【ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションレビュー】Apple Watchの充電に便利な小型モバイルバッテリー

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーション

本記事では、Apple Watchを充電できるバッテリー、ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションをレビューしていきます。

外出先でApple Watchを使うとき、1日ならいいですが2日目までバッテリーが持たない事が多いですよね。そのため旅行や出張などでは、Apple Watch用の充電器とモバイルバッテリーが必須です。

今回紹介するワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションは、Apple Watchの充電ができるだけではなく4 in 1で下記の機能が使えます。

  • Apple Watch充電器
  • 充電スタンド
  • モバイルバッテリー
  • パワーハブ機能
たいしょん

旅行先で持ち物が減らせそうですね!

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションをしばらく使ってみましたので、特長や実際の使用感をメリット、デメリットを含め紹介していきます!

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーション
総合評価
( 4 )
メリット
  • 4 in 1で充電器にもモバイルバッテリーにもなる
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • MFi認証取得でほとんどの種類のApple Watchの充電に対応
デメリット
  • バッテリー本体はApple Watchしか充電できないので注意

この記事はワールドガジェッツ様より製品提供を受け作成しています。

気になる項目をクリック!
たいしょん

この記事はガジェットブロガーのたいしょんが担当しています。公式Xアカウントもフォローをお待ちしています!

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションの特長

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションの特長・仕様・付属品を下記のタブにまとめました。

  • Apple MFi認証取得済みバッテリー
    Apple Watch純正の磁器充電モジュールを使用しており、MFi認証を取得しています。そのためすべてのモデルのApple Watchに対応しています。
    MFi PPID:229515-446475
  • Apple Watchを2〜3回フル充電可能
    925mAhのバッテリーを内蔵していて、Apple Watchを2回以上フル充電できます。
    旅行中や外出中も電池切れを心配なく楽しめます。
  • 4 in 1,Apple Watchに必要なもの全部入り
    Apple Watch用充電器、スタンド、バッテリー、パワーハブを1つに詰め込みました。
  • 充電スタンドとしての性能に自信
    モバイルバッテリーとしてだけでなく、充電スタンドとしての性能にこだわりました。全てのサイズのApple Watchのために、2種類のシリコンシートを用意しています。
  • いつでも最新のWeb説明書
    環境に配慮し、紙の取扱説明書をなくすことに成功しました。スマホで簡単に見れ、いつでも最新の説明書を見ることができます。

デザイン

バッテリー本体のデザインは、純正のApple製品のようなシンプルさでおしゃれです。カラーはホワイトのみですが、Apple製品は充電器を含めホワイトが多いので相性は良さそうですね。

Apple Watch充電用のパッドがある
バッテリー底面にスタンド用の電子接点がある
上部に電源ボタンとバッテリー本体への充電用にMicro USB端子がある
たいしょん

丸みを帯びていて持ちやすくなっています!

スタンドはバッテリーを差し込んで、充電ができるようになっています。Apple Watchを置けるように、くぼみがありますね。

スタンドには電子接点があり、バッテリーを充電できる。
スタンドの側面には充電用のUSB-C端子がある
スタンドの底は滑り止めになっている
たいしょん

Apple Watchだけではなく、USB-Cケーブルを接続して他の機器も充電可能です。

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーション
バッテリーとスタンドを取り付けた様子

サイズ

サイズは実測値で39.8 x 60.0 x 21.3 mmと、かなりコンパクトです。完全ワイヤレスイヤホンのケース並の小ささなので、持ち運びに便利そうですね。

完全ワイヤレスイヤホンのケースと同じぐらいのサイズ感

重さ

バッテリーは十曽奥地で54.53g
バッテリーとスタンドを合わせて79.40g

重さはバッテリー本体のみで54.53g、スタンドを含めると79.40gでした。モバイルバッテリーとしてはかなり軽量ですね。

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションのレビュー

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションのレビューを紹介していきますね。

Apple Watchの対応力は高い

Apple Watch用の充電器なので、Apple Watchの対応力を検証してみました。まずはApple Watch第7世代(41mmモデル)を充電してみます。

シリコンシートを使えば小さなサイズのApple Watchも充電できる

こちらはサイズが小さいのでそのままでは充電できませんでしたが、スタンドにシリコンシートを置いてみたところ位置が合い充電できました。ナイトスタンドモードが使えるので、このまま置き時計として使えて便利ですね。

次にApple Watch第4世代(44mmモデル)に、ラギッドアーマーを装着した状態で使ってみました。ラギッドアーマーはG-SHOCKのようなかなり厚みのあるケースで、使えるか心配でしたがピッタリスタンドに収まりました。

44mmモデルに厚めのケースを使っても充電できた
たいしょん

これならほとんどのApple Watchを充電できますね!

USB-Cケーブルで他の機器を充電

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションは、Apple Watchに加えてUSB-Cケーブルで他の機器も充電可能です。実際に充電を試してみました。

ケーブルで充電可能

ルートアール USBチェッカー(RT-TC5VABK)を使って測定してみましたが、5W〜8Wぐらいの出力で充電できました。若干出力が弱い気もしますが、それでもスマホの充電程度なら十分ですね。

5W前後で充電可能

持ち運びやすさ

ポケットに入るサイズ感で邪魔にならない

サイズが完全ワイヤレスイヤホンのケース並みにコンパクトなので、例えば服のポケットに入れても邪魔になりません。Apple Watchの充電に特化しただけあって、身軽に使えるのはかなり魅力ですね。

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションのデメリット

バッテリー本体はApple Watchしか充電できないので注意

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションのバッテリーは、あくまでApple Watchを充電できることに特化した製品ですので、バッテリー単体でApple Watch以外の機器を充電できません

もしスマートフォンを充電する場合、別のモバイルバッテリーも持ち歩いたほうが良さそうですね。

たいしょん

スタンドで有線の充電もできるので、コンセントがある場所なら問題なさそうです。

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションをおすすめできる人

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションをおすすめできる人は、旅行や出張先でApple Watchを使う人です。

Apple Watchは専用の充電器がないと充電できないため、ただワイヤレス充電できるモバイルバッテリーや充電器では不十分です。ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションなら、Apple Watchの充電器にもモバイルバッテリーにもなるので、出先でも宿泊先でも充電できます。

また、4 in 1で他の機器も充電できるので、緊急用のスマホバッテリーとしても活用できます。

たいしょん

持ち運びやすさと汎用性の高さは旅行や出張で活躍しますね。

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションのレビューまとめ

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーションをレビューしました。

Apple Watch用のモバイルバッテリーは選択肢が少ないですが、モバイルバッテリーにもスタンドにもなる本機はかなり利便性が高いです。

たいしょん

Apple Watch用のモバイルバッテリー、充電器を探している方はぜひ検討してみてくださいね!

ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーション
総合評価
( 4 )
メリット
  • 4 in 1で充電器にもモバイルバッテリーにもなる
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • MFi認証取得でほとんどの種類のApple Watchの充電に対応
デメリット
  • バッテリー本体はApple Watchしか充電できないので注意
ワールドガジェッツ 4 in 1ドッキングステーション

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
気になる項目をクリック!