每日お得なAmazonタイムセール開催中!詳しくはこちら

損する?iPadのセルラーモデルで後悔!9割の人はWi-Fiモデルがおすすめな理由

iPadのセルラーモデル

この記事では、iPadのWi-Fi + Cellularモデルを購入した私が、実際に使ってみてWi-Fiモデルとどちらがおすすめかをご紹介します!タイトルの通り、私はWi-Fiモデルをおすすめします。

iPadの選び方って難しいですよね?

私はiPadのおかげで充実した在宅ライフを送っていますが、iPadを選択するときに様々な選択肢があり悩みました。

特にiPadの「Wi-Fiモデル」「Wi-Fi+Cellularモデル(以下セルラーモデル)」のどちらを選ぶべきかという問題です。「自分にセルラーモデルは必要かな?」と思いつつ大は小を兼ねるということでセルラーモデルを購入していましたが、結果としてセルラーモデルは必要ありませんでした(ちょっと後悔しています)。

そんな中で、iPad歴10年の私がどのようにiPadを選んだか、私と同じような悩みを持っている方の後押しができればと思いこの記事を書きました

たいしょん

ちなみに買い物は悩んでいる間が一番楽しい派です(笑)

タップできる目次

iPadのセルラーモデルとWi-Fiモデルは何が違う?

では、まずセルラーモデルWi-Fiモデルの違いからご説明します。

セルラーモデルとWi-Fiモデルの違い
  • 価格が違う
  • SIMカードスロットがあるかないか
  • GPSセンサーを内蔵しているか

価格が違う

まず、価格が違います

最新のiPadの各モデルで比較してみましょう。

スクロールできます
iPad Pro 12.9インチ
(第5世代)
容量:128GB
iPad Air
(第5世代)
容量:64GB
iPad
(第9世代)
容量:64GB
iPad mini
(第6世代)
容量:64GB
セルラーモデル147,800円(税込)92,800円(税込)56,800円(税込)77,800円(税込)
Wi-Fiモデル129,800円(税込)74,800円(税込)39,800円(税込)59,800円(税込)
2022年4月時点の価格表

iPad Pro 12.9インチは、単純計算で18,000円違います。値段のみで考えれば、Wi-Fiモデルは捨てがたいですね。

SIMカードスロットがあるかないか

これは、例えばiPadでiPhoneのようにモバイル通信ができるかどうかという違いです。

SIMカードを入れることができれば格安SIMでも通信ができますし、何よりWi-Fiルーターを持ち運ぶ必要もありません。

また、iPad ProはeSIMに対応していますので、そもそもSIMカードすら入れる必要はありません。

eSIM(イーシム)は、通常の物理的なSIMのようにスマホに挿入する必要がなく、ウェブサイトから契約する事で、すぐにその場で使えるようになるデジタル的なSIMです。

IIJ公式サイト
たいしょん

SIMカードなしでモバイル通信ができます!

ipadのsimカードスロット
ipadのsimカードスロット
  • Wi-Fiモデル・・・Wi-Fi接続でインターネットと接続ができる。
  • セルラーモデル・・・Wi-Fi接続に加え、SIMカードでモバイルデータ通信ができる。

GPSセンサーを内蔵しているか

セルラーモデルは、GPSを内蔵しています

つまり、地図アプリや位置情報を扱うアプリを使用する際に強いです。

Wi-FiモデルはWi-Fiに繋げば一応位置情報を扱うことができますが、正確性には欠けます。

たいしょん

位置情報の正確性はセルラーモデルですね!

セルラーモデルをまとめるとこうなります。

セルラーモデルとはなんですか?

Wi-Fi接続に加え、SIMカードでモバイルデータ4G5G通信ができるiPadです。また、GPSを内蔵しています。

結論:9割の人はWi-Fiモデルを買えば満足できます!

さて、ここまでWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いをご説明してきましたが、セルラーモデルを使ってきた私の結論をご説明します。

ずばり、世の中の9割の方はWi-Fiモデルを選択すれば満足できます。では、なぜそう言い切れるのかを実体験を交えながらご説明します。

Wi-Fiモデルで満足できる理由
  • 結局モバイル通信は初めだけで、使わなくなった=テザリングで充分
  • GPSをiPadで使用する場面は極めて少ない
  • モバイルデータ通信に依存する機能をiPadで使わない
  • 18,000円あればキーボードが買える
  • セルラーモデルを中古で購入した場合赤ロムになってSIMカードが使えなくなるリスクがある

結局モバイル通信は初めだけで、使わなくなった=テザリングで充分

私はIIJのeSIMを使用してiPad Pro12.9インチを使用していました。

月500円ぐらいで6GB 使い放題の特別プランを3ヶ月ほど契約し、セルラー版のメリットを活かそうと思いました。

しかし、以下のような点で途中から使わなくなりました。

使わなくなった理由
  • 6GBで速度制限がかかるので、動画を見る際にも気を遣ってしまう。
  • 月々別途通信量がかかる割に利便性が高いと思う場面が少なかった。
  • 結局Wi-Fiに繋げて使うことが多くなった。
  • もっというとiPhoneにテザリングでも問題なく、むしろ楽天モバイルで1Mbps使いたい放題なのでこちらでもいいのではと感じてしまった。

結局の所、iPad用にSIMを契約してもWi-Fiにつないだほうが安心感がありますし、外出先で頻繁に使うこともないので別途通信契約するほどでもないと感じるようになりました。

12.9インチだからということもあるかもしれませんが、正直なところ別途無制限のモバイルWi-Fiをつなげたほうが利便性は高いし、他の通信機器とも併用できるのでそちらのほうが便利です。

つまり、Wi-Fiモデルでも不便に感じないわけです。

GPSをiPadで使用する場面は極めて少ない

ポケモンGOをiPadでやる方は別ですが、そんなに大画面でやるゲームでもないですよね

また、外出先でマップを見るときも、結局スマートフォンで見てしまいます

というのも、旅行などでは片手で何かを持っていることが多く、両手で持つ必要があるiPadは使わないことが多いです。

たいしょん

ですので正直なところ、GPSを内蔵していなくても問題ないです。

モバイルデータ通信に依存する機能をiPadで使わない

例えばiPhoneであれば、通話、SMS、QRコード決済などモバイルデータ通信がなければ機能しない機能があります。

しかし、iPadではそもそも通話やSMS、QRコード決済を使用する場面はほぼないですし、それであれば別途小型のモバイルルーターを外出するときだけ持ち運んでいればいいですよね。

18,000円あればキーボードが買える

セルラーモデルとWi-Fiモデルは価格差が18,000円あるということもご説明しました。

この価格差があると何ができるかと言うと、キーボードが購入できます。私はセルラーモデルとWi-Fiモデルは迷いましたが、キーボードは即決で購入しました。

なぜなら、文字が打ちやすいこと、iPad本体を頑丈に守ってくれるからです。ちなみにおすすめはロジクールのキーボードです。

現在は14,000円で購入できますので、差額を考えれば4,000円のお釣りが返ってきます

2022年4月現在は7,164 円で購入可能です。レビュー記事も書かせていただきました。

もし12.9インチモデルをご使用の方は、ダントツでInateckのキーボードケースがおすすめです!

セルラーモデルの利便性にあまりメリットを感じない方は、キーボード購入に資金を充てることもご検討ください。

セルラーモデルを中古で購入した場合赤ロムになってSIMカードが使えなくなるリスクがある

iPadを新品ではなく中古で購入したのですが、私の場合赤ロムという症状に陥りSIMカードが使えなくなりました

たいしょん

赤ロムとは、ユーザーの割賦販売の支払いが滞ったり、前ユーザーやキャリアの遠隔ロックにより利用ができなくなることです。

中古商品の場合、実はまだ完全に割賦支払いが済んでいない場合があります。

つまり、赤ロムになる可能性がまれに発生します。

ただし幸いなことに僕が購入したゲオモバイルさんでは「赤ロム永久保証」という制度があり、同等品と交換、もしくは返金対応していただけます。

これはあくまで中古で購入した場合ですが、もし赤ロム保証していない店舗で購入して赤ロムになった場合SIMカードが使えなくなるので実質Wi-Fiモデルと同じです。

このようなリスクがあるので、中古で購入するときも新品でWi-Fiモデルを購入したほうが少し安心感があります。

なぜネット上でセルラーモデルをおすすめする人が多いのか

Youtubeを含め、ネット上でこの手の記事を見ると、多くの方がiPadのセルラーモデルをすすめています

それはなぜかといいますと、セルラーモデルを紹介して「格安SIMのアフィリエイトリンクに誘導したいから」です。

色々なサイトを見ますと、セルラーモデルを称賛する記事とセルラーモデルにぴったりな格安SIMの紹介記事を合わせて書いているメディアが見られます。確かにお金を出せるのであれば、Wi-Fiモデルよりもセルラーモデルのほうが機能的に優れています。

ただし、正直通信周りとGPSを除けばできることは同じです。

たいしょん

ネットの意見のみに振り回されるのではなく、自分の予算、求めている機能とのバランスがとれたモデルを選択するようにしましょう!

セルラーモデルが必要な残り1割の人はこんな人

とはいえセルラーモデルが必要な方もいらっしゃいます。

下記のような方は、セルラーモデルの購入を検討してください。

セルラーモデルが向いている人
  • ミニマリスト
  • iPadをカーナビ代わりにする人
  • 絶対にモバイルWi-Fiを使いたくない人
  • キャリアの割引が使える人

ミニマリスト

ミニマリストとは、不要な持ちものを減らして自分に必要な最小限のものだけで暮らす人のことを指します。

つまり、モバイル端末はiPadだけがいい!!という方はセルラーモデルを購入すれば幸せになれるでしょう。

iPadをカーナビ代わりにする人

iPadをカーナビ代わりにして使いたい方は、GPSセンサーを内蔵しているセルラーモデルがおすすめです。

たいしょん

例えばGoogleマップを利用して現在地や目的地を調べたり、位置情報を利用したゲームで遊ぶ場合はWi-Fiより精度の高いセルラーモデルの方が不具合が少ないでしょう。

絶対にモバイルWi-Fiを使いたくない人

例えば私は最近どんなときもWi-Fiというサービスを使用しましたが、1ヶ月以上通信障害が続き悲惨な目にあいました。

モバイルWi-Fiはメリットが大きいですが、特にeSIMの技術は中国が特許を持っている都合上日本のエンジニアが手出しできない関係にあります。

たいしょん

物理SIMであれば通信障害の問題に悩まされることも少ないと思いますし、別途ルーターを持ち運ぶこともないのでいいですよね。

キャリアの割引が使える人

ドコモやソフトバンクでもiPadが購入できますが、多くの場合何かしらの割引が適用されることが多いです。また、キャリアで購入する場合必ずセルラーモデルとなります。

ですので、キャリアの割引率が高く、そこに魅力を感じる方であればセルラーモデルも十分選択肢に入ってきます。

結論:Wi-Fiモデルを選べば間違いないです

上記の説明で、Wi-Fiモデルを選べばセルラーモデルとの価格差でキーボードを購入できますし、モバイルWi-Fiを契約すればそれでほとんど事足りるということは納得いただけると思います。

ですのでセルラーモデルを購入できる資金があるのであれば、下記の2点をおすすめします。

  • Wi-Fiモデルを購入する
  • キーボードを購入する
たいしょん

セルラーモデルを購入して若干の後悔があるからこそWi-Fiモデルが若干羨ましいということもあるので、ぜひ参考にしていただけると幸いです!

特にこだわりがない方は、最安値の無印iPadがおすすめです。

iPadのセルラーモデル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をシェアできます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • お世話になります。購入検討中です、カーナビとして使用する場合セルラーとwifiモデルはどちらが良いと思われますか?

    • しろさん

      お世話になります。
      コメント頂きありがとうございました!

      結論として、カーナビで使用する場合はセルラーモデルがいいです。
      Wi-Fiモデルでもカーナビとして使えなくはないですが、例えば電波の悪い山道では圏外の場合使えなくなります。
      また、位置情報に使用する情報がGPSに比べ少ないので精度も低いです。

      セルラーモデルなら、通信が圏外でもGPSで位置情報をトラッキングしてくれるので、地図情報をあらかじめ読みこんでおけばオフラインでもナビとして使用可能です。

      Wi-Fiモデルでも、下記のようなGPSレシーバーを使用すればセルラーモデルと同様にGPSを使えますが、身軽さで言えばセルラーモデルが圧倒的にいいですね。
      【Garmin (ガーミン) GLO 2 Bluetooth GPSレシーバー】
      https://www.amazon.co.jp/Garmin-GLO-Bluetooth-GPS%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-010-02184-01/dp/B07M9CZYTD

コメントする

タップできる目次