あのSwitchBotからついに学習リモコンが登場!レビューを見る(クーポン付き)

BLUETTI AC70レビュー!768Whで容量と持ち運びやすさのバランスがいい小型ポータブル電源

この記事では、小型ポータブル電源のBLUETTI AC70をレビューします。

この記事で分かること
  • BLUETTI AC70の特徴
  • BLUETTI AC70の使用感(充電時間・バッテリー持ちなど)
  • BLUETTI AC70のメリット・デメリット

キャンプや車中泊で需要の高いポータブル電源ですが、容量と持ち運びやすさのバランスで700Wh〜1200Whの製品が人気です。AC70は768Whのポータブル電源で、かなりバランスの良い製品です。

たいしょん

実際にAC70を使ってみましたので、特徴や使用感を中心にレビューしていきます!

BLUETTI
¥99,800 (2024/05/22 22:18時点 | Amazon調べ)

PR:この記事は、BLUETTI様より製品提供を受け作成しています。

タップできるもくじ

BLUETTI AC70の特徴

BLUETTI AC70は、下記の特徴があります。

主な特徴
  • 全面バージョンアップ
    BLUETTI AC70は768Whのリン酸鉄リチウム電池を採用され、3000+充放電回数の長寿命と熱安定性を確保しながら、1000Wの双方向インバーターを装備しています。
  • 最新版の電力リフト機能を搭載
    電力リフト機能により、電気ポットやドライヤーなど定格消費電力2000Wまでの電熱線搭載の家電(抵抗負荷)が対応可能となります。
  • 1.5時間フル充電
    出力を高めるだけでなく、重いアダプターを持ち運ぶ必要がなく、AC入力950Wの高速モードで、AC充電ケーブル1本で45分で80%まで充電、1.5時間フル充電が可能です。
  • AC充電は3つのモードをアプリで選択可能
    静音モードでは45dBという低騒音で、夜にも安心して静かに充電できます。環境に優しく、電気料金を節約するだけでなく、停電時にも安心して電力を利用できます。
  • UPS機能を搭載
    AC70は20msの切り替え時間で瞬時に電力を回復するUPS機能を搭載してます。同機能を持つ業界のポータブル電源と比較して、応答時間は他社の約65%に短縮しています。
  • APPコントロール
    BLUETTIアプリを使えば、スマホでAC70の状態を監視し、充放電などのを設定し、バージョンアップをすることができます。スマートな管理が簡単に実現できます。
たいしょん

モバイル電源としてだけではなく、補助電源のUPSとしても使えるので停電時にも便利ですね。

項目仕様
定格容量768Wh
出力1000W (瞬間最大2000W)
サイズ幅255.8mm x 奥行き314mm x 高さ209.5mm
重量約10.2kg
充電時間約1.5時間 (ACアダプター使用時)
ソーラー充電最大500W入力
ポート数7つ (AC、DC、USB、USB-C、12V、24V)
静音性最大50dB (静音モード時は最大45dB)
拡張バッテリー対応B80、B230、B300の3種類の拡張バッテリーに対応
アプリ操作BLUETTI専用アプリでリアルタイム監視、充放電設定、バージョンアップなどを簡単に行えます。
サイクル寿命3000回以上
BLUETTI AC70の仕様

ちなみに保証期間はポータブル電源としてはかなり長めの5年間で、安心して使えますね。

外観

BLUETTI AC70は、幅255.8mm x 奥行き314mm x 高さ209.5mmの小型ポータブル電源です。外観は一般的なポータブル電源に多いブラックで、無骨でシンプルなデザインですね。BLUETTIはフロントパネルに出力系統の端子が集中していて、AC70も同様に使いやすい印象です。

出力端子は下記の仕様です。

項目仕様
AC出力2×100V/10A、 合計1,000W
タイプ純正弦波
瞬間最大2,000W
USB-C × 25/9/12/15/20V、3A;20V、5A
USB-A × 25V/2.4A
DC出力12V/10A
出力端子の仕様

側面には、AC入力端子があり、家庭用のコンセントから給電可能です。

入力端子は下記の仕様です。

項目仕様
AC入力最大950W
ソーラーパネル充電12~58V、最大500W
シガーソケット充電12V/24V
入力端子の仕様

背面は一通り仕様が書かれていました。スマートフォンとBluetooth接続するということで、技適マークの記載もあるので安心して使えそうです。

上部には手で持ちやすいよう端に持ち手がついています。持ち手が出っ張っていない分、棚に収めやすいのはよく考えられたデザインですね。

約10.2kgとずっしりしていますが、片手でもしっかり持てます。

BLUETTI製のポータブル電源は定格容量268W仕様のEB3Aを持っていますが、倍以上の重量差があるため持ち手部分は格納式ではなく一体型になっていますね。

使用感レビュー

では、実際にAC70への充電と家電への給電能力を検証してみましょう。

本体充電時間の検証

まずは、満充電の状態にしたいので55%のバッテリー残量から充電して何分で100%になるかを検証してみました。一応AC入力950Wモードにすれば1.5時間でフル充電できる仕様ですが、今回は普通に充電してみます。

バッテリー残量は本体のモニターで確認でき、予測充電時間も表示されます。インプットの数値を見ると、437Wで給電されていました。実際の充電時間ですが、55%の状態から45分で78%1時間30分で100%になりました。

スクロールできます
45分後
1時間15分後
1時間30分後

少し気になったのは、充電中に常にファンが回っていることです。大体23dB前後で数値だけで見れば静かに見えますが、「ゴォーー」という低い音なので床に若干共振するのか若干大きく聞こえました。

たいしょん

放熱のためなので仕方ないですね。

プロジェクターやモニターに接続して使用してみる

次に、自室にAC70を持ち運んでバッテリー持ちについて検証をしてみました。先ほど100%まで充電したので、この状態から普通にいつも自室で使っている家電を接続してどれぐらい持つのかを試してみます。

今回接続した家電はこちらです。

実際にAC70に接続して稼働させた様子
たいしょん

とりあえずすべての家電が動いてくれたので安心しました。

モニターとモニターライト、MacBook Proを接続したときはファンが回りませんでしたが、プロジェクターの電源を入れた瞬間ファンが回ったので200W以上の出力が必要になると冷却機能が働くみたいですね。

ちなみに、BLUETTIのスマートフォンアプリを使えばバッテリー残量と消費電力も分かり便利です。今回はアプリでバッテリー残量の推移をチェックしていきましょう。

スクロールできます
15分後の残量は89%
45分後の残量は69%
1時間15分後の残量は50%

1時間15分でバッテリー残量が50%なので、このペースなら合計で2時間30分使える計算になりますね。今回使用しているプロジェクターは単体で230Wの消費電力なので、メーカー仕様の100Wプロジェクターで4.7時間という数値は正しそうです。

たいしょん

これなら普段遣いにも良さそうですね。

まとめ:容量と持ち運びやすさのバランスがいい小型ポータブル電源

AC70を実際に使ってみましたが、前回使ったBLUETTI EB3Aよりもパワフルでより使いやすく感じました。最近はキャンプでポータブル電源を持ち運ぶことが増えてきましたが、個人的に1,000Whぐらいあるとちょうどいいです。

今回は自宅で普段夜に使っているプロジェクターやモニターをAC70で動かしてみましたが、280Wの消費電力で2時間30分持つならキャンプで4Kプロジェクターを使うのもありな気がしてきました。

たいしょん

小さな容量のポータブル電源で不満が出てきた方は、ぜひ一度お試しください!

AC70
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 持ち運びやすさと容量のバランスがいい
  • 280W出力で2時間30分持つので普段遣いにもいい
  • アプリでAC70の状態を見やすく管理・操作できる
  • 900Wで給電すれば1時間30分でフル充電できる
  • UPS機能搭載で停電時の補助電源としても使える
デメリット
  • ポータブル電源充電時に常にファンが回るのが気になる
  • 10万円近いので高価
BLUETTI
¥99,800 (2024/05/22 22:18時点 | Amazon調べ)

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!

コメントしてみる

コメントする


タップできるもくじ