SimplismのiPhone 15シリーズ向け画面保護ガラスをレビュー|貼るピタULTRAで誰でもプロの仕上がり

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
SimplismのiPhone 15シリーズ向け画面保護ガラスをレビュー

この記事では、SimplismのiPhone 15シリーズ向け画面保護ガラスをレビューします。貼るピタULTRAという独自機構で、iPhoneへのガラス保護フィルムの位置決め、ゴミ取りを短時間で簡単に行える製品です。

たいしょん

誰でも簡単にプロのような仕上がりを実現できます!

今回はトリニティ様より、下記の4種類の貼るピタMAX対応製品を提供いただきました。

  • iPhone 15 / 15 Pro / iPhone 14 Pro [FLEX 3D] Dragontrail 高透明 複合フレームガラス
  • iPhone 15 / 15 Pro / iPhone 14 Pro [FLEX 3D] のぞき見防止 複合フレームガラス
  • iPhone 15 / 15 Pro / iPhone 14 Pro ケースとの相性抜群 ゴリラガラス 反射防止 画面保護強化ガラス
  • iPhone 15 / 15 Pro / iPhone 14 Pro ケースとの相性抜群 ゴリラガラス 高透明 画面保護強化ガラス

iPhone 15 Pro対応モデルは、iPhone 15とiPhone 14 Proにも使用できます

Simplismの貼るピタMAX対応製品
Simplismの貼るピタMAX対応製品
たいしょん

実際にガラス保護フィルムを貼り付けながら、使用感をレビューしていきます!

気になる項目をクリック!
たいしょん

この記事はガジェットブロガーのたいしょんが担当しています。公式Xアカウントもフォローをお待ちしています!

貼るピタULTRAの貼り付け方

まず、貼るピタULTRAのガラス保護フィルムがどれだけ貼りやすいのか、貼り付け方を紹介しながら知っていただこうと思います。

STEP
クロスで画面を拭く

まず、付属のクリーニングクロスでiPhoneの画面を拭き取っていきます。ちょっとしたホコリはあとで取れるので、皮脂汚れなど落ちにくい汚れを入念に拭き取っていきましょう。

STEP
ガイドに入れる

次に、貼るピタULTRAのガイドにiPhoneを差し込んでいきます。ズレがないように、しっかりガイドの奥に押し込みます。

ガイドに差し込んだら、ツメを折ってガイドのカバーが外れないようにします。

STEP
埃取りテープの剥離用紙を剥がす

次に、埃取りテープの剥離用紙を剥がします。貼るピタMAXのときは、2枚剥がす必要があったので1回で済むようになりました。

埃取りテープの剥離用紙を剥がしたら、上から押し込んでiPhoneに埃取りテープがくっつくようにします。

STEP
埃取りテープを剥がしガラス保護フィルムを貼り付ける

次に、埃取りテープを剥がしガラス保護フィルムを貼り付けていきます。右にシートを引っ張ると、埃取りテープが剥がれ同時にガラス保護フィルムがiPhoneに吸着するようになっています。

ガイドのカバーを外し、上部のくぼんでいる部分を撫でるようにしてガラス保護フィルムをiPhoneになじませていきます。

STEP
ガイドから外し気泡を取ったら完成

最後に、ガイドから外し気泡を取っていきます。まだ保護フィルムに透明なシートが張り付いたままなので、右下から左上へゆっくりと剥がしていきます。

この時点でまだ気泡が残っているので、画面を押し込んで気泡を取っていきます。自動吸着機能がついていますので、小さな気泡は数日でなくなります。

ガラス保護フィルムの気泡を取り除いたら完成です。

たいしょん

撮影しながら3分ほどで貼り付け完了しました。

Simplismのガラス保護フィルムのレビュー

貼り付けが完了したので、仕上がりなどをレビューしていきます!今回は「iPhone 15 / 15 Pro / iPhone 14 Pro ケースとの相性抜群 ゴリラガラス 高透明 画面保護強化ガラス」を使用しました。

貼り付けの仕上がり

ガラス保護フィルムの貼り付けの仕上がりですが、画面の上部、下部ともにほぼズレがなくきれいに貼り付けが完了しました。

ケースと干渉しない小さめのタイプのガラス保護フィルムなので画面表示とのズレを心配しましたが、下記のイメージのようにほぼ画面表示領域部分をカバーできています

たいしょん

貼り付けは納得の仕上がりでした。

画質

ガラス保護フィルムを貼り付けると画質への影響が心配ですが、高透過のゴリラガラスということで曇りのない画面表示を実現していました。保護フィルムのサイズが小さいので少しフチの部分が盛り上がっているのが気になりますが、「 FLEX 3D Dragontrail 高透明 複合フレームガラス」など画面の端までカバーするモデルなら問題ないでしょう。

画面の滑り

以前まで同社のDragontrailモデルを使用していたのですが、明らかにゴリラガラスのモデルのほうが指の滑りが良かったです。高光沢で指の引っ掛かり感が少ない方がいいなら、ゴリラガラスのモデルをおすすめします。

ARで貼り付け方の解説が見れる

貼るピタULTRAのガラス保護フィルムは、パッケージのQRコードを読み取ってパッケージにiPhoneのカメラをかざすとARコンテンツが見れるようになっています。アニメーションで貼るピタULTRAの使用方法が分かり、面白いコンテンツですね。

ケース干渉交換保証ありで失敗しても安心

Simplismのガラス保護フィルムは、例えばガラス保護フィルムがiPhoneケースに干渉して使えなくなってしまった場合に一回り小さなガラス保護フィルムに交換できる制度があります。

ガラスプロテクターとパッケージ、レシートがあれば1年以内であれば交換できますので、「自分のケースとの相性が不安」という方も安心して使えます

ちなみに交換対象はケース干渉のみで、貼り付けに失敗した場合の保証はありません。ただしガラスが欠けたり割れた場合は1年以内に交換可能です。

Simplismのガラス保護フィルムをおすすめできる人

Simplismのガラス保護フィルムをおすすめできる人は、下記の方です。

  • iPhoneへの保護フィルムの貼付けが苦手だけど失敗したくない。
  • 覗き見防止やブルーライトカットなど様々なバリエーションから選びたい。
  • ケース干渉のリスクを減らしたい。

Simplismの中でも貼るピタULTRA対応ガラス保護フィルムは、1枚で3,000円近いので正直高価です。安いガラス保護フィルムでもいいのですが、僕のように保護フィルムの貼り付けに失敗して何度も買い直すよりは一回で成功する質の高い保護フィルムを買ったほうが絶対に楽です。

たいしょん

バリエーションも多く、自分にあったフィルムが見つけやすいのがSimplismの貼るピタULTRA対応ガラス保護フィルムの魅力なので、ぜひ一度お試しください。

貼るピタULTRA対応ガラス保護フィルムはこちら

SimplismのiPhone 15シリーズ向け画面保護ガラスをレビュー

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
気になる項目をクリック!