘッドピロー
  • より短い、再設計された クラス4油圧装置
  • NFC 偽造防止 タグ
  • 特許出願中コールドキュアフォームミックス
  • 最大 5年間 の延長保証
  • 165°のリクライニングが可能なフルレンスバックレスト
  • マルチ・チルト 機構
  • ADC12アルミニウムホイールベース
  • XL PU キャスター

サイズの異なる3サイズ展開

前回まで高身長向けの「TITAN」と180cm未満の方向けの「OMEGA」の2シリーズ展開でしたが、今作から「TITAN」のみで3つのサイズ展開となりました。

Secretlab TITAN Evo 2022
サイズ推奨サイズ推奨体重
Sサイズ≤169cm<90kg
Rサイズ170cm-189cm<100kg
XLサイズ181cm-205cm80kg-180kg

選べる2つの素材

「TITAN Evo 2022.」では、2つの異なる素材を選択可能です。

各素材の種類と特徴
  • Secretlab NEO™ ハイブリッドレザーレット・・・スポーツカーの運転席に使われているNAPAの本革と同じような豊かな光沢があります。新世代のプレミアムレザーは、通常のPUレザーに比べて12倍の耐久性があるため、長年の使用にも耐えることができます。
  • Secretlab SoftWeave® Plusファブリック・・・パフォーマンス・フットウェアにインスパイアされた、テクニカルなSoftWeave® Fabric のより進化したバージョンで、1日中涼しくに過ごせます。高強度の糸をループ状に重ねることで、一本一本の縫い目に細かなディテールを盛り込んでいます。

内蔵型のランバーサポートとマグネット型のヘッドピローでよりスマートに

一般的なランバーサポートといえば、下記のように腰に置くタイプが一般的ですよね。

TITAN Evo 2022.では、ランバーサポートが内蔵型になり、よりスマートになりました。

また、ヘッドピローは一般的には下記のようなバンド型ですが、TITAN Evo 2022.ではマグネット式になりより手軽に取り付けが可能になりました。

▲一般的なバンド式のヘッドピロー
Secretlab TITAN Evo 2022のヘッドピロー
▲TITAN Evoで採用されたマグネット式のヘッドピロー
たいしょん

次の章で、外観や実際の使用感をレビューしていきます!いいところや注意点は下記のようにまとめてみました。

いいところ
注意したいところ
  • 内蔵式のランバーサポートやマグネット式のヘッドピローでよりスマートな見た目。
  • 硬すぎず柔らかすぎない絶妙な座り心地。
  • 最大165°のリクライニングとサスペンション機能で休憩中に寝られる。
  • 通常のPU素材より12倍の耐久性があり、本革のような質感で所有欲を満たせる。
  • 3サイズのサイズ展開で自分にあったサイズを見つけやすくなった。
  • ペブルシートで広々した座面なのであぐらをかきやすい。
  • リクライニング時のギシギシ音が若干気になる。
  • 合皮は夏場は蒸れやすいかもしれない。
  • 日本で試座できる場所がないので実際に使用しているユーザーに質問した方が良い。

外観レビュー

ここからは、外観レビューで質感を見ていきます。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲カラーは「ロイヤル」で、大人っぽい上品な質感です。
Secretlab TITAN Evo 2022
▲ヘッドピローあり
Secretlab TITAN Evo 2022
▲サイドはランバーサポートの調整つまみやリクライニングレバーがあります。
Secretlab TITAN Evo 2022
▲リクライニングレバーの意匠もシャープでカッコいいです。
Secretlab TITAN Evo 2022
Secretlab TITAN Evo 2022
▲ゲーミングチェアは世界大会でも使用されるため、背面のロゴは目立つように大きめに印字されています。

今作から「Secretlab NEO™ ハイブリッドレザーレット」という新素材が使用されています。

本革のような質感と、通常のPUレザーに比べて12倍の耐久性を実現しています。かなり高級感があり繊維のキメが細かく、サラサラしたさわり心地で気持ちがいいです。

通常のPUレザーは、環境中の水分が原因で剥がれが起きます。中間のフォーム層が水分を吸収すると、加水分解反応で劣化しやすくなります。これを避けるために、中間層を取り除き、ベース層を超微細ポリエステル繊維の特注の3D構造で補強し、優れた強度、屈曲性、耐摩耗性を実現しました。

https://secretlabchairs.jp/technology?slg=JP
Secretlab TITAN Evo 2022
▲汚れもつきにくいので、ゲームや作業をしながら飲食をする方はハイブリッドレザーレットがおすすめです。
バックレストの幅51cm
バックレストの高さ82cm
シートベースの幅45cm (側面を含めて53cm)
アームレストからアームレストまで62-70cm
床からシートベースまでの高さ45-52cm
高さ調整7.5cm
ロゴステッチ刺繍
技術仕様

使用感レビュー

ここからは、実際にTITAN Evo 2022.に座ってみて感じた使用感をレビューしていきます。

硬すぎず柔らかすぎずな絶妙な柔らかさの座り心地

コールドキュアフォーム」というSecretlabオリジナルの素材を座面に使用しており、体圧を均等に分散するということでした。圧力を分散することで、長時間座った時にお尻が痛くなるといったことを軽減できます。

Secretlab TITAN Evo 2022

実際に座ってみましたが、一般的なモールドウレタンのゲーミングチェアよりも沈み込みが少なく、適度な反発があるので疲れにくく感じました。

Secretlab TITAN Evo 2022

頭を支えるヘッドピローはマグネット式で、上下に調整することができます。前作のOMEGAのものより反発が少なくもちもちしており、非常に気持ちがいいです。

冷却ジェルも内蔵していますので、夏場でも首元はひんやりした感触を味わうことができます。

Secretlab TITAN Evo 2022

今回からランバーサポートが内蔵式になりましたが、外付けのものと違い自分の背骨にあった位置に微調整できるのでより快適に感じました。

Secretlab TITAN Evo 2022

クッション性は外付けのふかふかしたランバーサポートの方がいいですが、チェアとの一体感があり僕は内蔵型のランバーサポートの方が好きです。

休憩中に寝られるリクライニング機構

TITAN Evo 2022.は、165°の角度まで倒すことができます。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲リクライニングレバーの意匠もシャープでカッコいい

実際にどれぐらい倒せるのか、試してみました。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲テレワークの作業中にリクライニングできると気持ちが良くて最高です。

ゆりかごのようにゆらゆらするサスペンションシステムを搭載していますので、実際は165°よりもう少し寝かせることができます。

安定感が高く、安心して背中を預けられます。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲サスペンションノブを回してゆりかごのようにゆらゆらと倒すことも可能です。

リクライニングすることは実はメリットがあり、スウェーデン生まれの整形外科医師であるナッケムソン先生によると、座っているときよりもあおむけ寝の方が椎間板にかかる負荷が115%軽減されるとされています。

引用:https://exgel.jp/jpn/column/headposition/
たいしょん

こう見るといかに座位が腰に負担のかかる姿勢なのか分かりますね。

余談ですが、このように前傾姿勢の場合でも追従してくれます。通常のゲーミングチェアはまっすぐが限界ですが、TITAN Evo 2022.は前傾の調整域も広いです。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲椎間板に負担のかかる姿勢なのでやめましょう。

4Dアームレストでタイピングも快適

TITAN Evo 2022.はゲーミングチェアの中でも調整幅の広い「4Dアームレスト」を搭載しています。他社でも高価格帯の最上位機種にしか搭載しない機構です。

Secretlab TITAN Evo 2022

例えばハの字型にすることで、キーボードでタイピングするときにうまく肘から先がフィットするようになります。

たいしょん

回転方向の調整があるだけでも、タイピング時にフィットしやすくなるので楽で疲れにくいんですよね。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲キーボードに沿ったハの字型
Secretlab TITAN Evo 2022
▲このように腕を乗せて快適にタイピング可能

その他にも、上下や左右、前後の調整も可能です。

ゲーミングチェアはその名の通りゲームをする方向けに開発されたものですが、長時間座って作業をするデスクワーカーにも最適です。

あぐらをかいても快適

TITAN Evo 2022.は、シートベースが緩やかなカーブを描いているためあぐらをするのも快適です。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲同社はペブルシートベースと呼んでいます。

実際にあぐらをかいてみましたが、この通り広々していてアームレストにも干渉することなく座ることができました。

購入時の注意点

ここからは、購入の際の注意点をご紹介します。

リクライニング時のギシギシ音は目立つ(Barrier Kit装着で解決)

現在生産中のモデルでは、Barrier Kitなしでもギシギシ音が出ないようになっています。あくまでサンプル品の仕様であることをご理解ください。

今回「Secretlab NEO™ ハイブリッドレザーレット」を選択しましたが、合皮ということで素材同士が擦れ合う際に「ギシギシ」という音が若干気になります

OMEGAで「Secretlab SoftWeave®ファブリック」を使用していた際は気にならなかったので、購入の際は注意したほうが良さそうです。

実際にリクライニング時の動作を収録しましたので、気になる方はごらんください。

▲リクライニング時の動作

なお、音の原因は椅子の内側のサイドカバーに張り地が近づいていることとSecretlab様より回答いただきました。

別途TITAN Evo 2022.専用の「バリアキット」を差し込むことで、音が軽減されます。早速送っていただきましたので、装着して音が改善されているかテストしてみます。

バリアキットの内容物
  • リクライニングカバー x 2つ
  • フェルト x 2つ
  • 説明書

バリアキットの装着手順はこちらです。

STEP
リクライニングカバーのはめ込み

まずは、リクライニング用のカバーをはめ込んでいきます。下記の赤丸部分が擦れることで音が発生しているので、こちらをカバーします。

リクライニングカバーのはめ込み
リクライニングカバー

下記のイメージのように、隙間に押し込んではめ込んでいきます。

右側のカバーの装着が完了したら、反対側も同様に取り付けていきます。

リクライニングカバーのはめ込み
STEP
フェルトを貼り付ける

次に、フェルトを貼り付けていきます。こちらは表面はフェルト地で、裏面は硬いプラスチック製になっています。

フェルトを貼り付ける
フェルトを貼り付ける
▲LとRで左右が分かるようになっています

下記のイメージのように、こちらも隙間にはめ込んでいきます。

フェルトを貼り付ける

はめ込んだら、両面テープのシートを引っ張って剥がしていきます。

フェルトを貼り付ける

反対側も同じようにフェルトをはめ込んだら、完了です。

フェルトを貼り付ける
たいしょん

早速、ギシギシという異音が改善されているか、検証してみましょう。

バリアキット装着後

これでしっかり異音が改善されていました!こちらはSecretlabさんにお問い合わせをすることで取り寄せ可能ですので、気になる方はぜひお試しください。

夏場は蒸れやすいかも

TITAN Evo 2022.に限ったことではないですが、合皮製のゲーミングチェアは湿気を逃がしにくいため夏場に蒸れやすいです。

冬場なので今は気になっていませんが、もし夏場に長時間座る場合は「Secretlab SoftWeave® Plusファブリック」の素材を選択したほうが無難です。

日本国内で試座できる場所がない

これは製品自体のことではないのですが、Secretlab製品は日本ではAmazonのみの販売に絞っているため、量販店などで試座できる場所がありません。

安い買い物ではないので、僕のように実際に使用しているユーザーに質問してみるのもいいでしょう。

たいしょん

僕のTwitterアカウントでいつでもきいてください!

Secretlab 2020 OMEGAと比較

ここからは、前作の「OMEGA」と今作の「TITAN Evo 2022.」のSサイズを比較していきます。

▲シートの奥行きはランバーサポートの分OMEGAの方が深め
▲OMEGAはシートの両側が盛り上がっており、あぐらはかきにくいです。
▲アームレストは5ミリ程度OMEGAの方が高いです。
Secretlab TITAN Evo 2022
▲バックレストも数ミリOMEGAの方が高いです。

主な違いは、下記の比較表にまとめてみました。

OMEGA 2020TITAN Evo 2022
推奨身長<180cm<169cm
推奨重量<110kg<90kg
ヘッドレストバンド式マグネット式
ランバーサポート外付け内蔵式
シートベースのスタイルぴったりフィット平坦(足を組んで座れる)
アームレストの着脱不可マグネット式
Amazon参考価格57,900円62,900円
▲OMEGA2020とTITAN2022の比較表

OMEGAは身長が180cm未満とざっくりした推奨身長でしたが、163cmの僕でも一番下まで下げてギリギリのサイズ感でした(かかとは若干浮きます)。

TITAN Evo 2022.は推奨身長169cm未満とより推奨身長が低く設定されていますので、僕も丁度いいサイズ感です。

ちなみに身長170cmの方はSサイズとRサイズのどちらを選べば良いのか迷いますが、Sサイズで問題ないという結論でした。

たいしょん

価格は最新のTITAN Evo 2022.の方が高いですが、サイズの選択肢が幅広く長く使いたいのであればTITAN Evoを選んでおけば間違いないでしょう。

組み立て方法(組み立ての所要時間30分)

ここからは、TITAN Evo 2022.の組み立て方法をご紹介します。

箱は30Kg以上ありますので、2階の部屋に椅子を設置したい場合は箱から出して2階にパーツを持ち込んで組み立てるのがおすすめです。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲この箱を2階まで持ち上げるのは困難です。
たいしょん

配達員さんがめちゃくちゃ重そう(実際めちゃくちゃ重い)に運んできますので、できれば手伝ってあげましょう。

Secretlabは大きく見やすい組み立て説明書がついていますが、なんと今回から日本語対応の説明書になりました。

Secretlab TITAN Evo 2022

Secretlab OMEGAの時はすべて英語の説明書でしたので、より組み立てやすくなりました。

▲日本語の説明書で読みやすいです。

組み立てに必要な工具はすべて揃っていますので、別途ドライバーを用意しなくても大丈夫です。

Secretlab TITAN Evo 2022
▲実用的な工具類がついてきます。
STEP
組み立てスペースの確保と付属品の開封

まずは組み立てるスペースを確保します。150cm四方のスペースがあれば十分です。

STEP
ホイールベースにキャスターとピストンを取り付ける

ホイールベースにキャスターを取り付けていきます。

次に、ピストンを取り付けていきます。

ピストンを取り付けたら、スリーブを被せます。

STEP
バックレストとリクライニングブラケットを取り付ける

バックレストと、シートベースにあるリクライニングブラケットを取り付けていきます。まず下記のように、バックレストについているネジを取り外します。

差し込んだら、ネジ止めをします。

ネジ止めが完了したら、カバーを取り付けます。このカバーはマグネット式ですので、ただ被せるだけで取り付けが完了します。

STEP
セーフティタブを外す

運送中やバックレストの取り付け中にリクライング機構が作動しないようにするため、あらかじめセーフティタブが付けられています。

STEP
シートベースにチルト機構を取り付ける

ここからは、シートベースにチルト機構用のパーツを取り付けていきます。

シートベースにチルトレバーの差し込み方向が書かれているので、こちらに沿ってまずはチルトレバーを取り付けます。

▲僕は気づかず反対側のチルトレバーを逆向きに付けてしまいました。しかし後で起こしても取り外しできるので大丈夫です。
STEP
ホイールベースを取り付ける

組み立ての最終段階で、ホイールベースを取り付けていきます。

STEP
椅子を起こす

ここまで完了したら、組み立てた椅子を起こします。

一人でも持てますが、二人で起こしたほうが安心ですね。

STEP
仕上げにアームレストとネックピローを取り付けて完成

肘を乗せるアームレストも取り付けていきます。

マグネット式なので、乗せるだけで取り付け完了です。

ネックピローもお好みで取り付けていきます。こちらもマグネット式なので、取り付けも簡単です。

これで完成です。

まとめ:最先端の機能で長く快適に仕事できるゲーミングチェア

Amazon参考価格で62,900円と高価な部類になりますが、3万円台の安いゲーミングチェアも使っていた僕からすると結論はこうです。

たいしょん

これは買いです。

デスクやチェアは頻繁に買い換えるものではありませんし、毎日使うものなので長く使いたいのであれば高価でも良いものを選べば結果的に毎日の満足感は高いです。

また、Secretlabはただ高価なだけではありません。品質や性能の良さもさることながら、徹底したテストで壊れにくい製品を実現しています。保証期間も5年間と長いのは、品質の高さに自信がある証拠と言えます。

▲Secretlabのテスト内容
いいところ
注意したいところ
  • 内蔵式のランバーサポートやマグネット式のヘッドピローでよりスマートな見た目。
  • 硬すぎず柔らかすぎない絶妙な座り心地。
  • 最大165°のリクライニングとサスペンション機能で休憩中に寝られる。
  • 通常のPU素材より12倍の耐久性があり、本革のような質感で所有欲を満たせる。
  • 3サイズのサイズ展開で自分にあったサイズを見つけやすくなった。
  • ペブルシートで広々した座面なのであぐらをかきやすい。
  • リクライニング時のギシギシ音が若干気になる。
  • 合皮は夏場は蒸れやすいかもしれない。
  • 日本で試座できる場所がないので実際に使用しているユーザーに質問した方が良い。
たいしょん

妥協したくない方に、ぜひ「Secretlab TITAN Evo 2022」をおすすめします!最後までご覧いただきありがとうございました。

Secretlab TITAN Evo 2022の新モデルが11月29日より日本でも発売開始

11月29日より、「Secretlab League of Legends Ruination Collection」と「Secretlab Minecraft Edition」の2機種が日本でも発売開始しました。

Secretlab League of Legends Ruination Collection
▲Secretlab League of Legends Ruination Collection
Secretlab Minecraft Edition
Secretlab Minecraft Edition

Amazon専売ですが、ゲームが好きな方はぜひチェックしてみてください!

\ブラックフライデーセール開催中/
Amazonで探す
Amazonでのお買い物は現金チャージがお得!
Amazonギフト券チャージ

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

たいしょん

僕も利用してAmazonでお得に買い物をしています!

昨年は合計で約5,000円分得しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる